あなたの血管は大丈夫?血管の壁が厚くなって柔軟性が失われた状態の動脈硬化症になっているかも?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動脈硬化症
人間の血管には、栄養や酸素を送る動脈と不要な物と二酸化炭素を回収する静脈が存在しており、血管も年齢と共に老化することが知られています。

特に動脈の老化が問題とされ、動脈の老化や生活習慣の悪化によって血管の壁が厚くなり、柔軟性が失われる病気のことを動脈硬化症と呼びます。

動脈硬化症は、老化によって誰にでも起きるものではありますが、生活習慣によって進行が早まり、他の病気に繋がることもある恐ろしい病気です。

もしかしたら、あなたの血管も年齢以上に動脈硬化が進んでいるかもしれませんよ。

○動脈硬化症の問題点を知ろう!

動脈は、栄養を体全体に送る非常に大切な血管で、静脈に比べて大きな圧力がかかることが知られています。

若い人の血管は薄く、柔らかいので血液の通り良く力が加わっても曲げられても柔軟に対応することができます。

対して、動脈硬化症になると壁が厚くなるので、血の通り道が狭くなり血流が悪くなって血液循環が悪化し、血管が硬いので、血管がある程度曲がると折れて穴が開き出血しやすい状態になってしまいます。

手や足の血管が細くなったり出血したりする場合であれば、内出血や冷え性などで済みますが、脳や心臓の血管が出血したり、血流が悪くなれば最悪の場合は死ぬこともあります。

実際に日本人の死因の第2位の心疾患と第3位の脳血管疾患には、動脈硬化症が関係あるとされており、動脈硬化症を予防することで死ぬ危険性を抑えることに繋がります。

○何が動脈硬化症に繋がるの?

動脈硬化は、老化と生活習慣が原因で起こる、老化によって進んでいる動脈硬化はとめることができないと考えて良いですが、生活習慣によって進んでいる動脈硬化は止めることができます。

実年齢よりも動脈硬化が進んでいる場合は、生活習慣が悪く動脈硬化を促進させている可能性があります。

動脈硬化を促進される原因として考えられている物は、運動不足、肉の多い食事、喫煙、飲酒などがあげられます。

また、高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症などの病気は、動脈硬化と非常に密接な関係性があり、これらの疾患のある人は血管年齢が普通の人よりも高い状態であることが多いです。

どの疾患も原因はほとんど同じで、生活習慣が悪い人に起こり、複数の疾患を同時に発症することもあります。

生活習慣は、いろいろな病気と関係がある物なので、生活習慣に問題がある人は、早めに改善して治すようにしましょう。

○動脈硬化を予防するためにはどんな生活を送ればいいの?

動脈硬化症の原因といわれている物質は、悪玉コレステロールと呼ばれる物質で、脂肪分の高いお肉を食べると血中濃度が高くなると知られています。

脂の多いお肉を絶対に食べてはいけないというわけではありませんが、毎日のように油物を食べると悪玉コレステロールが溜まって血管年齢が上昇します。

また、動脈硬化を抑える善玉コレステロールを体に増やすことが大切なので、魚や植物油などの善玉コレステロールを増やす性質がある食生活も大切です。

動脈硬化が進んでいる人は、お肉を食べすぎている可能性がありますので、魚と野菜の食べる量を増やすようにしましょう。

特に脂ののった魚が非常に健康に良い食品になります。

さらに、運動不足も動脈硬化症と関係があるので、できれば毎日少しずつでも運動するようにしましょう。

家の周りをウォーキングするだけでも、ある程度の効果が期待できます。

より強い効果を得るためには、早足でウォーキングすることが良く、運動はがんや骨粗鬆症などの他の疾患を予防する効果もあります。

喫煙や飲酒も動脈硬化を促進させる可能性がありますが、喫煙と飲酒は動脈硬化もよりもがんや肺疾患、肝臓疾患などの方が怖いです。

喫煙と飲酒はほぼ、害しかありませんのでやめることをおすすめします。

動脈硬化症は、誰にでも起こる可能性がある病気です。

だから誰もが予防して、健康的な生活を送れるようにしましょう。

生活を改善することで、実年齢よりも若い血管を手に入れることも可能です。

柔軟性のある、血流の良い血管を手に入れることで健康的な毎日を手に入れることができるのですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク