卵は1日1個しか食べてはいけないというのは本当?!卵の食べ過ぎは体に害なのか?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

卵
私は卵が好きなのですが、卵は1日1個しか食べてはダメであり、それ以上食べると健康を悪いと聞いたことがあります。

卵はニワトリの卵で、卵一つでひよこになる力を持っているところからもわかるようにとても栄養価が高い食品の一つになります。

そんな、栄養価が高いといわれる卵を1日1個しか食べてはいけないといわれるのはどうしてなのでしょうか?

卵が健康に与える効果や危険性について考えてみましょう。

☆卵はなぜ食べてはいけないのか?

○卵は毒素でも入っているのか?

あまり食べてはいけない食品と言われたら、食べ過ぎるとお腹を壊してしまうのか考えてしまいます。

食べすぎは良くない食材は、実際に存在し、青梅には毒物が入っており食べ過ぎるとめまいや呼吸困難を起こす可能性があります。

また、コーヒーに含まれるカフェインも飲みすぎれば、カフェイン中毒の症状が出て動悸や吐き気などの危険な症状がでることがあります。

このように食べ過ぎたら害があるものは食品の中には意外に多くあります。

食べ過ぎてはダメといわれる卵はどうなのかというと、卵には有害成分はありません。

しかし、卵の殻には、サルモネラ菌と呼ばれる食中毒菌が付着している場合がありますので、高温での保存は適しませんけど。

ちなみに、日本は卵の生食文化が盛んで、消毒しているのでそれほど菌を危険視する必要性はありません。

○卵はアレルギーを起こしやすい!?

食物にアレルギーを持っている人が多くいますが、卵アレルギーを人数がとても多いアレルギーで子どものアレルギーのうち卵アレルギーは4割であり、卵を食べることができない人は多いといわれています。

日本では1人あたり年間300個の卵を消費しているといわれており、ほぼ1日1個卵を食べます。

そのため、卵アレルギーを持っている子どもの親は毎日メニューが大変であるといわれています。

卵はアレルギーの人にとっては、アレルギー症状を出す可能性がある危険な食品ですが、アレルギーのない人にとって卵を食べ過ぎてもアレルギーが出るわけではないので、1日2個以上食べても全く問題なく危険性もありません。

しかし、アレルギーは偏った食事が原因でなることもあるといわれることもあり、食べ過ぎて卵アレルギーの症状が出始めることも否定できません。

とはいえ、大人のアレルギーは甲殻類アレルギーが多いので、卵を食べ過ぎてアレルギーになる可能性は低いです。

○卵のカロリーは?

卵のカロリーですが、1個あたり90kcalといわれており8個一気に食べるとカロリーは720kcalになり、これは1食のカロリー量に相当します。

卵を8個も食べるのは食べすぎで、卵にはコレステロールが多いので食べ過ぎるとコレステロールの摂りすぎになります。

しかし、卵を2個食べてもカロリーは180kcalであり1日3食ですからそれほど卵を食べ過ぎとは感じません。

かなり、食べると良くなさそうですが、1日2個程度なら全然問題無いようなカロリーになっています。

このように、卵は1日2個食べても体調を崩してしまうようなものはありませんでした。

☆卵は程々にしましょう。

卵は1日2個食べても大丈夫だということがわかりましたが、卵ばかりと食べていると栄養が偏ることは確かです。

卵を1日に2~3個ほど食べても良いですが、食事のバランスがおかしくなったり、野菜不足などに陥ることは良くありません。

最近では1日2個~3個卵を食べても良いといわれており、1日1個の卵は迷信に変わってきています。

とはいえ、卵ばかり食べると栄養が偏ることもあるので、食事のバランスが悪くならない程度を食べるようにしましょう。

卵は栄養価が高いので、しっかりと食べて健康になりましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク