太る原因は腸内細菌の遺伝かもしれない?!健康のために太る原因のデブ菌を抑えて太りにくい体になる?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デブ菌
太る原因は、運動不足や食べ過ぎなどがあげられますが、腸内細菌が太る原因になっている可能性もあるのです。

私たちの腸内には、大変多くの細菌が住んでおり、成人の腸内には1.5gの腸内細菌が生息しているといわれています。

腸内細菌は、私たちの消化活動を手伝ってくれていますが、その中に太る原因となる菌であるデブ菌がいるといわれています。

デブ菌は、ほとんどの人の腸内に存在しているといわれていますが、痩せている人はヤセ菌と呼ばれるデブ菌に対抗する菌の方が多く存在しているために、太らないといわれているのです。

健康のためにもデブ菌の発生を抑えて痩せられる体作りをしてみてはいかが。

スポンサーリンク

○デブ菌は不必要なものをため込む悪玉菌!

人間は食事をとり小腸と大腸で栄養を吸収しますが、不必要なものは便として体外に排出されます。

しかし、デブ菌は、便として排出すべき栄養素をため込んで吸収させてしまう性質をもっています。

そのため、食べたものがどんどん腸内に吸収されていくので、デブ菌が少ない人と同じ量の食事をしたとしても、体内に蓄積されるカロリーが変わってくるわけです。

また、デブ菌が存在するとお腹に食事が残りやすくなってしまうため、体内に毒素が溜まりやすく腸内環境の悪化も見られるようになります。

腸内環境の悪化と太る原因になるためにデブ菌は悪玉菌といわれています。

さらに、太る原因になるデブ菌は1種類だけではなく、いろいろな菌が関係してくるといわれており、腸内には100種類以上の菌がいるので、すべてのデブ菌は解明されていません。

あなたの腸内には、太りやすいデブ菌が存在しているかもしれません。

○デブ菌とヤセ菌は比率が大切!

私たちの腸内には少なからず、腸内の栄養素をため込んでしまう菌が存在しています。

人によっては腸内に住んでいる菌に違いがあるため、太りやすい人と太りにくい人が存在しています。

しかし、太りやすい菌を持っているからといって必ず肥満になるというわけではありません。

太りやすい人も食生活に気を付けて、デブ菌とヤセ菌のバランスを整えることによって太るのを予防することができます。

デブ菌よりもヤセ菌の方が多くなれば太るのを予防してダイエットも効率良く行えるようになります。

○デブ菌を増やしてしまう行動

デブ菌が好きな食品は、お肉などの脂がたっぷり入っている物になります。

太らないようにご飯の量を減らしていても、お肉や油物が食卓に並ぶ頻度が多いとデブ菌が優位に働くことになります。

食事の量よりも食事のバランスを良くした方がデブ菌を減少させるのに有効な手段となっています。

また、飲み物では砂糖が多いほどデブ菌が好むので、甘い飲み物に注意した方がいいでしょう。

逆にヤセ菌を増やしてくれる食べ物は、食物繊維の多い野菜類やヨーグルトやみそなどの発酵食品になり、これらの食品はヤセ菌を増やすのに役立っている食品になります。

さらに、糖分でもオリゴ糖であればビフィズス菌などの善玉菌を増やす性質があるのでおすすめになります。

オリゴ糖は下痢も予防してくれる効果がありますので、お腹が緩い人は砂糖ではなくオリゴ糖をおすすめします。

○親が太っていると子供も太る可能性が高い?!

親と子の腸内細菌は似る可能性が高いといわれています。

これは子どもが最初に獲得する腸内細菌が母親からもらう物なので、母親とよく似た腸内環境になっていくとされるためです。

また、腸内細菌は食事環境や生活環境によって変化するものなので、親と同じ食事環境になり、親が太っていると子どものデブ菌が増える可能性が高くなります。

親から子へ全く同じ腸内細菌が渡させるわけではありませんので、絶対に太るとは言い切れませんが、太る可能性は高くなるといわれています。

さらに太った人から痩せている人に便を移植すると体重が劇的に増えたという話もあるので、腸内の細菌の種類の違いによって太ることがわかります。

ヨーグルトなどの発酵食品を食べてデブ菌を抑制し健康的に痩せてみてはいかかでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク