巻き爪が進行して起きる陥入爪(かんにゅうそう)に注意!巻き爪は早めの対処が大切!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巻き爪
私たちの指先には爪があります。爪の役割は指先を保護することと指先に力を入れやすくして動作しやすくしており、ものをつかんだり、歩いたりする時に爪は重要な役割をはたしているのです。

そんな爪ですが、人によって形や硬さに若干の違いがあり、時として爪が変形してしまうことがあります。

爪が変形して内側に丸まったものを巻き爪といい、足の親指に多発しやすいといわれていますが、どの指でも起こる可能性があります。

巻き爪は放置すると炎症をおこして痛くなることがありますので、しっかりと対処をしましょう。

スポンサーリンク

☆巻き爪と陥入爪の関係

巻き爪という言葉を聞いたことがあると思いますでは、陥入爪(かんにゅうそう)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

巻き爪とは爪が内側に巻かれている状態のことを指し、痛みがあってもなくても爪が巻かれていれば巻き爪になります。

対して陥入爪は巻き爪などが原因で、爪が皮膚を傷つけ雑菌などがはいり炎症をおこした状態のことになります。

陥入爪は巻き爪が進行して皮膚が切れて起きる病気で巻き爪を放っておくと爪の周りが炎症をおこし症状が深刻になることがあります。

巻き爪が原因で陥入爪になることが多いですが、巻き爪でなくても爪が刺さって炎症をおこせば陥入爪です。

☆何が原因で巻き爪が起きるのか?

巻き爪は突然起きるものではなく、外から圧力などの外的要因によって起きるもののです。

爪の硬さや柔軟性によってなりやすい人もいますが、遺伝的で絶対になるわけではなく外的要因によって巻き爪になっている可能性が高いです。

○爪の切り方が悪い

爪の切り方が悪いと爪は変形して巻き爪になりやすくなります。

特に爪を深く切りすぎてしまうことがある人は注意です。深爪は爪が小さくなることで雑菌が入りやすくなるだけでなく、爪が曲がり巻き爪をおこすことがあります。

また、深爪ではありませんが、爪のサイドを深く切ってしまう人がいます。

爪は丸く仕上げることでキレイに見えるのですが、サイドを切りすぎると爪が巻きながら成長してしまう可能性があり、巻き爪をおこしてしまうことがあります。

サイドは真ん中よりも少し多めに残しておいた方が巻き爪の予防になります。

爪の切り方が原因で巻き爪になりますが、爪を切らないのもあまり良くありません。

爪が長い状態で存在すると靴を履いた時や靴下をはいた時などに、外的な圧力が爪にかかりやすくなります。

爪は長時間圧迫されると変形してしまうので、爪が長すぎると巻き爪になることがあります。

爪は適当な長さに常にそろえておくことが重要です。長すぎず、短すぎず心がけましょう。

○靴のサイズが合わない

皆さんは自分のサイズに合った靴を履いていますか?

靴のサイズが大きすぎたり、小さすぎたりすることは良くなく、特につま先が小さく靴は巻き爪の原因になります。

つま先がとんがっている靴や足が小さく見えるように細く作ってある靴がありますが、合わない人は履かない方が良く爪に圧力かかってしまうので、巻き爪の原因になり足を痛めてしまいます。

また、足に合わない靴は外反母趾や偏平足の原因にもなりますので、靴のサイズはきちんと見ておきましょう。

そのほかにも爪に圧力をかけ続ければ巻き爪になってしまいますので、巻き爪にならないように注意しましょう。

これらの原因に老化や遺伝が重なると巻き爪になります。親族に巻き爪の人がいる場合はより注意した方がいいでしょう。

☆巻き爪の治療方法は?

単に爪が巻いているだけで出血や炎症をおこしていないのであれば、それほど深刻な症状ではなく巻き爪になる原因を取り除き、ワイヤーなどを使用して巻き爪を元戻す保存的療法で治すこともできますし、また、全く痛みがなくそれ以上進行しなければ何もしないで良いとも言えます。

ワイヤーを使って徐々に爪の位置を戻すので、痛みもそれほどなく簡単な治療です。

しかし、陥入爪になるとすでに炎症おこしているので、膿を抜いたり爪を抜き取ったりする必要性が出てきます。

巻き爪は進行すると手術する必要もありますので巻き爪が進行している場合は一度病院に行くことを勧めます。

巻き爪に注意して健康的に過ごしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク