日本人の半分が顎関節症?!顎関節症が悪化しないように顎関節症の原因を知りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顎関節症
私は食事をするときに、良く左側で噛んでしまいますが、これはあまり良くないことといわれています。

片側のみを使って噛むということは片側の筋肉を良く使うので、片側のみ筋肉が肥大して顔のバランスが崩れたりします。

また、片側だけ筋肉が肥大するだけならまだ良いのですが、噛んでいる方の顎に負担がかかりすぎて大変なことになることもあります。

口を開けたり閉めたりするときに、顎に不快感や変な音がなることはないでしょうか?

顎を開ける時に顎に違和感や痛み、音などが出るのは顎関節症の疑いがあります。

顎関節症の患者は非常に多いといわれおり、色々な理由で顎関節症になりますが、片側のみを使って食事をすることも顎関節症の原因となります。

もしかしたら、あなたも顎関節症かもしれませんよ。

☆顎関節症とはどんな病気?

顎関節症の症状は人によって違い、軽度の物であれば生活に支障をきたすことはほとんどなく、大きく口を開けないようにして生活することで、顎の痛みや不快感はなく生活がすることができます。

顎関節症の一般的な症状としては、顎を開くときに音がする、口が開きにくい、顎が痛いと3つの症状が主な症状になります。

これらの症状があり、他に疾患が無い時は顎関節症になります。

顎関節症の患者数は一説には人口の2人に1人ともいわれており大抵の人が顎になんらかの症状があると思って良いのかもしれません。

また、顎関節症と通院する人は20代から30代の女性に多いので、20代から30代の女性は顎関節症が深刻になりやすい可能性があります。

患者数は多いのですが、そのわりに病院に通院していない人が非常に多いことがわかっています。

☆軽度は病院に行かなくても良い?

顎関節症の患者数が2人に1人もいるといわれているのに、「私は顎関節症です」と言っている人をあまり見かけることはありません。

これは顎関節症という病気が軽度であればほとんど生活に支障をきたすことが無い病気であるためで、病院に行く人は顎関節症が酷く口が多く開かない人や痛みを感じるなどの中度以上の人が受診するためになります。

軽度の顎関節症の人が気にしないので治療をしていないこともありますが、顎関節症の根本的な治療方法は今のところ確立されておらず、顎関節症の患者の顎が病院に行くと改善はしても完全にならないことも多いです。

中度や重度の顎関節症の患者を軽度の患者のように生活に支障がない程度に治すことが一般的で顎に何の異常もない人のようにするのは難しいです。

軽度の患者の場合はすでに生活に支障がない程度のことも多く最大まで開けるとクッリク音と呼ばれる、カクンという音がするだけであったりするため、医師もマウスピースやマッサージをするぐらいしかできない場合も多いです。

また、軽度であれば自然にいつの間にか治ることも多く、病院に行かない顎関節症患者はそれほど問題がない患者ということになります。

生活に支障がないのであれば顎関節症は一次保留にすると良いでしょう。

☆顎関節症になる原因を知りましょう。

軽度の顎関節症であれば、治療せずとも治る場合もあります。顎関節症は頬杖や片側ばかりでモノと噛む、柔らかいものしか食べないなどの原因があります。

顎関節症の原因となる行動を止めることで顎関節症が改善に向かったり、進行を阻止することができます。

顎関節症の原因をそのままにしておくと、生活に支障のない程度の顎関節症がいつの間にか顎があまり開かなくなることあります。

また、軽度の顎関節症の場合は顎を無理に開いて負担をかけないようにしましょう。

気になるかもしれませんが、顎を開け閉めしていると顎関節症ひどくなることもあります。

顎関節症は進行してしまった場合や顎関節症で悩みがある場合は病院に行ってもいいでしょう。

☆生活に支障があるなら病院に行きましょう

顎が開かない、痛いなどの問題がある場合は病院に行くことをおすすめします。

病院は歯科、口腔外科が行くことが一般的です。

治療方法は、いろいろとあり場合によっては歯並びを変えられることもありますので、気に入らない治療方法であればほかの病院行くのもありです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク