秋は肥満になる季節?!それとも痩せやすい季節?肥満は健康の大敵なので秋に太らないように気を付けて!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋は肥満の季節
秋は食欲の秋といいますから、食べ過ぎて太るというイメージもありますが、スポーツの秋とも呼ばれ、スポーツが盛んに行われるので、痩せる季節というイメージもあります。

秋は痩せやすいのでしょうか?それとも太りやすいのでしょうか?

健康のためにも秋の過ごし方を考えてみてはいかがでしょう。

☆太りやすい秋のわけ?!

〇食べ物を食べすぎてしまう

秋は食欲の秋と呼ばれ、食事がおいしくなる季節になります。

そのため、おいしいものをたくさん食べてしまい、太ってしまう原因になります。

秋の食べものや旬であるため甘いものや脂の乗りが多いものが多く、食べるとどんどん脂肪が蓄積されていくため、太ってしまうと言われています。

寒くなる季節なので、鍋なども増えてついつい多く食べてしまいがちです。

〇室内にこもる

秋は寒くなる季節になり、外に出ない人が多くなると言われています。

秋は読書の秋と言われており、秋になると夜が早くなるため、夕方の運動が難しくなり、読書が日課になる人も多いです。

秋は日照時間が短くなるので、室内で過ごすことが多くなりますので、脂肪が燃焼しにくくなり、太る原因になってしまいます。

室内にこもらずに、外にでることをおすすめします。

☆痩せやすい季節でもある秋?!

〇運動のしやすい気候

日照時間が少なる秋ですが、日中の時間帯は比較的過ごしやすい時間帯であり、運動には適して温度と言え、暑くなく寒すぎずに比較的に運動のしやすい気候であるため、積極的に運動を行えば痩せやすい季節であると言われています。

秋太りの原因は外に全く出ずに、食べることばかりに集中していたためであり、原因は本人にあると言えます。

秋は読書ばかりに集中せずに、積極的に運動をすることが大切になります。

〇寒くなり代謝が上がる

秋は暑くなく、ちょっと肌寒い温度です。

人間は高温動物であり、体温を一定に保たなくてはいけない動物になります。

そのため、寒い状態では、運動しなくても基礎代謝を上げて体温を上昇させる必要性があるため、脂肪が燃焼され、ダイエットすることができます。

冬になると最も基礎代謝を上げるために、外にいると痩せやすくなりますが、冬は寒すぎるため、外に出るのが難しくため運動ができずに太ると言われています。

室外にでて、読書をしているだけでも効果があるので、外で読書をしてはどうでしょうか?

☆秋に痩せるためにやること

秋は太りやすい条件もそろっていますが、痩せやすい条件もそろっている季節になります。

秋に怠けると太り、秋に頑張ると痩せます。秋を使って痩せてみるのはどうでしょうか?

〇秋は薄着

痩せるためには少し薄着をするのが重要になります。

薄着にすることによって体を冷まし、体温を上げるために基礎代謝を上がり痩せることに繋がります。

寒くなれば、寒くなるほど基礎代謝が上昇し痩せやすい体になっていくと言われています。

寒すぎると風邪をひきますので、少し肌寒いぐらいを心がけるといいでしょう。

さらに薄着で運動をすることによって、より代謝が良くなるので、ダイエット効果が望めると言われています。

また、薄着で運動して基礎代謝を上げることによって、免疫力が向上して冬に風邪のひきにくい体を作ることができると言われています。

冬に向けての体作りのためにも運動をしておきましょう。

〇食事は程々に

食事がおいしくなる季節の秋ですが、食事は程々にしましょう。

人間食べれば食べるほど太ってしまいます。運動してもそれ以上の食べてしまえば、やせることができません。

特に牛肉や豚肉はおすすめしませんので、魚やキノコ類、野菜を食べるようにしましょう。

秋は魚やキノコ類がおいしいので、魚やキノコ類を食べるようにすると痩せやすくなります。

秋の魚は油がのっており、太りそうなきがしますが、魚の脂はDHAやEPAと呼ばれる不飽和脂肪酸であり、コレステロール値や中性脂肪の数値を下げる効果があるため牛肉や豚肉などに比べて太りにくいことがわかっています。

秋の味覚の秋刀魚やキノコを食べて痩せるようにしましょう。

肉を控えても、食べ過ぎたら太るので太り肉からと言って食べ過ぎるのは注意が必要です。

運動して秋痩せを目指しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク