甘くて美味しいイチゴはビタミンCが豊富で健康に良い!さらにカロリーも少ないのでダイエットにもいいかも?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イチゴ
日本で一番人気が高い果物は赤くても甘くておいしいイチゴだと言われています。

そんな、一番人気の果物のイチゴですが、木に実がなるわけではないので野菜と言われることもありますが、一般的に果物に分類されていますから、果物で構いません。

さらにもう一ついうと、イチゴの赤色の部分は果実ではなく肥大して赤色になった茎になります。

イチゴの果実はイチゴの周りについている良く種と言われている部分になります。

そのほかにも、梨やりんご、イチジクなども果実を食べているわけではないため、果物でも果実でないものはある程度あります。

そんな、ちょっと変わった、果物のイチゴは健康に良い果物と言われています。

☆イチゴはなぜ健康に良いと言われるのか?

○ビタミンCが豊富

ビタミンCと言えばだれもが知っているビタミンですが、イチゴには100gあたりに60mgほどのビタミンCが含まれており、1日の推奨摂取量が100mgなので多く含まれていることがわかります。

ちなみに、大きさによりますが5個で大体40mgのビタミンCが含まれていると考えて食べると良いでしょう。

イチゴだけで推奨摂取量のすべて摂るのは難しいと思いますがイチゴを食べると半分ぐらいはとれるのではないでしょうか?

ビタミンCは抗酸化作用があり、病気を予防しコラーゲンの生成を助ける力があるため人間の体にとって重要な成分になります。不足すると壊血病と呼ばれる病気になることがあり、出血、貧血、老化などが起こります。

ビタミンCは、過剰摂取しても尿に混ぜて体外に排出されるため、症状過剰しても問題が起きることはあまりありませんが、サプリメントやビタミンCが豊富に入っている物ばかり食べると下痢を起こすことがあります。

下痢を起こしてもそれほど問題ではないのですが、下痢を起こす人は推奨摂取量の10倍以上のビタミンCを摂っているので、少し控えたほうがいいでしょう。

ビタミンCは多めにとった方が健康に良いと言われることもあるので、下痢にならない程度であれば多めにとってもらっても良いビタミンです。

ビタミンCをしっかりとるようにしましょう。

○キシリトール配合の果実

キシリトール配合と言われたら、私はガムを思い出してしまいますがイチゴにはキシリトール豊富に含まれています。

キシリトールは天然の甘味料でカロリーは糖分よりも少なく吸収が緩やかで虫歯を予防する効果があります。

しかし、イチゴには糖分が含まれているので歯磨きをしないと虫歯になります。イチゴを食べてしっかりと歯磨きをすることで虫歯予防の効果を発揮するようになります。

キシリトールは虫歯予防には効果的ですが、虫歯になった歯を治す効果はありませんので、虫歯になったら歯医者に行きましょう。

○水分量が多くカロリーが少ない

甘くておいしいイチゴはカロリーが高いように見えますが、カロリーはそんなに高くありません。

イチゴのカロリーは100gで34kcalと言われており、果物中ではかなり低い部類になり少々多めに食べても大丈夫です。

これはイチゴは、90%が水分で栄養素が10%しか含まれていないことが理由の一つです。

そして、イチゴには、キシリトールが入っているので甘いのにカロリーカロリーが低いということになります。

だから、イチゴはダイエットにも良い食材だということですね。

肥満で健康のことを考えて、痩せないとと思っている方はイチゴはいかがですか?!

☆練乳はかけないほうがいいですよ。

イチゴは普通でもおいしいのですが練乳をかけるとより甘くなっておいしいです。

しかし、練乳は100gあたり300kcalを超えるので、カロリーが少なかったイチゴのカロリーが急激に上がります。

イチゴ食べる時に練乳をかけてしまう人が多いですが、できるだけかけないようにしましょう。

私の場合はどうしても練乳がかけたくなった時は、最後の一つだけ練乳をかけて食べます。

おいしいので練乳は絶対にかけるなとは言いませんが、練乳は糖分の塊ですので少なめを心がけましょう。

カロリーが少なくて甘くておいしいイチゴをおやつにたべて健康になりましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク