血便は病気のサイン?!血便がでたら病院を受診するべき!?黒色の便は血便かも?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

血便
皆さんも一日に一回ぐらいは大便に行くのではないではないでしょうか?

便の状態によって自分の腸内環境が判別できるとされており、便の状態は非常に大切になります。

そんな、便の状態の中で最も危険な状態といわれるのが血便です。

血便は便の中に血が混じることをいい、腸内が出血していることを表しています。

また、同じ血便であっても病気や出血場所によって血便が変わるといわれています。

スポンサーリンク

☆血便はどのように違いがあるのか?

○出血場所による色の違い

血便は腸内の出血場所によって色に違いが出てきます。

直腸に近い所が出血しているほど、血の色が明るくなるといわれており、少し暗めの赤色をしています。

直腸から遠くなるほど色が黒くなり、胃から大腸の始める付近が出血している場合は黒色の便になり、タール便と呼ばれます。

ちなみに、鮮血色の場合は直腸付近の出血ではなく、痔による出血の可能性が高く、痔の心配をしたほうが良いかもしれません。

便の明暗によって、どこが出血しているかある程度予想しておきましょう。

黒色の便は一見何が原因かわかりませんが、黒色の便が出た時も出血が疑われることを覚えておきましょう。

○便の状態で病気がわかる?

便に血が混じる血便ですが、症状によって便の状態に違いがでてきます。

一般的に知られている血便は通常の便に血が混じる物ですが、それ以外にドロッとした粘りのある血便の粘血便や便がほとんど混じることが無い場合もあります。

・通常の血便

一般的な便に血液が混ざる場合は、腸内出血が主な原因であるため、大腸がんや大腸ポリープ、痔、食中毒が考えられます。

急にお腹が痛くなって血便が出た場合は、食中毒による可能性が高いので、消化器内科か内科にすぐに受診しましょう。

お尻が痛い場合は、痔の可能性が高いですが、病院を受診した方がいいと思います。

お腹は痛くない場合は、大腸ポリープか大腸がんの可能性が高いので、こちらも病院に行った方がいいでしょう。

→ 大腸がんの症状を知り大腸がんを早期発見しましょう!大腸がんにはコーヒーが効く?

・タール便(黒色便)

黒色の便の場合は、胃腸や十二指腸が出血した可能性が高い病気になります。

大腸から出血してタール便になることもありますが、大腸は直腸と呼ばれる肛門に近い部分にポリープやがん細胞ができやすいので大腸でタール便がでることは、ほとんどありません。

そのため、タール便は、胃や十二指腸、小腸が疑われることが多いです。

病気としては十二指腸潰瘍や胃潰瘍などによる出血の可能性が高いと考えられます。

胃カメラを飲んで、胃や十二指腸に見つからない時は、大腸を疑うことになります。

→ ストレスだけで胃潰瘍になることはあまりない?!胃潰瘍の原因を知って対策してみてはいかが?!

・粘血便

粘血便は、胃の粘膜がはがれて便に混ざることによって起きる血便で、潰瘍性大腸炎の可能性が高いといわれています。

また、赤痢菌などの感染症の可能性もありますが、数週間で治る病気になります。

診察を受ける時は便の状態をきちんと伝えるようにしましょう。

→ 下痢、腹痛、粘血便を起こしていませんか?もしかしたら潰瘍性大腸炎かも?潰瘍性大腸炎は近年日本人に増加中?!

・ほとんど血の場合は?!

ほとんど血のような便が出る場合は、痔が切れて出血した場合や腸内が酷い出血をしている場合ということであり、非常に危険な場合もありますので、消化器内科にすぐに受診することをおすすめします。

血便が出た場合は、内科か消化器内科に受診して、診察してもらいましょう。

専門は消化器内科なので、消化器内科の方がおすすめになります。

☆血便が出たら病院に行ったほうがいいの?

私が紹介した血便は、目に見えて確認できる血便であり、腸内の出血量が多いものになります。

初期の大腸がんや大腸ポリープによる出血の場合は、少ないので潜血便と呼ばれる目で確認することが難しい状態の血便になり、検査などをしないと気づきません。

そのため、すでに見えている状態は出血が多いことを表しており、あまり良くない状態になります。そのため放置するのはよくありません。

自分で確認できる程度の血便が出た場合は、早急に病院に行った方がいいでしょう。

血便を放置すると重篤な症状になり、死ぬこともありますので、血便が出た場合はすぐに病院に行くようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク