こたつによって脱水症状・水虫・風邪になる危険性がある?!こたつの危険性を知ってみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こたつ
冬の寒い時期になると、こたつを出して寒さをしのぐ家庭も多いのではないでしょうか?

こたつの中に入って食べるみかんは大変おいしいですが、こたつは使い方次第では健康状態を悪化させる可能性もあります。

こたつの使い方を考えて健康的に、こたつを使うようにしましょう。

スポンサーリンク

☆こたつには多くの危険性が隠れていることを知ろう!

○こたつから水虫が感染する?

水虫は、白癬菌と呼ばれるカビの一種が足に付着して起きる病気になります。

この白癬菌はジメジメした温かい所を好む性質がありますが、こたつの中は人の汗と熱で白癬菌と取ってとても住みやすい環境になっていることがあります。

こたつの中に白癬菌がいなければ問題ありませんが、家に帰ってからそのままこたつに入ると、どこかでもらって来た白癬菌をこたつに入れることもあります。

白癬菌を持っている人は、非常に多く自分が水虫を発症していなくてもどこから水虫をもらってくることはあります。

予防するためには、こたつのマットを良く洗うことや外から帰ってきたら、こたつに入る前に足を洗うなどの対策をとると良いでしょう。

白癬菌自体の感染力は低いので、足を洗うことによって自分の感染や家族の感染を防ぐことができます。

→ 水虫は自然治癒することはない?!水虫になってしまったら周りにも迷惑がかかるので病院に行った方がいい!!

○こたつで脱水症状を起こして脳梗塞に?

こたつの中は、非常に温かく皮膚についている汗をすぐに乾かしてしまいます。

汗をかく理由は、体が熱いと感じているからですが、汗をかいてもこたつがすぐに温めてくれるので、こたつの中では汗が出続けます。

そのため、こたつに入ると体の水分がどんどん抜けて行くことになります。

起きている状態であれば、喉が渇いていることにすぐに気づきますので水分をとることができますが、こたつの中で眠ると水分がかなり無くなるまで気づきません。

また、血液中の水分量が少ない状態は、血液がドロドロしており血栓ができやすいので脳梗塞や心筋梗塞の原因になり、最悪の場合はこたつの中で死ぬことになります。

そして、こたつで寝ると体温が高くなりすぎるので、深い眠りに入ることができず、脱水症状も合わさって、起きると逆に疲れを感じてしまうこともあります。

だから、こたつで寝るのはやめて、しっかり水分補給をとるようにしましょう。冬でも脱水症状は起こりますよ。

○こたつは自律神経失調症にもなる?

私たちの体には自律神経と呼ばれるものがあり、自律神経が内臓の調子や体温の調節、血管の拡張などを行ってくれています。

寒い冬の状態では自律神経が働いて血管が収縮したり、あまり汗をかかないようにしたりして体温を調節してくれたりしています。

しかし、こたつの中は外の寒い冬とは真逆なので、今度は血管を拡張し汗をかくことによって体温を外に放出しようとします。

短い時間のこたつは大丈夫ですがあまり、長い時間こたつにいると体が冬なのか夏なのか混乱し始めて、自律神経に異常がきたしてしまいます。

この自律神経がおかしな状態を自律神経失調症といい、めまい、冷や汗、倦怠感などの症状がでることになります。

こたつは体の温めるものではありますが、ありますが温め過ぎは禁物です。温まったらあまりこたつに入らないほうが良いかもしれません。

○こたつが原因で風邪を引くことも?

こたつに入ると脱水症状をおこしたり、自律神経失調症になったりしますが、これらの状態の時の体はあまり菌に対する抵抗力がありません。

しかも、こたつの周りには人が集まってくるのでウイルスや細菌をばらまいて行きます。

そのため、こたつに入るとウイルスや細菌に侵入されやすく風邪になる可能性が非常に高いです。

また、こたつ布団は頻繁に洗うものではないので、食事中にはねて付着した汚れに細菌が発生する可能性もあり、こたつ布団を顔にかけて眠ると口の中に細菌が入ってしまうこともあります。

このように、こたつによってウイルス感染症や細菌感染症をおこす危険性があるので、こたつの使用には気を付けた方がいいでしょう。

☆ただ、みかんは健康に良い!!

こたつで食べるみかんはこたつで起きる脱水症状を防ぎ、風邪を予防してくれる効果があります。

さらに、冷え性予防、抗酸化作用もありますのでみかんは健康に良いといわれており、おすすめです。

みかんの驚きの健康成分!ビタミンCより凄い?ビタミンPと呼ばれる「ヘスペリジン」の効果?!
冬になると、こたつの上に置かれて食べたくなる果物といえば「みかん」! そのみかんは一般的にはウンシュウミカンと呼ばれるミカン科ミカ...

こたつの使用方法を十分に注意してみかんを食べて健康になりましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク