納豆で血液サラサラになる! 納豆を食べて健康になろう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

02701
納豆が嫌いという人は多いかもしれないが納豆はとても健康にいいのです。

納豆は納豆菌を用いて大豆を発酵させたものです。

納豆菌は稲の藁の中に普通に存在しているそうです。そのため、納豆の作り方は大豆を稲藁にいれることによって出来るのです。

納豆にはどういった効果があるのでしょうか?

納豆は疲れを取り除く効果があります。

納豆に含まれているビタミンB群のちからによって体の疲れを取り除きます。

目の疲労回復にも役立つといわれています。

疲れた後には納豆一杯いかかですか。

また、ビタミンBは皮膚や髪を作る成分であるため納豆を食べると健康的な皮膚と髪を作ることができます。

ビタミンBは摂り過ぎたとしても尿に含まれて体外に排出されるため、ビタミンBを摂り過ぎて危険ということはありません。

血液をサラサラにしてくれます。

納豆にはナットウキナーゼと呼ばれる成分が含まれています。

ナットウキナーゼには血液をサラサラにする成分があります。

血液がサラサラになると血栓を予防することができます。

血栓を予防するということは脳梗塞や心筋梗塞を予防できるということです。

血栓ができやすいのは、特に深夜から早朝にかけてといわれています。

血栓予防には夜に食べる方が良いかもしれません。

心臓病と脳卒中は日本の死因の2位と3位です。納豆を食べて予防しましょう。

そんな、脳梗塞や心筋梗塞を予防してくれる納豆ですが、納豆に含まれるビタミンKが心筋梗塞や脳梗塞を予防してくれる抗凝固剤のワルファリンを阻害してしまうため、ワルファリンを服用しているが納豆を食べると逆に効果なるという特徴をもっています。

血栓症を予防する効果があるのに、血栓症を予防する効果がある薬を邪魔してしまうようです。

ワルファリンを服用していなければ問題ないので、納豆を食べて健康になりましょう。

納豆菌が腸内環境を整えます。

納豆菌は腸内環境を整える作用があります。

腸内は大きく分けると悪玉菌、善玉菌、日和見菌と呼ばれる3種類に分けることができます。

納豆菌は善玉菌を多くする作用があります。

この作用は結構しっている人がいますね。

納豆は骨粗鬆症の予防になります。

納豆にはカルシウムが含まれるため骨粗鬆症の予防になります。

また、納豆に含まれるビタミンKが骨基質をつくために必要となるため、納豆は骨にとても必要な成分となっています。

骨粗鬆症が気になる人は納豆がおすすめです。

納豆には食物繊維が豊富に含まれています。

納豆には食物繊維が含まれているため便通がよくなります。

便秘を解消する力があるんですね。

納豆は食べ方によって効果が働かなくなることがあります。

納豆をいろいろな料理と混ぜるのは良いですが、加熱をすると血液をサラサラにする成分のナットウキナーゼが働かなくなります。

できる限り加熱をしないようにしましょう。

納豆は冷蔵庫の中より、常温の方が発酵します。このため、食べる少し前から外に出しておくことによって、発酵して、粘りやビタミンKが増します。

冷蔵庫から出してすぐ食べるのではなく少し待ってみませんか。

納豆はとても健康に良い食品です。納豆を食べて健康になりましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク