お肉の食べすぎが下痢の原因!?腸内環境、腸内フローラを良くすると病気の予防ができる?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腸内フローラ
私たちの腸内の表面積はテニスコート並みの大きさであり、表面積を広くして栄養の吸収率を上げています。

そんな、大きな腸内には100種類以上の細菌がいて、100兆以上の細菌が生息しています。この数は私たち人間の細胞数よりも多く、うじゃうじゃと腸内細菌がいることになります。

そんな腸内細菌がうじゃうじゃいる状態のことを町内フローラというのです。

☆腸内フローラ

○腸内フローラの状態

腸内に住んでいる細菌はコロニーと呼ばれる小さな集団を形成しています。

この腸内細菌で作られるコロニーは善玉菌、悪玉菌、日和見菌によって構成されています。

この、コロニーがお花畑(フローラ)のように見えることから腸内フローラといいます。

腸内細菌は、私の食事の消化を助けてくれる働きがあり、善玉菌のコロニーが増えるほど腸内の環境が良くなります。

逆に悪玉菌のコロニーが増えると腸内環境が悪化して、下痢や消化不良を起こすようになることがわかっています。

だから、腸内を善玉菌と日和見菌の多いお花畑になるようにすればいいのです。

○腸内フローラと病気

腸内フローラの状況と病気は密接な関係があると言われており、腸内環境の悪化で病気が起きていることもあります。

腸内環境が悪化することで起きる病気として有名なところでは下痢症があります。

腸内細菌が活動することによって、消化吸収を助けてくれていますが、善玉菌の量が少なくなると腸内細菌がきちんと活動してくれなくなり、下痢症になることがあります。

下痢便が多いのは善玉菌の減少が原因かもしれません。

また、腸内細菌は、がんやアレルギー症状、認知症などにも関係があると言われており、腸内環境が悪化するといろいろな病気になりやすくなり、寿命を縮める可能性もあると言われています。

食事などに気を使い腸内環境を良くすることが、健康的に生きるために大切なのです。

○便の主成分は腸内細菌

便の主成分は腸内細菌の死骸なのです。

便の80%は、水分で構成されていますが、水分を抜いた便の半分は腸内細菌で構成されていると言われています。

便の中に腸内細菌が多いのは、それだけ私たちの体の中で活発に働いてくれている証拠でもあり、毎日のように腸内細菌が入れ替わっていることにもなります。

腸内細菌は毎日死滅して、毎日生まれますので入れ替わりが激しく、食事などを変えれば1週間で腸内環境、腸内フローラの状態は改善に向かうと言われています。

☆腸内フローラを良くするためには?

腸内環境、腸内フローラの状態を変えるには最低でも1週間程度が必要になります。

しかし、もともと悪玉菌が多い人は善玉菌が少なく増えにくいので、改善に向かってはいますが効果が実感できるまでには、もっと時間がかかる場合もあります。

○発酵食品は善玉菌の餌

腸に良いと言われているヨーグルトの良いところは、乳酸菌が定着して腸内環境を良くしてくれるところではなく、死んだ菌が腸内の善玉菌の餌になるところにあります。

つまり、ヨーグルトの菌は死んでも体によく、納豆菌や酵母菌なども善玉菌の餌になり、腸内環境が良くなります。

もともと、腸内の善玉菌が少ない人は増やすのに時間がかかりますが、全くいないわけではありませんので、発酵食品を食べて、地道に善玉菌を増やしましょう。

○食物繊維は悪玉菌を便にする

食物繊維の多い食事は排便を促しますが、食物繊維は腸内の菌を吸着して排出してくれるため、腸内の悪玉菌を外に排出する働きがあります。

毎日、大便をすることが腸内環境を良くすることに繋がったりします。

食物繊維を食べて悪玉菌を外に出すようにしましょう。

○悪玉菌にお肉をあげない

悪玉菌の好物はお肉と言われており、お肉を食べすぎると悪玉菌の増殖を助けてしまいます。

お肉は絶対にいけないとは言いませんが、お肉を食べすぎると腸内に有害物質が発生し、肌荒れやニキビの原因になってしまいます。

お腹の調子が悪い人は、腸内環境を整えるためにも調子が良くなるまでお肉を食べるのは控えたほうが良いでしょう。

お肉好きが下痢の原因かもしれません。

腸内環境、腸内フローラの状態を良くしたい人は、しっかり発酵食品を食べてできるだけお肉を控えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク