40歳を過ぎてからの肩の痛みに注意!?肩が痛いと思ったら老化が原因の五十肩かも?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五十肩
年を取るといろいろなところに痛みが出てきますが、肩に痛みが出ることがあります。

40代以降に多く加齢ともに起こる肩の痛みを五十肩といい、正式には肩関節周囲炎といいます。

また、他の呼び方で、四十肩という呼び名がありますが、五十肩と同じ病気であり名前の由来は年齢からきています。

40代なら四十肩、50代なら五十肩と使い分けられる傾向にありますが、40代が五十肩といっても問題ありません。

ちなみ、三十肩や六十肩という言葉はないので、年齢が違っても五十肩というようにした方がいいでしょう。

☆五十肩は老化が原因でおきる?

五十肩は、40代以降の人に起きやすい肩の周囲の炎症になりますが、脱臼や野球肩、腱板損傷などの原因がわかっている肩の痛みは五十肩の中には含まれず、五十肩はレントゲンなどで見ても原因がわからない肩の炎症のことをいいます。

原因は関節や腱が老化ともに硬くなって炎症をおこしていると考えてられており、動かすたびに肩に痛みが出ます。

また、関節を動かすたびに痛みが出るだけでなく、稼働域が小さくなるため大きく肩を上げることが難しくなり、生活にも支障をきたす場合があります。

原因が良くわかっていないので、軽く痛みが出てそのまま治るのか、重症になるのかは予想できません。

五十肩は基本的に、両方の肩がなるといわれており、両方同時になる場合と片方が五十肩になった後に遅れてもう片方が五十肩になることが多いといわれています。

片方だけ五十肩になるがもう方は五十肩にならない人は珍しいと考えられます。

片方に痛みがある時はもう片方もなると覚悟を決めておいたほうがいいかもしれません。

☆五十肩の予防方法

五十肩の原因は、今のところ解明がされていませんので、何をしたら五十肩になるのかはわかりません。

しかし、五十肩になりやすい人の特徴はわかっており、事務職や営業職などの肩をあまりにも動かさない人が五十肩になりやすいといわれています。

肩をある程度使う人は五十肩になりにくいといわれており、五十肩にならないためにもある程度は肩を動かしておくことが大切だと考えられています。

つまり、日常的に肩を上げたり伸ばしたりすると五十肩になりにくいと考えられ、五十肩を予防するためには、日ごろから肩周りのストレッチをすることや肩を使うスポーツを趣味すると良いでしょう。

しかし、肩はあまり使いすぎると五十肩が原因ではない痛みがでてしまうこともありますので、長時間の肩の酷使には注意が必要になります。

適度に肩を動かして五十肩を予防するようにしましょう。

☆もうすでに五十肩になってしまったら・・。

五十肩になる前に肩を動かして、五十肩を予防しておきたいところですが、五十肩を調べる人はすでにもう五十肩になっているという人も多いのではないでしょうか?

私も五十肩にならないと五十肩のことなんて調べないとおもいます。

五十肩の初期症状は、肩に鈍痛が出て徐々に痛みがまし、肩の可動域が狭くなりピークを迎えますが、ピークを迎えたら回復に向かっていくとされており、ある程度の期間を過ぎると痛みも治まることが多いです。

しかし、治療法を誤れば回復が遅れたり、慢性的に痛みを感じるようになったりすることがあります。

五十肩になった時はストレッチなどをして肩をほぐそうとしてしまいますが、痛いのに無理に肩をほぐすのはあまりお勧めできず、五十肩の症状が出てきた時は肩をあたためて安静にすることが大切です。

だから、五十肩になったのに無理をして肩を動かすと逆効果かもしれないので、無理に肩を動かしてほぐす行為はやめましょう。

五十肩は、ピークまで達したら肩の痛みが少し取れてくるので、痛みが和らいできたら簡単なストレッチを初めて肩の稼働域を元に戻すようにしましょう。

五十肩の治療には時間がかかりますが、改善していくものなので気長に改善を待つしかないのです。

五十肩が治るまでに3年程度かかることもあります。

他の肩の病気の可能性もありますし、早く治したいと考えるのなら一度、形成外科に行ったほうが良いでしょう。

五十肩でなければ、いつまでたっても肩の痛みが治らないこともありますので、やはり病院を受診した方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク