骨粗鬆症ってどんな病気?骨粗鬆症の原因はホルモンと食事と運動に関係があります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

骨粗鬆症
私たちの体にある骨は、筋肉や内臓などを支える柱となってくれているもので、骨が折れてしまうと体を支える機能が果たせなくなり、運動障害などが起きてしまいます。

骨は硬さがありながらもある程度の柔軟性があるため簡単に折れるものではありませんが、高齢になると柔軟性と硬さが失われて骨が折れやすくなります。

このような骨が折れやすくなった状態を骨粗鬆症といい、日本の患者数は1000万人を超えるといわれています。

患者の8割が女性患者ともいわれ、女性高齢者の3人に1人は骨粗鬆症であるともいわれています。

男性患者も約200万人もいることを考えると男性も少ないわけではなく、高齢者であればだれでも注意した方が良い病気となっています。

骨粗鬆症についての知識を身につけておくと予防できるでしょう。

○骨粗鬆症の一番の原因はホルモン

骨粗鬆症に最も影響を与えているホルモンはエストロゲンと呼ばれる女性にホルモンになります。

女性はエストロゲンと呼ばれるホルモンが分泌されるほど、しっかりとした骨を作ることができますが、加齢とともに急激に減少し強い骨ができにくくなります。

また、更年期障害もこのエストロゲンが減少することによって起きるものと考えられています。

男性の場合は、元々エストロゲンの量が少なく、骨と関係してくるのがテストステロンになります。

テストステロンはエストロゲンほど減少しにくいホルモンであるため、骨粗鬆症になるまで減少しないことが発症しにくい理由になります。

人によって分泌量が変わってくるので、骨粗鬆症になることもあります。

ホルモンが減少するのは仕方のないことであり、誰でも減少してしまいます。

骨粗鬆症にならないためにはホルモン以外の原因を知って、予防することが大切になってくるでしょう。

○骨粗鬆症にならないためには食事が大切!

加齢と共に骨密度が減りやすくなるのはあたり前で、減りやすくなっても減らさないことが大切になります。

食事は多くの食品をバランス良く食べることが大切で、野菜や果物などの植物系の物が骨粗鬆症に良いとされお肉などの動物性のものを食べ過ぎると骨粗鬆症の危険性が増すといわれます。

また、砂糖も骨粗鬆症を招くとされているので、血糖値が高い人は骨粗鬆症に注意が必要です。

さらに、ビタミンDやKなどの骨に嬉しいビタミンをとり、喫煙や飲酒によって骨の細胞を攻撃しないことが大切になります。

食事の品目が少ない人や飲酒や喫煙をしている人が骨粗鬆症の危険性が高いとされています。

日光浴がビタミンDの補給に適しているといわれるので時々は日をあびましょう。

○運動不足が骨を弱くする原因

骨を作っていくためには、骨に刺激を与えることが大切といわれており、宇宙などの無重力空間では骨に全く刺激が無いため、大腿骨や腰椎が1月に1%も減少したりします。

地球では座っているだけでも重力があるので、骨にある程度の負荷がかかりますが、運動しないと十分な刺激にならずに、少しずつ骨密度が減少することになります。

少しなら問題ないかもしれませんが、その状態が何年も続くと、体の骨を支えることができないくらい骨がスカスカになり、骨折を頻繁に起こすようになります。

ホルモンによる骨がスカスカになりやすい状態で、骨に刺激を与えないのですから、よりスカスカになりやすくなってしまいます。

逆にホルモンが減少してもある程度の運動をする人があれば、骨粗鬆症までは進行しないといわれています。

また、筋力がつくことで転倒などを防止して、外圧によって骨折をするのを防ぐ効果もあります。

骨粗鬆症を予防するために、まずは運動を始めることをおすすめします。散歩に出かけるだけでも骨粗鬆症を予防する効果がありますよ。

○骨粗鬆症になれば病院へ

骨粗鬆症には治療薬があり骨の形成を促進し、カルシウムの吸収を高める薬にあります。

身長が縮んだ、腰が曲がってきた、腰痛などの症状がある時は整形外科に見てもらいましょう。

骨折をすると動けなくなり、急激に症状が進行する場合があり、骨折をおこす前の治療が大切になります。

整形外科以外では、内科や婦人科、外科などで見てもらえますが骨の専門は整形外科なので、整形外科が最もおすすめになります。

骨粗鬆症は、防げる病気なので、早めに予防して若々しく健康的な生活を送るようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク