高齢化社会になるに連れて増えている失明の原因である加齢黄斑変性症!あなたの目は大丈夫ですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症という言葉を聞いたことがあるだろうか?

年を取るにつれて体にいろいろな問題が出てきますが、加齢黄斑変性症も年を取ると起きる目の病気の一つです。

失明する人の1割がこの加齢黄斑変性症いわれており、食の欧米化や高齢化によって加齢黄斑変性症になる人と増えているといわれています。

あまり、なじみの深くない病気だと思う人もいるかもしれませんが、これからはもっと増える可能性がある病気になります。

失明をしないためにも、加齢黄斑変性症について学んでおくようにしましょう。

スポンサーリンク

○加齢黄斑変性症の症状を知っておこう

人間が色を識別するために必要な網膜の中心部が黄斑と呼ばれる部分があり、この黄斑が変性をおこす病気を加齢黄斑変性といいます。

加齢黄斑変性症は視力において光を感じとる大切な器官の黄班に異常をきたしてしまう病気なので、色を感知することができなくなり、視力低下が起きてしまいます。

黄斑に問題が起きているだけなので、ピントを合わせる能力が衰えたわけではなく光はきちんと網膜に入ってきていますが、その光を感知できなくなります。

最初の症状は変性をおこすことによって、視界がゆがみ中心がまがっているように見えるようになります。

そして、症状が進行すると光と感知できなくなり中心部が見えなくなり、色を上手く判断できなくなります。最終的には光を全く感知することができなくなり、失明をしてしまうことになります。

○加齢黄斑変性症は治るのか?

加齢黄斑変性症は放置しておくと徐々に進行して最終的に失明してしまう病気になります。

加齢黄斑変性症には2種類あり、滲出型と萎縮型の二つがあり萎縮型を発症している人の根本的に治療法はなく、対症療法で薬を服用するしかありません。

対して、滲出型は完璧に戻る治療方法ではありませんが、ある程度の回復が見込める治療方法があり、生活に支障が出にくい程度に改善したり、進行を食い止めたりすることができます。

また、萎縮型が滲出型になることがあり、そうなると治療ができるので、萎縮型の人は定期的に眼科に受診する必要性があります。

加齢黄斑変性症のある程度の治療はできても根本解決には至っておらず、根治させるにはこれからの医療技術の発展にかけるしかありません。

加齢黄斑変性症になってしまった人は医療技術が発展することを望みましょう。

○加齢黄斑変性症はiPS細胞が治してくれる?

現在は実験中なのですが、iPS細胞を使用すれば加齢黄斑変性症は治るとされており、実験が勧められています。

また、加齢黄斑変性症では黄斑以外の部位に異常がみられているわけではありませんので、失明したとてもiPS細胞で新しい黄班を作成すれば視力が治る可能性もあります。

iPS細胞が加齢黄斑変性症の根治に役立つことを願っておきましょう。

数年後には、加齢黄斑変性症で失明する人が全くいなくなる時代が来るかもしれません。

○加齢黄斑変性症にならないためには

加齢黄斑変性症の原因は加齢だけではなく、高血圧や喫煙などの他の影響も強いといわれています。

元々、日本人は魚を食べる文化で血液がサラサラで血圧は低めでしたが、お肉を食べる量が増えて高血圧になる人が増えました。高血圧が増えたことで加齢黄斑変性症を発症する人が増えたといわれています。

また、喫煙も原因でありタバコをすう人ほど、加齢黄斑変性症になりやすいといわれておりタバコはなんと失明にも関係する危険な代物だったのです。

失明したら、生活が大変になるので喫煙習慣がある人はタバコを止めましょう。

さらに、タバコは周りの人を失明させる危険性を上昇させています。

加齢黄斑変性症にならないためには健康的な生活をおくると良く、食生活や運動の習慣などがある人は加齢黄斑変性症になりにくいと考えられます。

自分の生活を見直して加齢黄斑変性症を予防しましょう。

加齢黄斑変性症には遺伝的な要因もありますが、生活習慣で発症を抑えることができます。

加齢黄斑変性症は予防できる病気です。生活習慣を見直して加齢黄斑変性症になって失明しないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク