小学生高学年から高校生までが発症するオスグッドを知っていますか?!膝の下の瘤が痛いオスグッドとは何なのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オスグッド
一般的に成長期に膝が痛くなるオスグッドと言われる病気は、正式にはオスグッド・シュラッター病と言います。

他にはオスグッド・シュラッター症候群とも言い、小学生高学年から高校生までに発症し、特に中学生の男子に発症が多い病気になります。

名前の由来は、発見した人から取ったもので、オスグッド医師とシュラッター医師が同時期に別々に発見したため、オスグッド・シュラッター病と呼ばれるようになりました。

このオスグッド・シュラッター病とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

☆オスグッドとは

○オスグッドの症状

オスグッドの症状は、膝の少し下に瘤ができてそこを押さえると痛みが生じます。

また、走る、飛ぶ、しゃがむなどの動作でも膝が痛むことがあります。

オスグッドは、片側のみ出ることも多く必ず両方の足にオスグッドがでるとは限りません。

○成長痛とオスグッド

オスグッドが発症する時期は大体、中学生の成長期になります。

そのため、成長痛の一つとして考えられることがありますが、成長痛とは違い運動をしたことによって発症するものであり、成長

する時期とオスグットの時期が重なっているだけなのです。

運動をあまりしない人は発症しないことので、成長痛ではないのです。

また、成長痛であれば時期がくれば徐々に治まりますが、オスグッドの場合は運動をしていれば治るどころか、徐々に痛みが増して、ひどくなることもあり、いつまでも痛みが引かない場合もあります。

○オスグッドの原因

オスグッドの原因は、成長期に繰り返しジャンプをするような膝に負担がかかるためです。

成長期に起こる理由は、骨の成長速度に筋肉の成長を速度が追い付かずに筋肉に骨が引っ張られており、元から膝下に圧力がかかっているためで、運動することによって圧力がさらにかかり耐えられなくなって瘤ができます。

オスグッドが多く発症するのは、バスケットボールやサッカー、野球などの膝をよく使うスポーツをしている人になりますが、どのスポーツでも膝に負担をかければ発症することがあります。

☆オスグッドと合併症

オスグッドは膝を使用して酷使するために起きる病気になるため、オスグッド以外にも膝に症状がでることが多くあります。

そのため、オスグッドと一緒に炎症が起きたり怪我をすることもあります。

また、オスグッドと一緒に膝の腱鞘炎を患うこともあり、これらの症状が出ている場合は安静にして休んだ方がいいでしょう。

成長期に膝が痛いのは、オスグッド以外の原因があるかもしれないのですね。

オスグッドの症状が深刻の場合は、膝に水が溜まることもあります。

膝に水がたまった場合は炎症をおきており、体に良くないので一度病院に受診して、診察してもらうようにしましょう。

☆オスグッドの治療

・放置してもよいのか?

オスグッドは、成長とともに回復して、治るというイメージが強いですが、絶対に治るというわけではなく、治る人もいれば治らない人もいます。

そのため、オスグッドを放置してそのまま運動を続けて、遺残性オスグッド・シュラッター病と呼ばれる大人になってもオスグッドが治らない場合もあります。

遺残性オスグッド・シュラッター病になると手術をしてオスグッドを治す必要性が出てきます。

オスグッドは放置せずに、オスグッドかもと思ったら病院を受診して治療したほうがいいと思います。

・オスグッドの治療

オスグッドの治療方法として最も効果的なのは休むことです。

オスグッドの原因は、激しい運動によって骨に損傷が起きることで、運動を休んでしまえば骨に圧力がかかることが無くなるので、オスグッドが改善されます。

しかし、学校の授業や部活動などを完全に休むことは難しく、休養によるオスグッドの治療はなかなか難しいものになります。

そのため、治療法として一般的なのは激しい運動を制限しつつ、薬によりオスグッドの炎症を抑えて、オスグッド用のサポーターをするのが一般的になります。

・病院は整形外科

オスグッドかなと思ったら、早め病院に行くのがおすすめです。

オスグッドは多くの人がなる病気であり、放置されがちですが炎症を抑える薬や適切な治療法があるので、整形外科に受診することをおすすめします。

また、膝が痛い場合は、オスグッド以外の病気あることもあるので一応病院でみてもらったほうが良いと言われていています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク