野菜ばかりを食べるベジタリアンは健康にいいのか?!それとも健康によくないのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベジタリアン
お肉を食べずに野菜だけを食べる食生活を送っていることをベジタリアニズムといい、ベジタリアニズムを行っている人のことをベジタリアンといいます。

ベジタリンは、宗教や道徳的な考え、健康面などを気にして行うもので、人によってベジタリアンになった経緯には違いがあります。

ベジタリアンは、野菜を多く食べるから健康に良いというイメージと偏食になるから健康に悪いというイメージの両方があります。

ベジタリアンはどんなところが健康に良くてどんなところが健康に悪いのでしょうか?

スポンサーリンク

☆ベジタリアンの種類はたくさんある?!

私たち日本人は、お肉を食べない人をベジタリアンとまとめていいますが、ベジタリアンにも種類があり、人によってその食生活には違いがあります。

本当に植物しか食べることが無いヴィーガンや乳製品は大丈夫なラクト・ベジタリアン、基本的にお肉は食べないセミ・ベジタリンなど多くのベジタリアンが存在しています。

人によって食べられる野菜に違いがあるので、栄養面についても違いがでてきます。

食べられないものが多いほど、栄養バランスは崩れやすく注意しないといけません。

健康を目的にベジタリアンを目指そうとする人は、良く考えてベジタリアンになることをおすすめします。

☆ベジタリアンの健康効果

○カロリーが少なくて痩せやすい

ベジタリアンは、基本的に野菜しか食べないので、油や糖分の摂取量が少ないのでカロリーがあまりありません。

そのため、ベジタリアンに食生活を変えることによって痩せる効果もあり、太っていることが気になっている人には野菜生活がおすすめです。

また、ベジタリアンはカロリーが少ないので、太ることもあまりなく糖分もあまり摂取しないので糖尿病の予防になるとされており、糖尿病予備軍が改善されることもあります。

しかし、ベジタリアンは砂糖を摂ってはいけないわけではありませんので、お菓子を食べることができます。

そのため、ベジタリアンであっても糖尿病になることはあります。

特に卵も牛乳も食べることができるラクト・オボ・ベジタリアンは、ほとんどのお菓子を食べることができます。

ベジタリアンになってもお菓子を食べてしまうようであればあまり効果は期待できないかもしれませんね。

○生活習慣病を予防する効果があります

ベジタリアンは、野菜を中心に食べることによって、生活習慣病が減少するといわれています。

ベジタリアンになると、がん、糖尿病、肥満、高血圧、心臓病を予防する効果があり、寿命がのびるともいわれています。

近年では生活習慣病は問題になっており、生活環境を整えることの重要性が叫ばれています。

ベジタリアンとしての生活は、生活習慣の改善に役立っており、健康的に生活した場合はベジタリアンを目指してもいいかもしれません。

ただ、生活習慣病の一つの骨粗鬆症になりやすくなるので、牛乳は飲んでもよいベジタリアンを推奨します。

☆ベジタリアンは健康に悪いのか?

○ベジタリアンはタンパク質が不足します

タンパク質は人間の体にとってと必要不可欠な物質であり、女性が好きなコラーゲンもタンパク質から作られています。

タンパク質は体の至るところに含まれている物資なので、不足する体調を崩しやすくなります。

野菜でタンパク質といえば、大豆になるので豆腐などをしっかり食べておかないとタンパク質不足になるので気を付けておかないといけません。

牛乳や卵を食べて良いベジタリアンならば、簡単にタンパク質を補うことができます。

○ビタミンやミネラルが不足することも

ベジタリアンになった場合は、きちんと考えて食事をおこなわないと栄養素が偏り、一部の栄養素が足りなくなってしまいます。

特に同じような野菜ばかり食べていたら、栄養失調になりやすいので、多くの種類の野菜を毎日食べないといけません。

お肉が食べられないので、お肉に多いとされている栄養素を多く含むや野菜を探して食べる必要があります。

ベジタリアンになる場合は良く注意して野菜を食べましょう。

そして、最近ではベジタリアン専門店もありますので、そちらで商品を購入するといいでしょう。

また、カロリーが少ないので痩せすぎをおこすこともありますので、痩せすぎないようにしっかりと野菜を食べて生活をしましょう。

ベジタリアンとして健康的に生活するのは、意外と大変なのです。

☆おすすめのベジタリアン

健康面を気にしてベジタリアンになる人におすすめなのは、ラクト・オボ・ベジタリアンかセミ・ベジタリアンになります。

ラクト・オボ・ベジタリアンは、肉と魚介類は食べてはいけませんが、卵や牛乳などは食べてもよいベジタリアンで栄養失調をおこしにくいベジタリアンになります。

また、セミ・ベジタリアンは、できるだけお肉を食べないベジタリアンで、動物性の物もたまに口にするので健康維持がしやすく、今の食生活からお肉の食べる量を減らすと考えればそれでよいでしょう。

たまにお肉を食べることもあり、お肉好きの人はセミ・ベジタリアンがおすすめです。

☆健康に向かないベジタリアン

ヴィーガンと呼ばれるベジタリンは、完全野菜主義者といわれており、全く動物性の食品を食べてはだめで蜂蜜や牛乳などもダメとされています。(蜂蜜はOKの場合もあります)

ヴィーガンでも栄養素をきちんと考えれば問題ないとされていますが、非常に難しい食生活になります。

お肉は健康に悪いからやめておこうと思う人は、ヴィーガンを目指してもいいですが、逆に健康に悪い可能性もあるので注意しておきましょう。

また、フルータリアンは、もっとも厳しいベジタリアンで植物すらも殺してはいけないベジタリアンになります。

例えば、大根は抜いてしまえば死んでしまうので食べてはいけませんが、みかんはとっても木じたいは死なないので食べても問題ありません。

このため、野菜果実(トマト、ナスなど)と果物果実(メロン、ブドウなど)しか食べることができず、非常に栄養バランスがとりにくいです。

健康目的であれば、緩いベジタリアンがおすすめで、フルータリアンは基本的に健康を害すと思っても良いでしょう。

ベジタリアンは健康に良い部分もありますので、健康になりたい人は挑戦してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク