ビール腹にご用心!お酒はなぜ太るのか?太らないためや健康のためにもお酒の飲み方を考えよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビール腹
仕事が終わって家に帰り、疲れたときにこそ、キンキンに冷えた、ビールを飲むのが最高という人が多いイメージが私にはありますが、これはテレビの影響なのでしょうか?

家に帰ってすぐに飲まなくても1日1本はビールを飲むという人は多いことでしょう。

ビールを飲む人のお腹がでているところから、ビール腹という言葉ありますが、お酒を飲むとなぜ太るのでしょうか?

お酒の飲みすぎに注意した方がいいかもしれませんよ!

☆お酒はカロリーがあり、つまみにもカロリーがある!

私たちはすでに食事で、1日に必要なカロリーを摂っていますので、お酒のカロリーは余分であり、脂肪として蓄積されて当たり前です。

また、お酒を飲む時は、おつまみをつまみながら、食べる人が多くこれも余分なカロリー摂取の原因となっています。

お酒を飲んだら太るのはお酒を飲む分だけ、カロリーを余分に摂取しているというところが原因だと考えられ、太らないためにはその分食事を減らすか、運動するしかありません。

また、アルコールを分解するときに血中の糖分が消費されるので血糖値が下がり脳が勘違いをおこし空腹感がでてくるようになります。

そのため、ご飯を食べたのに〆にラーメンを食べるなんてことも起きるのです。

お酒を飲むことは余分のカロリーを摂ってしまう原因になりますので、お酒はできる限り飲まないほうがよいと考えられます。

☆お酒は脂肪の分解を抑制する。

時々、お酒はエンプティカロリー(すぐ消費されるらしい)だから太らない、おつまみに原因があるんだよという話を聞いたりします。

また、顔が赤くなって体も熱くなっていることから体でカロリーが消費されている証拠だよ。なんて話している人がいると私は大丈夫かなと思ってしまいます。

確かに、お酒を飲むと体が熱くなりますし糖分も代謝されますが、それだけ肝臓に負担をかけており肝臓の機能が弱るという特徴をもっています。

アルコールで発熱して糖分を消費しているとしてもアルコールの分解のために肝臓が働き他の機能が衰えて肝臓の脂肪の代謝が減少します。

結果、脂肪が燃焼されずビール腹になりますし、アルコール性脂肪肝が発生します。

通常の人でも食べ過ぎると脂肪肝が発生することはありますが、アルコール性の脂肪肝の発生は普通の脂肪肝とは違いものです。

おつまみでも太りますが、お酒をただ飲むだけでも体に脂肪がたまると考えて良いでしょう

特に気を付けてほしい肝臓は肝硬変になるまで症状が出ないと言われており見つけた時には大変になっているかもしれませんよ。

☆お酒との付き合い方

○お腹がすくのは勘違い?!

お酒を飲む時は、おつまみが無いとやっていけませんので、おつまみを無くすというのは難しいでしょう。

そこで、軽いおつまみを食べるのはいいですが、食事のようなおつまみや〆はやめておくことをおすすめします。

お腹がすいているのは血糖値が少なくなって、栄養が足りていないと脳が勘違いしているだけで体の中にはたっぷりと脂肪があり、栄養もあります。

そのため、お腹がすいてもお酒が抜けるまで我慢すれば空腹だったのが不思議と平常時に戻ります。

また、一度我慢して辛い思いをすればお腹がすくまで飲むのはやめようと思うかもしれません。

それでも、我慢ができないと感じたら、みかんでも食べましょう。果物はラーメンよりも糖分の吸収力が高いので、血糖値の上昇を助けてくれまし、ビタミンCがアルコールの分解を早めてくれると言われており、空腹をすくってくれます。

○飲み方にルールを決めましょう

お酒を飲む時はお酒を飲む前にルールを決めておきましょう。

ルールを決めないで飲むとお酒やおつまみを食べ過ぎてしまいます。お酒の量やおつまみの量を前もって決めてから飲み始めましょう。

また、前もって用意したものだけで楽しむと決めておき、それ以上は冷蔵庫から出さないなどを決めておくと、あるものだけでお酒を楽しもうと努力できるはずです。

お酒は自由に飲むとどうしても飲みすぎてしまうものです。

お酒をあまり飲まないようにルールをしっかりと決めておきましょう!

最終的には、お酒を飲まないのが一番効率が良いですが、お酒を飲む人にとっては難しい話なので、できる限り減らすようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク