水素の力を知って水素水を使ってみてはいかが?!ペットボトルの水素水を買わない方がいい?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水素水
私たちの体の6割は水できており、水分がなくなると脱水症状を起こして人間は死んでしまいます。

だから、私たちが生きていくためには水が絶対に必要です。

そんな、私たちの体の6割をしめている水にこだわることは大切ではないでしょうか?

アルカリイオン水や天然水など水にこだわっている人も多くいると思いますが、なんと、水に水素を加えてできる水素水を飲むと、体にはいろいろな健康効果があると注目されているのを知っているでしょうか?

普通の水を飲んで生活をするよりも水素水を飲んで生活する方が健康に良いかもしれませんよ。

スポンサーリンク

○水素水って一体なんなの?

水素水は、水素分子(H²)を水に溶かした液体になります。

水素はもっとも軽い気体として知られており、火を近づけると爆発して酸素と化合し水になることも知られています。

水素水に火を近づけも爆発することはありませんので安心してください。

水素は無味無臭無色の物質であり、水に溶けても水の味は基本的に変わることはなく、普通の水と変わりません。

そのため、水と同じように飲むことができて飲料水として使用できます。

また、砂糖や添加物などは加えられていないので、水素水を飲んで体調不良や生活習慣病の原因になる可能性はないといわれており、体調が良くはなっても悪くはならないのですね。

○水素水にはどのような効果があるの?

私たちの体には、活性酸素と呼ばれる老化を促進してしまう物質が日々作られています。

活性酸素は細胞を攻撃してしまう物質で、活性酸素によって傷ついた細胞が「ガン」になってしまうこともあります。

水素は、この人体に害のある活性酸素を除去する力があるとされ、活性酸素を見つけると結合して水と無害な物質に変えるといわれているのです。

活性酸素が減少することで、悪玉コレステロールの減少や糖尿病の予防、認知症の予防、ガンの予防などの生活習慣病の予防につながる可能性があるとされています。

また、アレルギー症状の抑制、しわ・シミ予防、老化防止などの効果も期待でき多くの人に「水素水」は注目されているのです。

○ペットボトルの水素水は信用できない?!

水素は、非常に小さな物質であり、いろいろなものを透過する力を持っています。

そのため、密閉された容器であっても徐々に水素が抜けていってしまい、水素水もずっと放置しておけば普通の水に戻っていくのです。

特にペットボトルは、水素が透過しやすく、元は水素水でも飲む時には水になっている可能性が高いようです。

だから、本当に水素水を摂りたいと考えている人は、容器の材質がガラス、金属、水素が抜けないように加工しているフィルムのいずれかにすることを勧めます。

また、水に水素を加えるスティックなども水素水を飲む方法の一つになります。

ペットボトルの水素水が一番安いですが、一番信用できない商品になることを知っておきましょう。

○水素水は科学的な検証がまだ甘い?!

健康に効果があるとされている水素水ですが、実際に人間の体に効果があるかどうかはあまり良くわかっておらず、専門家による判断の差があり、批判も多い飲み物となっています。

まず、水素が体内に吸収されて活性酸素と結合し水になるかは科学的に立証されておらず、根本的な部分に問題があります。

また、水素水に含まれている水素の量はppmで表記されていますが、1ppm当たり1Lに1mgであり、水素量が2ppmぐらいの商品が多いのですが、1L飲んで2mgしか水素を摂取することができておらず、量が足りていないと指摘されることも多いのです。

そして、水素は容器を開けた瞬間から徐々に抜けて行きますから、体内に吸収される時にはもっと水素の量が減っていると考えられ、摂取できているのかが曖昧なのです。

さらに、多くの水素水の商品がありますが、保健用食品や医薬品として販売されている商品はなく、健康商品として認められていないのですね。

水素水は、効果が無いというわけではありませんが、効果については良くわかっていないのが現実となっています。

しかし、水素水を飲むことでアレルギー症状が緩和された、健康になったと言われる方も多くいるようなので、健康に良い可能性が高いと思います。

さらに、健康に良いと思って飲むことで、健康になれるというプラシーボ効果も関係しているのかもしれませんね。

→ イメージして思い込む事で病気が治る?!プラシーボ効果で健康生活!効果があると思うことが大切です。

だから、水素水を飲むことで健康になれると信じられる方は水素水を飲んだ方がいいのですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク