排尿は我慢しない方がいい?!排尿を我慢しすぎると膀胱炎や最悪膀胱が破裂することも!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

排尿
誰でも一度ぐらいは排尿を我慢したことはあるでしょうが、排尿の我慢のし過ぎは体に悪いので注意しましょう。

排尿を我慢することで膀胱に負担をかけて体に悪いのです!!

☆排尿を我慢すると?!

水などを飲んでしまうと小便が近くなってしまうことは良くあります。

そういった時に小便を我慢するとどうなるか知っていますか?

○貯められる量は人それぞれ

尿をためられる量は人それぞれであり、年齢によっても違いがあります。

体が大きければ膀胱のサイズは大きくなりガチですが、体が小さくても膀胱のサイズが大きく1日2回で大丈夫な人もいると言われています。

そのため、排尿を我慢できる時間は人それぞれであり、我慢できる人とできない人がおりますが、通常なら2時間ぐらいは我慢できます。

水を飲んだり、お酒を飲んだりすると排尿間隔が短くなることがありますが、常に短い場合は過活動膀胱という病気の可能性が出てきます。

人間の膀胱の壁の厚さは1.5cmほどで尿が溜まるほど薄くなり、最大で厚さが5分の1程度になると言われています。

尿意を感じてから結構な時間我慢することができますが、膀胱の負担になります。

○排尿を我慢すると膀胱炎になる

尿を我慢すると膀胱炎になる可能性が上がると言われています。

排尿を我慢すると膀胱に細菌が侵入して細菌が増殖してしまうことがあります。

膀胱に侵入してきた細菌は尿によって体外に洗い流されますが、尿を我慢することによって、細菌が洗い流されずに残り膀胱炎になることがあると言われています。

膀胱炎の原因は尿を排出する頻度の長さに原因があるため、膀胱のサイズが大きくかなりの間、尿を排出しなくても良い人が膀胱炎になることがあります。

我慢しなくても長い間、尿が出ない人はコーヒーなどを飲んで尿を排出した方がいいかもしれません。

大体、3時間から4時間に一度排尿すると良いと言われています。

○トイレが我慢できなくなる

排尿を我慢すると、我慢強くなることがありますが限度があります。

尿を我慢し続けると膀胱が伸び切ってしまい、膀胱の感覚がにぶくなりちょっとしたことでも尿意を感じるようになったり、尿漏れをするようになってしまうこともあります。

排尿のベストタイミングはトイレに行きたいなと感じた時です。

ある程度の我慢はいいですが、あまり我慢をしすぎると膀胱の感覚が鈍りますので、尿意を感じたら、小便に行きましょう。

また、長時間の仕事がある場合は先にトイレに行っておくことをおすすめします。

○膀胱が破裂する?!(゜Д゜)

膀胱は無限に尿をためることができません。

ある程度まで我慢すると筋肉によって止めている尿道を無理やりこじ開けて、おもらしすることがあります。

これは、尿道を止める筋力が弱い子どもに多く起こります。

しかし、大人の男性になると筋力が強くかなりの尿でも耐えることができるようになります。

このときの膀胱の厚さはかなり薄くなっているため、外から刺激が加わると膀胱が耐えきれなくなって破裂することがあります。

一般に膀胱が破裂するときは、膀胱に尿が溜まっている時に外圧が加わって破裂します。

また、かなり尿道を閉める筋力が強い人になると外圧が加わらなくても尿だけで膀胱が破裂するときがあります。

破裂した膀胱から尿が体の内部にあふれ出して、緊急手術をすることになります。

破裂の危険性があるので、トイレの我慢し過ぎには注意しましょう。

○尿は我慢しないようにしましょう

尿意を感じたら早めにトイレに行くようにしましょう。漏らしてしまったり膀胱炎になったりする方が恥ずかしいので、トイレに行くときは人の目を気にしないようにしましょう。

尿が出ることは体が正常に動いている証拠です。

トイレに行きすぎるのも良くありませんが、トイレに行かなすぎるのは膀胱炎の原因や腎臓に問題がある場合もあります。

トイレを我慢して病気にならないようしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク