うつ病患者が増加傾向!だから誰もが処方される可能性のある「抗うつ薬」を学んでみてはいかが?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗うつ薬
日本では、近年うつ病の患者数が増えてきており、それに伴い抗うつ薬の処方数も増えています。

また、抗うつ薬はうつ病の薬として知られていますが、うつ病以外の不安障害や強迫性障害、適応障害も処方されることがあります。

抗うつ薬は、今では誰が飲んでもおかしくない薬ですので、抗うつ薬についてしっかりとした知識をつけておくことが大切ではないでしょうか?

スポンサーリンク

☆抗うつ薬とは何なのか?

抗うつ薬はうつ症状を改善してくれる精神の薬の総称で数十種類以上もあり、精神病になれば一般的に医師が選んだ1種類に胃腸薬や睡眠薬などの患者の症状に合わせた薬と一緒に飲むことになります。

うつ病などの精神病の多くは、ストレスがかかることによって脳内のホルモンバラスが崩れて精神的な異常をきたした状態になります。

ストレスを感じて落ち込んだりすることは誰にでもあることですが、何度もストレスにさらされることによって、セロトニンなどの精神を安定させるホルモンが出なくなり、うつ状態になった時に飲まれる薬になります。

抗うつ薬は、ホルモンの排出を助ける働きがあるので、気分が安定してうつ症状や不安症状が改善されるようになります。

抗うつ薬を飲み始めてから効果が表れるまでには1週間以上かかることが多く、効くまでには時間がかかります。

☆抗うつ薬の副作用

抗うつ薬は、うつ病に対して効果がある薬ですが、精神に効く薬であるため精神的な副作用を起こす可能性が十分ある薬になります。

精神を安定させる薬である反面、副作用で精神が不安定になることがあり、うつ病から急激な興奮状態や自殺願望、不安症状がでることもあります。

また、頭痛や吐き気、めまい、食欲減少・増加などのさまざまな症状がでます。

これらの症状は薬の効果が出る前に起きることが多く、飲み始めてからある程度たつと症状の回復がみられるようになりますので、最初は特に気を付けた方が良いのです。

精神に与える効果が大きい薬なのでこのような副作用がでますが、飲み続ければ症状は改善に向かうこともあるので副作用がある場合は医師に相談をしながら飲み続けることが大切になります。

ちなみに私も抗うつ薬を飲んだことがありますが、1週間ぐらいイライラしたあと精神的に安定し、不安が取り除かれたあと、食欲増進されすぎて2,3カ月で体重が10kgも太ってしまいました。

抗うつ薬には多少の副作用があるので、注意をしていただきたいです。

○抗うつ薬の種類が多い

抗うつ薬の数は数十種類以上あり、効果や副作用などは一つ一つ違います。

同じ抗うつ薬なので、効果は非常に似ていますが持続時間や副作用に少しずつ違いがあります。いくら専門医といっても多くの薬から、患者にもっともあった薬を選ぶのは非常に難しいことで、合わなければ強い副作用を示す場合もあります。

また、副作用などの症状がでてくるためすぐに変えようと思っても一度飲み始めた薬をすぐに変えることは危険で、急に変えると精神的に不安定になる可能性があり、徐々に変えていくしかありません。

抗うつ薬を飲み、なにか気になる症状がある場合はすぐに医師に相談すべきです。

最近は特に安全面を考慮して抗うつ薬が処方されますが、抗うつ薬を飲む場合は危険性もあることを頭の片隅に入れておくと良いでしょう。

また、家族が抗うつ薬を飲み始めた時は1~2週間はしっかりと様子を見ておきましょう。

☆医者も薬の一つです

うつ病などになった時は、精神的に不安定な状態なため、コミュニケーションをとるのはとても難しく、うまくコミュニケーションをとって治療するためには医師との相性も大事と言われています。

しっかりと相談することでストレスなどが解消され精神的に落ち着くこともあります。

一度行って合わなそうだから医師を変えるのはあまり良くありませんが、1か月ほど通いどうしても医師と会話ができる雰囲気に慣れない場合やこれから信頼関係が築くことが難しそうな場合、施設の雰囲気が合わずス

トレスを感じる場合などは、変えることを決断することをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク