ドーパミンをたくさん分泌すれば幸せで健康になれる?!しかしドーパミンは依存症の原因になる?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドーパミン
ドーパミンは、神経伝達物質の一つであり、アドレナリンやノルアドレナリンに変化する物質としても知られています。

どの神経物質も交感神経に作用して、興奮や高揚感、意欲、運動調節などに効果を発揮する脳内ホルモンになります。

ドーパミンは、人間の体にとって非常に大切なホルモンで、ドーパミンを増やすことによって、意欲が出て健康的な生活がおくれるかもしれませんよ!

○ドーパミンは一体どんな時に分泌されているの?

ドーパミンは、交感神経が優位に立っている興奮状態や喜び、意欲を感じている時に多く放出されるホルモンで、褒められた時や何かを成功したときに分泌されるホルモンで快楽を与えてくれるホルモンになります。

また、闘争心と逃走にも関係しているホルモンで、格闘技の最中は非常に多くドーパミンが分泌され、危機的な状況で逃げる場合もドーパミンが多く分泌されます。

さらに、ドーパミンが大量に分泌されている時は痛みを感じにくいので、子どもが楽しく遊んでいてこけても、そのまま遊び続けるのはドーパミンが分泌されて痛みを感じないためなのです。

人間が格闘技をしている時に、ある程度の痛みがあっても耐えられるのもドーパミンが分泌しているためになります。

その他には、ドーパミンによって寒さや熱さ、痒みなどに耐えることもできたりします。

一般的にドーパミンが分泌されることは良い事ですが、依存症とも関係しているのでドーパミンの出すぎによる依存症には注意することも必要です。

○ドーパミンのどこがいいの?

ドーパミンはやる気を与える効果があり、ドーパミンが多く分泌されると人間は非常に活動的になります。

また、ドーパミンは気分を上昇されるだけではなく、体の活動を上昇させる働きがあり、心拍数の上昇や体温上昇、瞬発力、パフォーマンスの向上などに効果があります。

さらに、脂肪の燃焼効率が向上して痩せやすい体にすることもできます。

気分が落ち込んでいる時にも、ドーパミンは有効でありドーパミンが分泌されることによって、落ち込むどころか楽しい気分になるといわれています。

さらに、アイデアがひらめきやすくなりますので、ドーパミンを上手くコントロールすることができれば、仕事の効率が良くなるのです。

○ドーパミンを分泌させる方法

ドーパミンは、興奮によって分泌されるホルモンであるため、プラス思考の人の方が多く分泌されるといわれており、常にプラス思考に考えて意欲的に行動することがドーパミンを多く分泌させるためには大切になってきます。

逆にマイナス思考で生活するとより気力が無くなって、ドーパミンが不足するので、落ち込むようなことは基本的に考えずに前向きに生活することが大切になります。

ドーパミンは、自分の意志である程度コントロールできるので努力しましょう!

ドーパミンの分泌には、運動することも有効であり、毎日朝にランニングするだけでもドーパミンが分泌されて気分よく生活することができるといわれています。

また、ペットを見ているだけでドーパミンが分泌されやすくなるので、ペットを飼って気分を上げるのに有効な手段となっています。

→ ペットを飼うと得られる健康効果ペットを飼えない人は石を飼いましょう。

もっとも重要なのは楽しむことで、楽しむことがドーパミンの量を増やす働きがあるので、なんでも楽しむことが大切になります。

○ドーパミン分泌の調節は難しい?

ドーパミンは、自分の気分である程度調節することができますが、人間悲しいと感じることも多くありますし、常に興奮状態では疲れてしまいます。

そのため、やる気があまり出ない場合は休憩することも大切になります。

また、ドーパミンは、ストレスを感じると分泌量が減少してしまいますので、あまりストレスを感じない生活をすることも大切になります。

ドーパミンを出そうとして焦ると、より気分が落ち込んでしまうこともあるかもしれませんので、気楽に生活することも大切なのですね。

○ドーパミンは依存症と関係がある?!

ドーパミンは、気分が良い時に分泌されるホルモンであり、ギャンブルやお酒、薬物の依存症は、ドーパミンが大量に分泌されることによって発症します。

ドーパミンが大量にでる状態は、脳にとっては気分が良いことであり、やめようと思っても気分が悪くなるのでやめることが難しくなってきます。

ドーパミンは、人間の体にとって必要な物質となっていますが、場合によって悪影響になる場合もありますので、ギャンブルやお酒、薬物にのめりこまないように注意することが大切です。

特に薬物は法律でも禁止されている物なので、絶対にやめてください。

また、依存症でドーパミンが分泌されると日常生活でドーパミンが分泌されなくなりますので意欲低下などを招く場合があります。

ギャンブルやお酒は、はまり過ぎないようにきちんとルールを決めておきましょう。

日本に押し寄せる依存症の危機?!依存症に気を付けて!
日本に住んでいる人は依存症という言葉をあまり聞く機会がすくないかもしれない。 最近ではインターネットなどでは言われるようになってき...

ドーパミンの調節をして、楽しく健康的な生活を送るようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク