老眼は水晶体と毛様体筋の老化現象によって起きる!実は老眼は20代から進行している老化?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老眼
老眼は、正式には老視とよばれ、眼の老化現象によってピントが調節できなくなる現象のことをいいます。

老眼を自覚する年齢は、40代以降が多いのですが、実は20代からすでに眼は少しずつ老化しているといわれています。

老眼はどうやって起きているかを知り、できる限り予防してみてはいかがでしょう。

○老眼は水晶体の調節が衰える現象

私たちの眼の中には、水晶体と呼ばれる楕円形で透明の器官があります。

この水晶体は眼に侵入してきた光を曲げる性質をもっています。

そして、水晶体を毛様体筋で形を変えることで焦点をずらしピントの調節を行っています。

この水晶体は年齢が上昇すると硬くなっていくため、ピントがうまく調節できなくなっていきます。

さらに、水晶体の形を変化させる毛様体筋の筋力も衰えてくるため、ピントを合わせるのに時間がかかったりすることもあります。

このように、水晶体と毛様体筋の二つの老化現象によってピントが合わせにくくなる症状を老眼といいます。

特に老眼は、水晶体を厚くして近くを見るのが難しくなり、本や新聞などの小さな文字が読めなくなります。

遠くに関しては、気にならない人も多くいるかもしれませんが、調節能力が低いので遠くも一応見えづらくなっています。

○老眼は20代からすでに進行しているらしい!?

老眼といえば、高齢者の眼の病気の印象がありますが、若いうちから少しずつ進行しているとされています。

ただ、問題ない程度で進行するので40代までは気づくことはなく、老眼といわれることもありません。

10歳は10cmからピントが合い、20歳では15cmからピントが合うとされており10歳の年齢差で5cmもピンとが合わなくなっているのですが、本人が気づくことはなく、30cm前後までピントが合わなくなるまで老眼であることに気づかないといわれます。

30cmほどピントが合わなくなる年齢が40代以降となることが多いので、老眼だと思うのが40代以降なのですね。

しかし、稀に30代であっても30cmを超えることがあり、若いうちに老眼になることもあります。

○老眼は近くが見えないだけじゃない!

老眼は、水晶体のピント調節能力が衰える病気で基本的に近くが見えにくくなる病気とされています。

これは、人間の眼がリラックスしている状態では遠くにピントが合っており、老眼がそこからピントを動かすのが難しいためになります。

しかし、近い部分を長時間見れば、近い部分で水晶体が動かしにくくなるので一時的に遠く見えにくくなります。

また、ピント調節が今まで以上にやりにくいので、眼に疲れを感じるようになり、肩こり、頭痛などの症状がでるようになります。

さらに近視で老眼になった場合は、近くも遠くも見えづらいくなることもあります。

近視は老眼にならないといわれることがありますが、近視の性質上で近くが見えやすいだけで老眼は誰でもなりますので、近視だからといって老眼対策を怠ってはいけません。

○老眼を抑制しましょう。

老眼は、誰にでもなる眼の病気というか老化であり、老眼にならないようにすることは難しいのです。

しかし、老眼を抑制することはできるとされており、なるべく老眼によって生活に支障を来たらないためにも、老眼の進行を送られせることが重要なのです。

老眼にならないようするためには、バランスのとれた食生活や運動が大切で、体が老化している人ほど眼も老化しやすくなります。

さらに、眼の運動も大切で、目を閉じたり開いたり、回したりすることで、目の血流を良くして老化を抑制する効果があります。

だから、暇な時は目を動かして、目の血流を良くしましょう。

また、遠くや近くを交互に見るのも老眼を予防する効果があるとされています。

体を老化させないことが、眼の老化を防ぐことになりますので、日々の生活が老眼に影響してきます。

ただ、老眼はかならずなるといっていいものなので、老眼の症状がある場合はお近くの眼科に相談するようにしましょう。

老眼鏡は老眼を進めるといわれることがありますが、眼にストレスをかかる方が老眼には悪いとされているので、老眼鏡でしっかりと対策をうつようにしましょう。

健康的に生活して、老眼の進行を遅くらせてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク