胸やけが起きていませんか?喉の奥から酸っぱいモノが上がってくる?その症状は逆流性食道炎かも?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

逆流性食道炎
喉の奥から酸っぱいモノが上がってくることはありませんか?

この口に広がる酸っぱい液体は、吞酸と呼ばれ、胃から上がってきた胃酸になります。

つまり、本来、胃にあるべき胃酸が逆流して口まで上がってきているということになり、吞酸が続くようであれば、逆流性食道炎と呼ばれる胃酸が逆流して食道が炎症を起こしてしまう病気の可能性があります。

吞酸は口まで達した、胃酸ですが、胸の部分で止まれば胸やけの原因にもなります。

胃酸は強力な酸性の液体であり人体すらも溶かしてしまうほどです。

胃酸が逆流し過ぎると食道が溶かされて大変なことになるかもしれませんよ。

☆胃酸は強力な酸性の液体!

胃酸とは胃液に含まれる塩酸のことで殺菌作用とタンパク質を分解するのを助けてくれる働きがあり、胃液に含まれるタンパク質分解酵素は酸性が高いと活性化するのでタンパク質の分解を高めるためにも胃酸は重要な物質になります。

胃酸は人体を溶かしてしまうほど強力な酸性ですが、胃が解けないのは胃の表面を粘膜でコーティングしながら、胃壁に当たる胃酸を重層で中和しているためです。

また、ある程度、胃が溶かされても細胞が増殖して修復するようになっているの胃が溶ける心配はいりません。

しかし、ピロリ菌やストレスが原因で粘膜などが減少すると細胞の再生よりも細胞の消化が上回り胃潰瘍を発生させることになります。

胃酸で溶かされないようにする機能は胃にしかないため、胃以外のところ胃液がながれれば、胃液によって炎症をおこしてしまいます。

胃酸は以外のところには漏れ出してはいけないのです。

スポンサーリンク

☆逆流性食道炎とは何なのか?

逆流性食道炎は胃液が胃から食道に漏れ出てしまい、食道に炎症が起きる病気のことで胃食道逆流症の1種になります。

時々、胃酸が上がってくることは普通の人でもおきることはあり、その程度で食道が炎症をおこすことはありませんが、何度も胃液が食道に流れることによって炎症をおこすようになります。

逆流性食道炎の症状としてもっとも多い症状は、胸やけになります。胸やけは胃液が食道に流れ込んで、食道が炎症をおこしている証拠になります。

また、胸やけほどつらくなくても胸部の違和感や不快感を覚えることもあり、違和感がある時は食道炎を疑い様子を見てみましょう。

胃酸が逆流しやすい時は食事中や食後に横になった時、体を前かがみしたときなどの逆流することがあります。

また、逆流性食道炎の人は良くゲップをしてしまうこともあり、食後にゲップが多いのは良くないです。

もし、逆流性食道炎の症状がある時は一度病院に行って食道を見てもらったほうがいいでしょう。

診察してもらう病院は消化器科や内科になります。放置すると食道がんになる可能性が高まりますので、できるだけ放置はしないようにしましょう。

☆逆流性食道炎を予防するためには

○食べ過ぎに注意しましょう。

食べ過ぎると多く消化をするために胃から大量の胃液がでてくることになります。また、胃が膨れているので、胃の入り口にある墳門(ふんもん)と呼ばれる内容物が逆流しないようにしている部分が緩くなり、食道に胃液などの内容物逆流しやすくなります。

そのため、食べ過ぎや飲みすぎなどをする人は逆流性食道炎になりやすいといわれています。満腹まで食べるのは体にとってあまり良いことではありません。

逆流性食道炎を予防するためには、腹八分目でやめることをおすすめします。

○ストレスは胃酸の量を増やします

ストレスがかかると胃酸の量が増えてしまうといわれており、逆流性食道炎の原因になります。

また、胃酸の量が増えると逆流性食道炎だけでなく、胃潰瘍の原因にもなり、胃がんの発生リスクを向上させます。

ストレスは、いろいろな病気の原因となっていますが、ストレスだけで病気になることは少なく複合的な要因もありますので、ストレスが治せない場合は複合的な要因を治すことに集中した方がいいでしょう。

○喫煙・飲酒・老化

喫煙や飲酒をすることも逆流性食道炎の原因になっており、年を取り老化するほど逆流性食道炎になりやすいです。

しかし、老化現象も生活習慣や喫煙・飲酒が原因で早まっていることも多く、生活習慣が良い人は年をとっても元気な体で生活している人が多くいます。

また、食後にすぐ寝たりするのは逆流性食道炎の原因になりますので、食後すぐに寝るのは控えましょう。

逆流性食道炎は、胃がんや食道がんの原因になりますので、しっかりと予防するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク