本人は寝ているのに体が動きだす「夢遊病」と呼ばれる病気の存在を知っていますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夢遊病
睡眠中の活動は、基本的に呼吸と寝がえりだけになりますが、稀に睡眠中に立ち歩いてしまう人がいます。

睡眠中に立ち上がって、歩き回る病気のことを睡眠時遊行症(すいみんじゆうこうしょう)といい、一般的には夢遊病として知られています。

夢遊病の方が有名なので、私は夢遊病と言わせてもらいます。

睡眠中ですから本人は全く覚えておらず、不思議な行動をとってしまう病気として知られています。

スポンサーリンク

○夢遊病とは一体どんな病気なのか?

夢遊病は、睡眠中に起きて動きだしてしまう病気であり、深い眠りであるノンレム睡眠時に起きる病気になります。

人間の眠りは、浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠があり、夢を見るのは浅い眠りであるレム睡眠の時に起きるものです。

夢遊病の場合は、深い眠りであるノンレム睡眠時に起きるものなので、夢を見ているわけではありませんし、夢のようにうっすらと記憶に残ることもありません。

また、目は開いていますが眠りが深いので、簡単におきることはなく意識が完全に眠っている状態になります。

数時間前に寝た子どもが寝ぼけて起きてくるのは、夢遊病の可能性があります。

意識は覚醒していませんが、脳の運動部分は覚醒しており目は開いているので壁にぶつかることはなく、15分ほど歩きまわった後に自分で布団に戻り何事もなかったように眠りにつくのが一般的とされています。

歩いて終わるだけの人もいれば、会話にはなりませんが普通にしゃべることもあります。

○夢遊病と起きている状態の違い

夢遊病は、眼も開いていますし、しゃべることもあるので起きて歩いているように見えることもありますが、脳の意識の部分は実際は深い眠りの状態です。

意識が無いので夢遊病の患者が無表情のことが多く、いきなり起き上がり無表情で行動し始めたら夢遊病の可能性があります。

また、話しかけた時に返事はするもののまともの会話はできません。また、奇声を発することがありますが、基本的に問題ありません。

これらの症状にあわせて、再びに寝つき起きた時に記憶が無い場合は夢遊病の可能性が非常に高いです。

ちなみに、夢遊病の患者が目を閉じて、手を前に出してゾンビ歩きをするイメージを持っている人がいるかもしれませんが、ふらつくことはあっても、目をあけて普通に歩きます。

そのため、一見すると普通に起きているように見えてしまうので、夢遊病か判別するためには良く観察する必要性があります。

○夢遊病の原因は?

夢遊病を最も多く発症するのは、子どもの時で寝かしつけた子ども1時間~3時間後に急に起き上がって家を歩きまわる行動がとても多いとされています。

これは、脳の発達途中のために起きるとされており、中学生ぐらいになると治まることが多く基本的には問題ありません。

また、大人の場合は、ストレスや睡眠薬によって夢遊病になることがあるとされており、ストレスが減少することによって夢遊病の症状が治まることが多いです。

大人が夢遊病になる場合は何らかの要因が考えられので、対処するのが望ましでしょう。

夢遊病のような症状がある場合は睡眠障害を専門に見ている病院や精神科、心療内科に診察してもらうと良いでしょう。

ストレスの原因を解明し取り除いたり、薬を処方してもらったりすることで夢遊病の症状が治まることがあります。

○夢遊病の危険性について

夢遊病は、突然起き上がり、良く分からに行動をしたりするので、周りの人はびっくりすることがありますが、基本的に無害であり、そのまま自由にさせてあげるのが適切とされ、心配であれば後日病院に行くのが望ましいです。

夢遊病の症状が出ている時に無理に起こすと、暴れる可能性がありますのでそっと見守り絶対に起こさないようにしましょう。

起こしてストレスがたまり、より夢遊病が酷くなる場合もあります。

また、場合によって車のカギを持って車を運転しようとしたり、暴れたりすることがありますので、そういった時は警察に連絡するなどするなどを行う必要性がありますが、基本的には、危険なことを行う心配ありません、見守りましょう。

そして、歩いて躓いてこける、倒れて怪我をするなどの危険性がありますので、こけないように注意する必要性があります。

子どもの場合、夢遊病が発生することは良くあることなので、様子を見てそのままにしても大丈夫です。

子どもがノンレム睡眠時に立ち上がって歩く症状は2割程度あるといわれており、寝ぼけていると判断することが多いです。

子どもの夢遊病は、良くあることでそこまで危険性はありません。

大人の夢遊病は、怪我や事故を起こす可能性もありますので、専門医を受診した方がいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク