原因不明の体調不良は遅延型食物アレルギーかもしれない?! そんな遅延型食物アレルギーは発見が困難?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遅延型食物アレルギー
私たちが良く知っている食物アレルギーといえば、食後すぐにアレルギー症状がでるもので、症状が酷い場合は、アナフィラキシーショックを起こして亡くなることもある即効型のアレルギーです。

しかし、すべての食物アレルギーが即効型ではないといわれています。

食物アレルギーの中には、アレルゲンを摂取してから、数時間から数日間たってから症状が発生する食物アレルギーも存在し、そんなアレルギーのことを遅延型アレルギーといいます。

遅延型アレルギーは、即効型とは症状に違いがあるため非常に気づきにくいアレルギーとなっています。

もしかしたら、原因不明の体調不良を毎日感じているのは、遅延型食物アレルギーが原因かもしれませんよ。

スポンサーリンク

○遅延型食物アレルギーとは一体なに?

私たちが一般的に知っている食物アレルギーは、食後すぐにIgE抗体が反応し、発疹や痒み、呼吸困難などの症状が出てきますが、遅延型食物アレルギーの場合は、IgE抗体ではなく、IgG抗体が反応し症状が出てくるまでに数時間から数日間かかるとされています。

また、呼吸困難になるほどの症状になることもありませんので、食物アレルギーと判断するのが非常に難しいアレルギーになります。

遅延型食物アレルギーの症状は、疲労感や下痢、便秘、頭痛、イライラ、吐き気などの多くの症状があり、毎日のように食べる好物がアレルギーの原因になることが多いので、日常的に症状が出ている場合も多くあるとされています。

そのため、遅延型食物アレルギーに気づくのは難しく、体質だと思う可能性もあります。

また、症状がでてくるまでに時間がかかるために、何が原因で症状が出ているのか判断が難しいところも遅延型食物アレルギーの問題になっています。

○遅延型食物アレルギーは、どうやって発見すればいいの?

遅延型食物アレルギーは、偏食の人に発生しやすいアレルギーであり、ある程度は予想することも可能ですが、一つ一つ探していては時間がかかるために検査によって調べることが一般的です。

検査は一般的にアレルギー科で行ってくれますが、検査できるか事前に調べておいた方が良いでしょう。

また、お近くに病院が無い場合は、自宅でできる検査キットも販売されていますので、そちらで検査してもいいかもしれません。

数値が高い物ほど、強いアレルギー反応が出ているものであり、日常的な体調不良の原因になっている可能性があります。

○遅延性食物アレルギーの症状を抑えるためには?!

遅延型アレルギーの症状を抑える薬は見つかっておらず、遅延性アレルギーが発覚した場合はアレルギーの原因となっている食品を食べないようにすることしかできません。

原因の食品を食べないようにすることで、抗体の反応がなくなるためにアレルギー症状が改善するとされています。

また、好物などの場合に完全にやめることが難しい場合は、食べる量を減少させたり、日を開けて食べるようにしたりすることで、アレルギー症状を減少させて原因不明の体調不良を落ちつかせることができます。

遅延型食物アレルギーは、原因を早く見つけて、できるだけ食べないようにすることが大切だとされているのです。

○アレルギー検査の結果が絶対ではないので注意!?

血液検査は、抗体が存在していることを表している検査であって、必ず症状がおきることを表している検査ではありません。

即効性食物アレルギー検査でも、高い値であっても症状は全く出ていないことがあります。

このように、検査結果の値が高ければ必ず症状がでてくるということではないことを知っておきましょう。

また、検査料金が非常に高く、一回の検査で数万円かかるのが一般的になりますので、それほど症状に問題を感じていない場合は、検査を受ける必要性が無いかもしれません。

体調不良の原因が他の疾患である場合は、検査をして食生活を改善してもほとんど意味がないこともあります。

検査を受ける前は、自分に必要であるか良く考えてから受けましょう。

さらに、IgG抗体は、健康な人であっても反応することがあるとされているのでアレルギーではない人もアレルギーであると判断される場合もあります。

遅延性食物アレルギーのことを考えると、原因を特定して食品を食べないようにするよりも、食品の偏りを避けて、できるだけいろいろな物を食べる方が健康に良いかもしれませんね。

健康になるためには偏食を避けて、バランスよく食品を食べることが大切になります!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク