肉の種類によって加熱の重要性が変わる?!レア肉の危険性について知っていますか?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

牛肉、豚肉、鶏肉、牛肉いろいろなお肉がありますが、皆さんはどんなお肉が好きですか?

どうでもよいと思われるかもしれませんが、私は牛肉が好きです。

人によってそれぞれ好きな肉には違いがあるとは思いますが、お肉の種類によって加熱の重要性には違いがあります。

牛肉はレアでも食べられる、豚は中でもしっかり焼かないといけないと言われることもがありますが、なぜ加熱の重要性が違ってくるのか気になりませんか?

〇レアでも食べることができる牛肉

牛肉の食中毒の原因となる細菌は腸管に生息しているため、牛肉の中に生息しているわけではありません。

ただし、牛肉を加工する際に、細菌が肉の表面に付着する可能性があるため、加熱せずに生で食べると食中毒になる可能性があります。

そのため、牛肉は表面を焼けば殺菌することができ、中がレアで合っても食べることができると言われているのです。

また、ホルモンやレバーなどの内臓は、肉とは違い細菌が中まで生息している可能性が高く、中が生だと食中毒を発症する可能性があります。

ホルモンやレバーを食べる際には、必ず加熱して食べるようにしてください、腸管出血性大腸菌に感染すれば、死ぬ場合もあります。

牛肉だからといって、どんなにお肉でもレアで食べても良いというわけではないのです。

とはいえ、中までしっかり加熱した方が安全性が高いのは確かです、安全性を考えるなら、レアよりもウェルダンをおすすめします。

焼き肉店などでは、牛肉をユッケとして提供されることはありますが、これはきちんと管理されたお肉の表面を焼いて、焼いた部分をそぎ落として捨てて提供されています。

個人で牛肉をユッケにすると、食中毒の危険性高いので、おすすめしません。

〇しっかり加熱しないといけない豚肉と鶏肉

豚肉は牛肉よりも肉に細菌やウイルス、寄生虫が入りやすいお肉となっています。

そのため、牛肉の様にレア肉で食べてしまうと、食中毒や寄生虫感染症を発症する危険性が高いとされています。

豚肉は生で食べると食中毒による消化器症状を発症する危険性だけでなく、寄生虫が脳に侵入したり、E型肝炎を発症したりすることもあります。

豚肉は牛肉に比べてレアでの危険性が高くなっていますので、レア肉を食べないようにしましょう。

また、鶏肉もレアで食べてはいけないとされており、鶏肉はレアで食べるとカンピロバクターと言われる食中毒菌に感染する可能性があります。

お肉を食べて食中毒になったり、寄生虫に感染されたり、肝炎になったりするのは嫌ですよね、私なら絶対に嫌です。

そうならならないためにも、豚肉や鶏肉を食べる時には、しっかり仲間で加熱するようにしましょう。

もちろん、豚レバーや鳥レバーは食中毒に危険性が高いので、生で食べないようにしましょう。

〇生でも食べやすい馬肉

馬の腸内には、腸管出血性大腸菌が生息していないとされており、生で食べても食中毒を発症する危険性が、他のお肉に比べて低いとされています。

そのため、馬肉は馬刺しと食べられたり、ユッケとして提供されたりすることが多いのです。

しかし、馬肉であれば絶対に食中毒を発症しないというわけではなく、どこからか食中毒が入り込み、馬刺しを食べて食中毒を発症した例があります。

安全性は牛肉や豚肉に比べて高くなってはいますが、必ずしも食中毒を発症しないというわけではありません。

馬肉も安全性の事を考えるなら、加熱した食べることをおすすめします。

お肉は種類によって、細菌やウイルス、寄生虫の感染しやすさに違いががありますので、加熱の重要性が違ってきます。

ただ、どんなお肉でも中までしっかり加熱するのが一番安全と言えます。

皆さんは、どのお肉が好きでしょうか、生ヤケで食中毒を発症しないように注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク