日本人の肝炎の8割はウイルスによるもの!?B型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスに気をつけよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肝炎ウイルス
肝臓が炎症をおこす肝炎の8割が、肝炎ウイルスに感染して起きているといわれています。

その中でも、B型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスに感染する可能性が高いといわれており、感染経路を知っておくことが重要です。

現在、ウイルス性肝炎になっている人の大半は高齢者ですが、若年層でも新らに感染する人はおり、若年層でも注意が必要になります。

○B型肝炎とC型肝炎ウイルスの感染経路

B型肝炎もC型肝炎もどちらも血液によって感染するもので握手をしたり、咳をかけられたりしても感染することはありません。

高齢者にウイルス性肝炎の感染者が多いのは、輸血や注射器の使いまわしによるものです。現在では感染しないようにきちんと管理されているので、医療行為によってウイルス性肝炎に感染することはほとんどありません。

また、肝炎ウイルスは、母子感染もしますが、母親が肝炎ウイルスに感染していることがわかっていれば適切な処置をして感染を予防することができます。

現在の感染経路は、B型肝炎では性的接触でC型肝炎ではタトゥーや覚せい剤、ピアスなどの原因になっているといわれています。

どれも予防できるものなので、きちんと知識を身につけてウイルス性肝炎にならないようにしましょう。

→ A型肝炎は衛生的な日本ではほとんどかかる可能性はない?!しかし海外に行けばA型肝炎に感染する可能性がある?!

○肝炎ウイルスは持続感染するとヤバイ!

肝炎ウイルスに感染しても、免疫機能によって排除されれば発症を免れることも多くあります。

ウイルスの種類によって持続感染しやすいかは変わりますが、持続感染すれば気づかない間に肝臓がんになって死ぬことがあります。

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれることがあり、肝臓はある程度の問題が起きても支障なく活動することができます。

肝臓は7~8割切除しても問題なく活動し、半年~1年かけて元の大きさに戻るといわれているぐらい強い臓器なのです。

逆に言えば、肝臓の活動力を7~8割失わないと私たちは気づけません。

7~8割も肝臓の力を失っていれば重症であり、危機的な状況といえますね。

肝臓病で亡くなってから、ウイルス性肝炎であることが発見された人もいるぐらいですから、知らないうちに体を蝕む非常に恐ろしいウイルスになります。

○D型肝炎ウイルスもある?!

D型肝炎ウイルスは、B型肝炎ウイルスを持っている人以外に感染することが無いウイルスになります。

感染経路はB型肝炎ウイルスと同じなので、同時に感染することもありますが、D型肝炎ウイルスの単独で感染することはありません。

また既にB型肝炎ウイルスを持っている場合には、後からD型肝炎ウイルスに感染することがあります、D型肝炎ウイルスに感染すると2つのウイルスに感染していることになるので、通常よりも肝炎症状がひどくなる

場合が多く、劇的肝炎になって亡くなることもあります。

感染経路が同じなので、B型肝炎に感染しないようにすればD型肝炎に感染することはありません。

○ウイルス性肝炎にならないためにはどうしたらいいのか?

まず、他者に感染させないためには、自分がB型肝炎に感染していないか調べてみることです。

肝炎ウイルスの感染者の3割が感染に気付いていないといわれているので、一度検査を受けてみると良いかもしれません。

また、性的接触時にコンドームを使用するなどして感染しないようすることも大切です。

C型肝炎ウイルスの感染の多くは、不注意による感染です。

タトゥーの器具を洗浄して施術者は、手袋を毎回新しいものに交換していれば肝炎に感染することはありません。

また、ピアスで感染するのも共用で使用したりするのが原因になりますので、ピアスを共同で使用するのは、やめておきましょう。

また、覚醒剤に関しては、日本の法律で禁止されていますし、肝炎以上に危険性が高いので使用を止めましょう。

適切な処置で肝炎ウイルスは予防できますので、感染しないように心がけましょう。

○B型肝炎ウイルスは予防接種で予防できる!?

C型肝炎ウイルスよりもB型肝炎ウイルスの方が感染する可能性が高いといわれていますが、B型肝炎ウイルスは予防接種により予防することができます。

予防接種を受けておくと9割以上の確率で予防できるとされており、B型肝炎の発症を抑制することができます。

また、感染しても慢性化することなく治癒する可能性が高いといわれており、B型肝炎ウイルスには予防接種が有効になります。

ワクチンの効果は20年以上続くとされており、特に幼児期や青年期に注射を打つと抗体獲得率が高く効果が高いといわれています。

任意接種になりますので、受けていない人が多いですが、受けておくことでB型肝炎になる可能性を低くすることができるのです。

B型肝炎の予防接種は3回で幼児期に推奨されていますが、いつでも受けることができますので早い段階で受けておくことをおすすめします。

肝炎は恐ろしい病気である反面、簡単に予防することができますので、しっかり予防して肝炎ウイルスに感染しないようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク