生活を少しだけ変えるだけで痩せられる?脂肪を貯めない生活習慣を学べ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

04701
あなたは日々どんな生活をしていますか?

自分の生活を振り返ってみましょう。

脂肪の体積は筋肉の体積の2.7倍もあることを知っていますか?

ということは体重が同じでも太って見える人は脂肪が多いということです。

体重が多くても筋肉なら痩せて見えます。

僕も細マッチョを日々目指そうと思っています。

脂肪が体にたまっている人とたまっていない人は生活の少しの違いだと思いますよ。

どういう生活をしていると脂肪が増えてしまうのか?

スポンサーリンク

脂肪が増えてしまう生活をしている人はこんな人です。

移動は車、なんでも楽な移動をしようとする人

遠くに行くときに車を使うのは仕方のないことです。

しかし、近所のスーパーに行くのにも車を使ってしまう人いませんか?

車は便利ですが、自分の代謝を悪くしていることを知りましょう。

近所のお店や近所に用があるくらいなら、歩きましょう。

それができる人が脂肪の少ない人なのです

また、どこに行っても、エレベーターやエスカレーターを使うなども代謝を下げてしまいます。

階段を使いましょう。

階段の上りおりがそんなに苦痛ですか?

老人ならわかりますが、若い人は階段の上り降りはそんなに苦痛じゃないはず。

人間は楽して行動しようとしてしまいがちですが、少し運動するようにしましょう。

僕は運動が好きです。

案外運動は楽しい物ですよ。

ちょっと運動してみてはいかかですか?

食事は一気に食べちゃう。

早食い選手権をしているんじゃないんですから、そんなに早く食べる必要はないと思いますが。

とくに丼ものは早く食べてしまう人が多い印象です。

早食いのことはフードファイターに任せましょう。

フードファイターを目指している人は別ですが、早食いをする必要はありません。

早く食べると血糖値が急激に上がってよくありません。

それにあまり噛まずに飲み込むと胃に負担がかかってしまいます。

食事はよく噛んでゆっくり食べるようにしましょう。

体温が低い

体温が36.5度の人と35.5度の人では一日の消費カロリーが200kcalから500kcalも違いが出ると言われています。

近年、基礎体温が低い人が増えてきたと言われています。

体温が低ければ低いほど、脂肪の燃焼率が下がります。

また、体温が1度低くなると30%免疫がさがると言われていて、風邪をひきやすくなります。

現在体温が下がっている原因は運動不足といわれています。

人間は運動することによって、代謝があがり体温が向上します。

また、運動しないことによって、筋肉量が減り筋肉がないため、体温を上げることができないのです。

マッチョになれとはいいません。ちょっと筋肉の量を増やしてみませんか?

どうやって体温を上げればいいのでしょう?

体温が下がってしまっても上げることができます。

体温を上げるには運動が大切です。

運動することによって、筋肉量が増えて体温の上昇が期待できます。

一日少しでも歩いて筋肉量を増やすようにしましょう。

シャワーで済ませていませんか?

お風呂は体温を上げてくれる力があります。

入浴することで体の芯まで温まり、体温を上げてくれます。

一日の終わりにまたは初めに入浴しませんか?

朝に白湯を飲みましょう。

朝は体温が下がっています。

白湯を飲むことで体の中から温まり、基礎代謝を上げる働きがあります。

体温は脂肪燃焼に重要ポイントです。

基礎体温が35度代の人は上げるように努力しましょう。

水分を取っていない

水分は以外と大切です。

脂肪を処理してくれる肝臓の働きを良くしてくれるためには水分が大切になってきます。

水分不足の状態は脂肪の燃焼の効率を下げてしまいます。

水分をあまりとらないひとは水分を取るように心がけましょう。

脂肪燃焼効率が悪い人はこれらのことができていないということなのです。

脂肪を燃やすためには体温と筋肉量を増やして、基礎代謝を上げるようにしましょう。

一緒にスリムボディ、または細マッチョを目指しませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク