健康になるためにゲートボール?!ゲートボールにはどんな効果があるの?グランド・ゴルフも同等の効果がある?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲートボールとグランド・ゴルフ
日本は高齢者社会になり、日本の高齢者人口は大変増えてきて介護が社会問題になってきました。

高齢になっても介護なしに健康的な生活するためには、運動をすることが大切です。

だから、散歩などでも良いので健康維持のために運動をするべきですね。

また、公園などで見かけるゲートボールもしくはグランド・ゴルフも健康を維持するために有効な手段となっています。

足腰を鍛えて、健康的に長生きをするためゲートボールやグランド・ゴルフを始めてみてはいかがでしょう。

○ゲートボールとグランド・ゴルフの違いは?

公園などでゴルフのような競技が行われていることがありますが、これはゲートボールもしくグランド・ゴルフで、昔はゲートボールが人気でしたが現在ではゲートボール人口が減少しグランド・ゴルフの人口が増加しています。

大きな違いとしては、ゲートボールがチーム戦でグランド・ゴルフが個人戦になり、ゼッケンをつけている人がいればゲートボールの可能性が高いでしょう。

グランド・ゴルフのほうがゲートボールよりも簡単で、人数制限なく行うことができ、球を打ってホールポストの下に止め、合計打数を競う競技になります。

対して、ゲートボールは5人チーム2組で行われ、ゲートと呼ばれる枠に通していくチーム戦になります。

ゲートが1~3とゴールポールがあり、ゲートに通過するごとに特典が加算され、相手にいかにゲートを通過させないようにして自分のチームの球を通過させるかが重要なゲームになります。

チーム対抗戦なので、少しばかり初心者には難しいと思います。

○現在はグランド・ゴルフのほうが人気?!

チーム戦になると自分が良い活躍をしてもチームメイトがミスをすれば相手に得点を許すことになります。

だから、ゲートボールでは、いざこざが起きることがあります。

ゲートボールを勝ち負け関係なく楽しみたい人と本気で取り組む人では喧嘩になりやすくチームメイトとの関係の悪化でやめてしまうこともあるようです。

またチーム戦なので10人集まらないとできませんし、11人集まると1人余ってしまうこともあり人口が少なくなったようです。

結果、ゲートボールは衰退し、グランド・ゴルフが人気になっています。

☆ゲートボールとグランド・ゴルフの何が健康にいいのか?

○足腰を鍛える運動になる

ゲートボールもグランド・ゴルフも足腰がしっかりしていないとぐらついて思った場所にボールを打つことができません。

そのため、ゲートボールとグランド・ゴルフを始めると足腰を鍛えることに繋がります。

また、ボールを打つたびに歩かないといけないので、足の筋力低下を予防し骨に刺激がつたわるので、骨粗鬆症の予防にもなります。

筋力がある人ほど介護を受けずに生活ができるようになるので、平均健康寿命をのばして家族に介護負担させることなく生活する期間がのびます。

健康的な生活をするためにゲートボールやグランド・ゴルフを始めてみてはどうでしょうか?

○楽しいのでストレス解消になる

スポーツを楽しむことはストレスの解消になり、生活にハリを与えてくれる効果があります。

ゲートボールもグランド・ゴルフも人数を集めて行うスポーツなので、会話をしながら行うことができてストレスを解消する効果があります。

また、スポーツを行うと脳内から、エンドルフィンと呼ばれるホルモンが分泌されます。

このホルモンはストレスを減少してくれる効果があり、多く分泌されると高揚感が出てくるとされています。

運動中はエンドルフィンが多くでるので、ストレスを軽減しつつ、とても楽しい時間になります。

○認知症の予防にもなる

ゲートボールはチーム戦であり、いかに相手にゲートをくぐらせないかという点で戦略が必要になってきます。

そのため、ゲートボールの試合中は非常に頭を使い認知症を予防する効果があるといわれています。

また、グランド・ゴルフはチーム戦ではありませんが、点数は自分で計算するのが一般的なので競技と計算を一緒に行う必要があり頭を使うので認知症の予防になります。

さらに、人のとの会話や運動をするだけでも認知症を予防する効果がありますので認知症にならないためにゲートボールやグランド・ゴルフはおすすめです。

何もやっているスポーツがない人は、ゲートボールもしくはグランド・ゴルフを始めてみませんか?

衰えを予防して健康的な生活がおくれるようになりますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク