スムージーを飲んだら体の中から健康になれる!?スムージーは摂取しやくす吸収率も高く栄養価も高い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野菜スムージー
野菜は1日350g取らないといけないと言われており、日本人の多くの人は野菜不足であると言われています。

野菜はビタミンの補給やミネラル分の補給ために必要であり、野菜が不足すると体に不調がでることがあります。

また、今は健康だと思っていても、野菜不足によって生活習慣病になることもあり、野菜を積極的に取ることは大切なのです。

しかし、野菜をそのまま食べるのが苦手だという方もいると思います。

そんな方には野菜のスムージーがオススメですよ。

スポンサーリンク

☆スムージーの利点

○飲み物なので摂取しやすい

スムージーは、ミキサーによって野菜を粉砕するので飲み物になり、ごくごく飲むことができて簡単に摂取することができます。

野菜の取り方に悩んでいる人におすすめのドリンクになります。

また、私たちは炭水化物の取りすぎだと言われています。

炭水化物は糖の塊であり、ジュースなどには糖分が多く含まれているので、ジュースを飲むと余分な炭水化物の摂取になってしまいます。

飲み物は基本的に甘くなくて良く、水で良いと言われています。

水はおすすめですが、水が嫌いという人もいると思うので、野菜やフルーツをいれたスムージーがおすすめです。

フルーツをいれたスムージーは甘いですが、市販のジュースを飲むよりは良いのです。

そして、スムージーはビタミンなどの栄養素があり、食物繊維があるので糖分の吸収も緩やかになります。

○いろいろな野菜と一緒にとることができる

普通に野菜を調理して食べるのは面倒で、サラダに使う野菜はそれほど多くないと思います。

しかし、スムージーなら洗った野菜をそのまま、ミキサーに入れればいいだけなので、簡単です。

一つの野菜では栄養バランスが崩れやすくなりますので、いろいろな種類の野菜を食べることは大切です。

スムージーでいろいろな野菜を食べてみませんか?

○市販の野菜ジュースは栄養価が下がる?

現在では、健康についての注目が集まり、スーパーやコンビニエンスストアでも野菜ジュースが売られていますが、栄養価が低いことが多いとも言われています。

野菜ジュースの一部では濃縮還元(一度熱などを加えて水分を抜いたものに再度水分を加えたもの)を利用したものがあり、ビタミン類などの栄養素が減少してしまうことがあると言われています。

また、製造過程で衛生面を考えて菌を殺す工程もあり、その工程の中で野菜の栄養成分が損なわれてしまうこともあります。

ビタミンの中には熱に弱いものが存在しているため、仕方のないことですが、せっかくの栄養素が下がってしまうのは勿体ない気がします。

家で作るスムージーはそのままの野菜をミキサーにいれるので、栄養分が損なわれる工程はほとんどないと言って良く、栄養面を考えると市販のジュースよりおすすめです。

○サプリメントよりもスムージー

スムージーはサプリメントよりおすすめです。

サプリメントは一つの成分を凝縮されたものであり、それ以外の成分はほとんどありません。

サプリメントは飲み方を間違えれば、栄養バランスが崩れるリスクがあります。

スムージーは、一つの成分を凝縮しているのではなく、ビタミンやミネラルなど多くの成分が詰まっており、野菜不足にはサプリメントより、スムージーのほうがおすすめです。

○野菜を粉砕して吸収率を上げる

植物には細胞壁があり、この細胞壁は消化の邪魔をして栄養の吸収を妨げてしまいます。

そのため、野菜を食べる時はしっかり噛んで細胞壁を壊す必要性がありますが、スムージーはすでに、ミキサーによって細胞が壊されているので、普通に食べるより吸収力が上がっていると言われており、野菜の栄養素を効率良くとることができます。

野菜不足だと感じる人は、毎朝スムージーを飲むと良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク