手足が震えるのはパーキンソン病かも?!パーキンソン病は日本で難病指定されている恐ろしい病気?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パーキンソン病
皆さんは、パーキンソン病という名前の病気を聞いたことがあるでしょうか?

パーキンソン病は脳の神経の異常によって起きる病気で、1817年にジェームズ・パーキンソンによって見つけられたためにパーキンソン病と呼ばれています。

パーキンソン病は、高齢になるほど発病することが多い病気で、日本人では10万人に100人も発症するとされる難病になります。

非常に多い難病なので、皆さんもパーキンソン病がどのような病気であるか知っておきましょう。

スポンサーリンク

○パーキンソン病の主な症状

パーキンソン病は、脳の神経の異常によって起きる病気で、最も良く知られている症状が震えになります。

特に指先の震えが多くじっとしている時に震えが強くなります。手を動かそうとすると震えが小さくなり、全く問題なく動かせることもあります。

また、運動機能に障害がおきやすく歩行などがすこしずつ難しくなるといわれています。

さらに症状が進行すると、神経の伝達がうまくいかずに動作が鈍くなり立ち上がったりもできなくなり、自分のとりたい姿勢をとるのも難しくなります。

最終的には、食事もとれなくなるので、胃に直接管をいれて栄養を流し込むことになり、ほとんど動けなくなります。

その他にも、便秘症状や気分の落ち込み、立ちくらみなどの症状がでることもあります。

○何が原因でパーキンソン病になるのか?

現在のところパーキンソン病になる理由は良くわかっておらず、発症を阻止することはできません。

年齢が高くなるほど、発症率が高くなる病気であるため、加齢が一番の原因であるとされています。

食事や生活習慣もパーキンソン病になる原因の一つとして考えられていますが、はっきりしたことはわかっていません。

ただ、なんらかの理由で中脳にある黒質とよばれる神経細胞が死滅して、ドーパミンの量が減少し、神経伝達がうまくいかなくなっているのはわかっています。

この黒質が減少するほど、パーキンソン病の症状が重くなるとされており、黒質の細胞が減少する速度は個人差があるため、人によってパーキンソン病の進行速度が変わります。

脳細胞の一部が死滅するだけなので、知能などが低下することはなく、認知症とは違った病気になります。

○パーキンソン病は止めることができるの?

今のところパーキンソン病の根本的な治療方法は見つかっておらず、完全に食い止めることはできていません。

ただ、パーキンソン病の症状を抑える薬は開発されており、服用することによって症状をやわらげることはできます。

そのため、パーキンソン病のような症状がある時は、すぐに病院にいった方が良く、何もしないと深刻な症状に進行していくことになります。

手が震えるようになってきたなと感じるようになった時は、神経内科に受診することをおすすめします。

神経内科が近くにない場合は、内科にいってもよいでしょう。

治療薬は、長期的に飲むことによって効果を発揮する物なのですぐに効かないからといって止めてはいけません。

急にやめると他の症状がでてくることがありますので、薬をやめたいと思った時も医師に相談して、徐々にやめるようにしましょう。

また、近年ではiPS細胞でのパーキンソン病の治療の研究が進んでおり、患者自身の正常細胞からiPS細胞を作り、iPS細胞を神経細胞に誘導しそれを患者の脳に移植するというものです。

定着して、ちゃんと活動するようになればパーキンソン病の症状が改善されることになります。

ただ、症状が改善しても神経細胞が死滅すれば再度パーキンソン病になり手術しないといけません。

だからiPS細胞も根本的な解決になるわけではありません。

○手足の震えがあればパーキンソン病というわけではない!

手足がふるえる時はパーキンソン病の可能性もありますが、手足が震える原因はパーキンソン病だけではありません。

たとえば、脳腫瘍や脳梗塞などでも手が震えることがありますし、高齢になると原因不明の手の震えがでることもあります。

パーキンソン病の場合は、じっとしている時に震えることが多いので、作業中に手が震えるなどの場合はパーキンソン病でない可能性が高いです。

手に震えが出ている場合は、神経内科に行っておくと良いでしょう。

非常に発症する確率が高い難病なので、パーキンソン病について知っておきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク