最近お菓子に使われることが多い抹茶は健康に良い飲みものだった?抹茶の健康効果!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抹茶
日本人がよく飲む飲み物と言われたらお茶ではないでしょうか?

そんなお茶の中でもお菓子と相性が良いお茶と言われたら抹茶だと私は思っています。

抹茶は和菓子と一緒に飲んだり、お菓子に混ぜて抹茶味にするぐらいですからかなりの相性がいいのだと私は思います。

抹茶と緑茶は分けられることが良くあるが、抹茶は緑茶の一種であり、良く緑茶と言われているのは煎茶になります。

緑茶の範囲は以外に広く、日本茶と言われているものの大半が緑茶になります。

お菓子と相性の良い食品の抹茶は健康に良いことを知っていますか?

☆抹茶の健康効果

○粉末だから吸収率が高い

抹茶以外のお茶の多くは茶葉を揉んだり、発酵させたり、乾燥させたりすることはあるが粉末することはあまりなく、お湯を注いで抽出したものを飲むことが多く、残った茶葉は捨てることにあります。

抽出した液体なので、お茶に残った栄養素は取れることはなく水にとけやすい栄養素のみを摂取することになります。

また、残った茶葉を再利用して食べるにしても、植物には細胞壁があり粉砕して壊さないと吸収率が低下するので抹茶ほど効率良く栄養素を吸収することはできません。

抹茶は栄養素の吸収がはやいのでお茶の健康成分が欲しいなら、抹茶を飲むと良いでしょう。

○眠気の防止と集中力を上げる

抹茶に含まれるカフェインは眠気を防止する効果と集中力を上げる効果がありますので、眠たい時や集中力が切れそうなときに飲むと良いでしょう。

また、脂肪燃焼効果もあると言われており、運動前に抹茶を飲んで走るとよりダイエット効果が期待できます。

しかし、カフェインには副作用もあり、不眠やめまいなどの症状が出ることがあります。

さらに、利尿作用があるのでトイレが近い人や不眠症で悩んでいる人は抹茶の飲み過ぎに注意しましょう。

○カリウムが豊富

必須ミネラルの一つのカリウムは抹茶に多く含まれています。緑茶の多くはカリウムを多く含んでいますが、抹茶は粉末を入れて飲むため、茶葉に含まれているカリウムをすべて摂ることができます。

カリウムは体内のナトリウムのバランスを調節して高血圧の予防になるミネラルです。

高血圧気味の人は、抹茶を飲んでおくと良いでしょう。

○ポリフェノール

抹茶には、タンニンやカテキンなどのポリフェノールが含まれており、血圧の上昇を抑える、抗酸化作用、抗菌作用、整腸作用、抗アレルギー作用などいろいろな物あり、抹茶を摂ると生活習慣病の予防になり健康になれると言われています。

ちなみに、カテキンが酸素を取り入れて他のカテキンと結合することによってタンニンができるので、カテキンがあるからタンニンがあると言っても良い。

このように、いろいろな利点がある抹茶だが、ちょっと欠点もあります。

☆抹茶の欠点

○飲むのが意外と大変

茶道をしている人ならば、抹茶を日常的に飲むこともあるかもしれませんが普通の人は抹茶を日常的に飲むことはあまりないでしょう。

また、ボトルで抹茶を売っていることがほぼないので集中力を出すために抹茶を飲もうとしても抹茶が手元にないことは非常に多いです。

さらに、抹茶が含まれているものの多くはお菓子などのカロリーが高い物になるので、そんなに何度も食べることができないのではないでしょうか。

抹茶を摂取するのは意外と大変なことなのかもしれません。

○カフェインに効果がないかも?

カリウムやミネラル、ビタミン、ポリフェノールの効果は変わらないのですが、問題はカフェインになります。

カフェインは眠気覚まし、覚醒作用、集中力の増加などの作用があると言われているが、これはあまり飲まない人ほど効果があるので、毎日飲むと効果が消失するようになります。

日本人は日常的に、コーヒーや緑茶などのカフェインの多い物を飲んでいるので、カファインの耐性が強くカフェインを飲んでも効果がない人が非常に多いと言われており、抹茶を飲んでも効果でない可能性があります。

カフェインの効果はあまり期待しない方がいいかもしれません。

抹茶は健康に良い飲み物ではありますので、時々は抹茶を飲むと良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク