中耳炎と外耳炎と内耳炎の違いは何?中耳炎の原因はインフルエンザ菌の可能性が高い!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

耳の病気
音を感知する耳が炎症をおこして、中耳炎や外耳炎、内耳炎をおこしてしまうことがあります。

中耳炎と外耳炎、内耳炎のどれも耳の中で炎症をおこしてしまう病気ですが、発生する場所や原因が全く違っています。

中耳炎と外耳炎と内耳炎の違いを知っているでしょうか?

耳の病気の種類と危険性を知って、耳に痛みを感じたらすぐに病院に行くようにしましょう!

○中耳炎と外耳炎と内耳炎の違い

耳は大きくわけて、内耳と中耳と外耳の3つに分けることができ、私たちが耳掃除をする場所は外耳になります。

外耳は音をキャッチして鼓膜に音を伝える場所である外耳道と呼ばれる穴と私たちが一般的に耳と呼ぶ耳介の二つから構成されており、鼓膜より外側の器官を指すことになります。

対して、中耳は鼓膜よりも中の部分で耳小骨や耳管と呼ばれる器官がある場所で内耳に音を伝える役割があります。

内耳は蝸牛や三半規管などがある場所になり、平衡感覚や音を脳に伝える部分になります。

基本的に炎症をおこすのは、中耳と外耳になりますが、稀に内耳炎をおこすこともあります。

このように発生する場所によって病名に違いあり、原因にも違いがでてきます。

○中耳炎の原因は細菌性感染症!

中耳炎は中耳の病気で、中耳の耳管は鼻咽腔と呼ばれる鼻の奥の部分に繋がっているため、この部位に細菌が侵入し耳管から中耳に侵入することによって、中耳炎をおこすことが知られています。

鼻咽腔に細菌が侵入してくる原因は、鼻すすりであり鼻水が出る時に勢いよく鼻水を吸うことで、鼻咽腔に細菌が侵入して中耳炎をおこしてしまいます。

また、ウイルスによっておきたりする場合もあります。

中耳炎が子どもに発生しやすいのは、顔が小さく耳管の長さが短いため、簡単に中耳に細菌などが侵入されるためになります。

中耳炎の場合は、耳からではなく鼻や口から菌が入るのが一般的で9割が細菌性でその大半はインフルエンザ菌や肺炎球菌になります。

ちなみに、インフルエンザ菌は細菌であり、ウイルス性感染症であるインフルエンザを発症するインフルエンザウイルスとは全くの別ものです。

非常に紛らわしい名前になった理由は、インフルエンザ菌が最初にインフルエンザの原因だと勘違いされたためで、後から関係ないことがわかりましたが、そのまま名前が残りました。

一般的には「ヒブ」の方が有名な呼び方になるかもしれません。

○外耳炎は耳から菌が侵入する。

中耳炎は、鼻や口から細菌が侵入することが多いですが、外耳炎の場合は耳から直接菌が侵入してくることになります。

外耳炎は、耳かきが原因になることが多く、耳かきによって耳が傷ついて菌が繁殖して外耳炎になることが多いです。

また、耳に水が入ると湿度が高くなって細菌が繁殖しやすくなり、耳に水が入っても外耳炎になります。

外耳炎は、自分の不注意によって発症することが多いので、耳かきのしすぎや耳に水をいれないように注意することが大切になります。

耳垢は、汚いよう感じるかもしれませんが、耳垢には耳を殺菌する作用がありますので、ある程度の耳垢は残すようにしましょう。

外耳炎になった場合は耳鼻咽喉科に受診して治すようにしましょう!

○内耳炎は中耳炎から発症する?!

内耳炎の原因は、脳髄炎性、ウイルス性、中耳炎性の3つにわけることができます。

脳髄炎性は、脳髄炎を発症し炎症部位が内耳に達することによって発症するもので、内耳は音を感知する非常に大切な部分であるため、発症すると聴力を失ったり、平衡感覚が狂ったりする可能性があります。

また、聴力を失う可能性があるのは、ウイルス性内耳炎であり、中耳炎、外耳炎、内耳炎の中で最も危険性が高い病気といえるでしょう。

ウイルス性の内耳炎は、麻疹・風疹、おたふく風邪によっておこるのが一般的で予防接種をすることで予防することができます。

おたふく風邪の予防接種は任意になりますので危険性を考えると受けておく方が良いかもしれません。

中耳炎から進行して内耳炎になる場合もありますが、中耳炎からの内耳炎は発症中に耳の聞こえが悪くなっても、症状が治まると耳の聞こえも治ることが多いです。

そのため、中耳炎からの内耳炎が最も安心といえますが、聴力を失う可能性は0ではありませんので内耳炎にはならないように気を付けましょう。

○中耳炎、外耳炎、内耳炎になったら病院へ行こう!

中耳炎、外耳炎、内耳炎は自力で治ることが難しく、どの病気であるか私たちでは判断できませんので、耳に痛みを感じた時は耳鼻咽喉科に受診しましょう。

ちなみに、耳鼻咽喉科と耳鼻科は同じ科なので、どちらに受診しても大丈夫でしょう。

早期に発見すると簡単に治療ができて薬だけ飲めば大丈夫な場合もあります。

中耳炎を放置して内耳炎になると大変なので、病院が嫌だからといって放置するのだけはやめておきましょう。

耳に異常を感じた時はすぐに病院に受診て素早く治してしまいましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク