冬にも脱水症状が起きる可能性がある!だから冬も適度な水分補給は大切!さらに水分補給は乾燥や病気対策にもなる?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬も水分補給が大切
脱水症状といえば、夏の炎天下の中で運動をしていた時や熱がこもった室内で起きるのが一般的とされています。

夏に脱水症状が起きやすい理由は、暑さで、汗をかきやすくいつも以上に水分が無くなってしまうからです。

脱水症は、夏に起きやすいのは確かなのですが、冬でも脱水症状が起きることがあります。

冬には脱水症が起きないというイメージから、水分不足に気づくのがおくれることがありますので、冬の脱水症にも注意が必要なのです。

☆人間は常に水分が必要な生き物!

人間は尿や便、汗、呼気から少しずつ水分が抜けて行っています。

この量は、季節などによっても違いますが、1日に2L以上といわれており、人間は毎日2Lは水分を補給しないといけません。

この排出量の2Lよりも摂取する水分量が下回ると、どんな季節であっても脱水症状をおこします。

水分といえば、水が思い浮かびますが、大抵の食品には水分が含まれており、2Lをすべて水でまかなわなくても大丈夫ですが、1日に1.5Lぐらいの水を飲む必要性があります。

摂り過ぎた水分は尿のとして排出されるので、水分をあまりにも過度に取りすぎなければ問題ありません。

水分の排出量は、運動や体質などによっても作用されるので、個人差があります。

年を取ると水分が減少していることに気づきにくいので、高齢者は特に水分補給をこまめに取りましょう。

☆冬の脱水が危険な理由

○乾燥して意外に水分が抜ける

冬の空気が乾燥していることは良くいわれることですが、乾燥しているということは乾きやすいということで、口の中の乾燥速度が上昇します。

口の水分がなくなると唾液腺から水分を供給してもらうのですが、唾液の水分も体内にある水分ですから、唾液が分泌されるほど体から水分が無くなっていることになります。

また、お肌がカサカサしてしまう冬ですが、お肌の水分も体の水分なので肌が乾燥するとどんどん体の水分が無くなっていき、冬は意外に体から水分が抜けだしやすい環境にあることがわかっています。

○水分が飛んでいるのに気づきにくい

私たちはどうしても夏に水分がなくなると思ってしまいます。

そのため、冬に脱水が起こるとは思っていないのではないでしょうか?

また、もし汗をかいてもすぐに乾いてしまうので、お肌がサラサラで汗をかいていたことにも気づきません。

水分がどんどんなくなっていることに気づかないので、必要な水分補給をおこたってしまい脱水症状になることがあります。

水分補給は口が乾燥したり、喉が渇く前にとっておく物なので、水分が不足したと気づいた時では少し遅いです。

水分は一気に取るのではなく、少量ずつ時間を空けて摂る方が体内の水分量が一定に保たれて体の状態も良いので水分はこまめに取るようにしましょう。

☆冬に水分を取ることで期待できる効果

○体の乾燥を防ぐ

冬は外が乾燥しているので、意外にも体から水分が抜けやすい季節です。

そのため、肌が乾燥したり、口が乾燥したり、鼻の中が乾燥したりします。

水分補給をしっかりしておくと乾燥しても水分を供給してくれますので、乾燥肌の予防や口の乾燥、鼻の乾燥を予防してくれる効果があります。

冬に体の乾燥が気になる方は水分補給をして乾燥を予防しましょう。

○病気から体を守る

病気は口や鼻から侵入してきますが、基本的には鼻の粘液や唾液の殺菌作用で感染しません。

しかし、冬になると乾燥で唾液が粘液の分泌量が減少してしまうため、免疫能力が落ちて感染症を発症しやすくなります。

そんな時に水分を飲んでおくと口の乾燥を防いで、粘液の分泌や唾液の分泌能力を高めてくれるので、感染症に感染しにくくなります。

冬の水分補給は脱水症の予防だけでなく、乾燥や感染症にも有効です。

冬でもしっかりと水分を補給して健康的な毎日を送りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク