のどが痛いと感じたら咽頭炎かもしれませんよ。咽頭炎の予防方法と対処法を知ってみてはいかが?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

喉が痛い
日常生活において、のどに痛みが出ることは良くあることで、のどに痛みが出ないように気を付けている人は非常に多いのではないでしょうか?

のどに痛みが出る原因は、のどや扁桃腺で菌が繁殖して炎症反応して起こしているためです。

そんなのどが痛いときは咽頭炎かもしれません。

○咽頭炎は感染症

冬になって乾燥して朝起きるとなぜか、喉がイガイガして痛いことがありますが、これらはアデノウイルス、コクサッキーウイルスなどのウイルスや溶連菌などの細菌が喉で増殖して炎症をおこしているために起きます。

大抵の場合は、喉の痛みが半日程度出ると次第に痛みが解消されますが、ウイルスによって症状の期間が変わってきます。

のどの痛みだけで終わることも多いのですが、菌の種類によっては頭痛や発熱などの風邪のような症状を表す場合もあります。

また、痛みが何日も続くことやかなり痛みが強い場合もあり、咽頭炎の症状には個人差があります。

○咽頭炎は病院に行く必要性があるのか?

咽頭炎は冬の乾燥した時期に良く起きる病気で、喉が乾燥して菌を排出する力が弱ってしまった結果、喉で菌が繁殖して咽頭炎になることが多く潤っている喉なら簡単に撃退できる菌なのでそこまで病原性は強くありません。

そのため、1日で治ってしまうことも多く、病院に行ってもほとんど意味がないことも多いので、喉が軽く痛い程度なら、病院に行く必要性はなく、しっかりとうがいをして、のど飴でもなめておけば大丈夫です。

しかし、症状が大きな場合は病院にいってみてもらうようにしましょう。

○病院行った方が良い咽頭炎

病院に行ったほうがいい咽頭炎はいつも以上に痛みが強く、つばや水が飲みこめない場合は病院に行った方が良い咽頭炎になります。

また、発熱、頭痛などののどの痛み以外の症状がある場合も病院に行ったほうが良い咽頭炎になります。

病院は内科か耳鼻咽喉科になります。専門は耳鼻咽喉科ですが、内科でも問題ないでしょう。

さらに、喉の痛みが2日以上長引く場合は病院に行った方がいいでしょう。慢性咽頭炎や特殊咽頭感染症と呼ばれる治りにくい病気である可能性もあり、早く治療した方が治りが早いので、2日ぐらいを目安にして病院にいってみると良いでしょう。

○咽頭炎にならないためにはどうしたらいいのか?

☆こまめに水分補給する

水分補給といえば、脱水症状を予防するために行われるものですが、咽頭炎を予防する効果もあり、水分を補給して喉を潤すことで喉の乾燥を防いで、免疫力を高めてくれます。

病院の医師などは風邪に感染しないためにお茶や水を口にふくむこともありそれなりの効果があります。

水分補給と言っても喉の乾燥を防ぐだけなので、本の1口でも大丈夫です。

のどを乾燥させないように気をつけましょう。

☆口で呼吸をしない

のどを乾燥させる原因は口で呼吸をしてしまうことです。特に睡眠中は知らず知らずのうちに口で呼吸をしていることがあり、寝起きに喉が痛くなる原因の一つに口呼吸があります。

日常生活でも口呼吸をできるだけ減らして、睡眠中に口呼吸をしていないか確認してみましょう。

もし、睡眠中に口呼吸をしている場合は口をテープで止めて口呼吸をさせないようにするなどの対処することで、喉の痛みが無くなるかもしれません。

それでも口呼吸が続く時はマスクをして乾燥しないように防ぐと良いでしょう。

○喉が痛くなったら

☆うがいをしましょう

のどに痛みを感じた時はうがいをしましょう。うがいをすることで、ある程度の喉の菌を排出して少し痛みが和らぐことがあります。

また、うがいは喉の潤しこれ以上痛くなるのを防いでくれる効果もあります。

また、イソジンなどを使用するとより効果的に菌を殺して洗い流すことができますので、

のどが痛い時はイソジンを使用してうがいすることをおすすめします。

☆のど飴をなめましょう

のど飴を食べるとだ液腺が刺激されて唾液が多くでてきます。

唾液の中に殺菌作用が存在しているので、のど飴を食べて唾液を多く分泌することで早く喉の痛みを解消してくれます。ちなみにガムや普通の飴でも唾液が出てくるのでのど飴でなくても問題ありません。

ちなみにのど飴といっても、お菓子と医薬部外品と医薬品の3つに分類されているので、より効果を期待したいなら、医薬部外品と医薬品の中から選ぶと良いでしょう。

スーパーやコンビニで売っているのど飴はほぼ、お菓子なので唾液以外の効果はあまり期待しないほうがいいでしょう。

のど飴の種類についてはこちら → のどの不快感は、のど飴を舐めて改善しますよね。でも、のど飴には分類があり効果が違う?!

のどが痛くならないようにしっかりと予防して、喉が痛くなった時はのど飴を食べて対処しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク