手の健康維持のためにはハンドクリーム!?ハンドクリームの効果はいかに?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンドクリーム
水仕事を多くしたり、冬の乾燥する時期は手から水分が失われて乾燥しやすくなります。手を乾燥した状態で放置をするとガサガサになり、あかぎれやひび割れなどが発生しやすくなり、手の健康が損なわれてしまうことがあります。

手の健康を守るために開発されたクリームがハンドクリームであり、手が乾燥したときに多く人がハンドクリームを使用しているのではないでしょうか?

☆なぜ、ハンドクリームは手専用なのか?

ハンドクリームは手専用に作られているクリームであり、基本的には手以外に使うことはありません。

手専用のクリームを使用する理由は、手がほかの体の部位と違う状況にさらされることが多いことが理由にあげられます。

手は寒い時は手袋をしますが、それ以外の時は基本的に外気に触れた状態で過ごすことになり、外気に触れて乾燥することや食事前とトイレの後には手を洗いますので、水に触れる機会も一番多いため、手が最もあれます。

また、体の中で良く使う部位ですので、クリームを塗っても不快にならないように手専用のクリームが開発されています。

手になじむように開発されてはいますが、体に害がある訳ではありませんので、基本的にはどこに塗っても問題はなく、足の裏などに塗る人も多くいます。

基本的は場所にあったクリームを塗るのが一番ですが、人によって手以外の場所と相性が良いこともあります。

☆ハンドクリームの効果は?

○保湿効果の油分

ハンドクリームに含まれる油分の効果は外気や水が直接、皮膚に触れないようにする効果があります。

ハンドクリームに含まれている油脂が皮膚の上をコーティングすることによって水分の蒸発を防ぎ手のうるおいを保ちます。

特にハンドクリームは油分が多く、保湿効果は顔に塗るクリームよりも高いと言われています。

○尿素の効果

ハンドクリームの中には尿素が含まれるものが多くありますが、この尿素が手にいいから入っているのはわかると思いますが、何のために入っているかきちんと理解している人は少ないのではないでしょうか?

尿素は手の保湿のためと硬くなった角質の除去のために入っている成分になり、手を保湿しながら、ガサガサになった手の平の角質を除去してすべすべにしてくれます。

手の平の角質を取ってくれる尿素ですが、手の平の角質があまりない人に対しての効果は薄いと考えられますので、角質ではなく乾燥が気になる人は尿素配合よりも保湿力が高いものを選んだ方が効果があるでしょう。

→ 尿に含まれる尿素には、肌のガサガサを乗り除き綺麗な肌にしてくれる効果があった!

○ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸配合のハンドクリームがありますが、ヒアルロン酸は水分の保持力に優れている成分になり、ヒアルロン酸配合のハンドクリームを塗ると肌の上に水分のコーティングが出てその上に油分のコーティングができるので、水分の蒸発を防ぐ効果が上がるといわれています。

手の水分が足りないと特に感じる人はヒアルロン酸が配合しているあるものを選ぶといいかもしれませんね。

自分に合った効果の物を選ぶことが大切ですので、購入前に成分を確認しておきましょう。

☆ハンドクリームの注意点

○ハンドクリームにも相性があります。

ハンドクリームはすべて同じに見えるかもしれませんが、一つ一つ成分に違いあり効果にも違います。

水仕事に強い物やべたつきの少ない物、角質を除去する効果のある物などがあります。

人からおすすめされたものが必ず、自分の手に合うというわけではないので評判のみで購入するのは控えて、成分と効果・効能をじっくり見て購入するようにしましょう。

また、あまり効果を感じられない場合は違う物に変えてみると意外に効果が出たりします。

○改善されなければ、医師に相談しよう

ハンドクリームは保湿効果がありますが、あかぎれやひびわれを治療する効果はないものが多いです。

ハンドクリームによって治らない肌のトラブルは皮膚科に行った方が良いでしょう。

毎年のように同じ症状が出る場合は医師に相談して治療してもらう方が安く済むこともありますので、ひどい肌のトラブルの場合は病院で治すようにしましょう。

また、ハンドクリームを購入する時は薬剤師のいるドラッグストアできちんと意見を聞いて購入する方が自分に合ったものを選ぶことができます。

ハンドクリームの効果をきちんと把握して自分に合ったハンドクリームを購入しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク