花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状に効く抗ヒスタミン薬「アレグラ」の効果はいかに?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

b93de43ee1a8c3e9442e64a9e4b69426_s
最近ではテレビのCMにもでるようになったアレグラと呼ばれる薬は、抗ヒスタミン薬の一つでアレルギー症状を抑える効果のある薬です。

アレグラは、アレルギー症状に多く使わる薬です。アレグラの予備知識をつけておくといいでしょう。

スポンサーリンク

○アレグラの効果

・抗ヒスタミン薬

アレグラを知る前に抗ヒスタミン薬について知っておきましょう。

抗ヒスタミン薬は、「「アレルギー症状を緩和するために作られた薬で、服用することによって、アレルギー症状の原因のヒスタミンの作用を抑えて、アレルギー症状を緩和する薬です。

抗ヒスタミン薬は第一世代と第二世代の二つが存在し、アレグラは第二世代に分類される薬になります。

第一世代の抗ヒスタミン薬は、アレルギー症状を緩和する効果以外の副作用が強く、眠たくなるなどの症状が出る薬で、お昼などの服用に適していませんでした。

そのため、開発されたのが、第二世代になります。

抗ヒスタミン薬はアレルギー症状を抑える薬です。

あくまで、ヒスタミンに作用してアレルギー症状を抑えているだけなので、アレルギーの原因を改善しないと、薬をやめたら、症状がまた出ます。

治るわけではないことを理解しておきましょう。

・第二世代抗ヒスタミン薬の特徴

第二世代の抗ヒスタミン薬は、第一世代に比べた、副作用が弱く眠くなりにくいという特徴をもっています。

しかし、効果が出るのがゆっくりであるため、1週間程度飲み続けてから効果がでると言われており、即効性がある薬ではありません。

アレグラは、飲んですぐに効果がでる薬ではないため、効果が期待できるのは、1週間程度飲み続けてからになります。

そのため、飲んで数日で効果が表れないからといってすぐにあきらめるのではなく、1週間以上は飲んで効果を見ることが大切になります。

アレグラは第二世代の中でも眠気の少ない薬と言われていますが、全く持って眠気が起こらない薬ではなく、少なからず眠気の出る人はいます。

眠気が出る場合は、医師や薬剤師に相談して対処するといいでしょう。

・効果が期待できる症状

アレグラによって、期待できる症状は、花粉症やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹などになります。

アレグラは即効性のある薬ではないため、食物アレルギーなどの急激に症状が変わるアレルギー症状には適しておらず、毎日服用することが大切な薬になります。

花粉症など季節性の病気の場合は、症状が出始める前に飲んでおくことをおすすめします。

○アレグラの問題点

アレグラの副作用は眠気や頭痛、吐き気などと言われていますが、副作用が出ることはほとんどなく、アレグラは副作用の少ない、抗ヒスタミン薬になります。

そのため、副作用による問題点は少なく、車を運転することがある人や仕事中に眠気が起きると困る人など副作用が気になる人におすすめな薬になります。

しかし、アレグラは副作用が小さい反面、効きにくいと答える人が多くいます。

薬の効きやすさに個人差があります。アレグラが効かない人は、他の薬を服用することを考えてもいいかもしれません。

アレグラより、副作用が強い薬でも副作用が出ない人はいます。

自分に合った薬を選ぶことが大切なので、アレグラが合わないと感じた時は、医師や薬剤師に相談して薬を変えたりして対処をすると良いでしょう。

○アレグラの服用

アレグラは60mgと30mgの二つが存在します。

大人は60mgを服用して、小学生以下は30mgを服用することが多いです。

市販されているアレグラは60mgで大人が飲むように開発されています。

子どもの量は半分ですが、自己判断で薬を半分に割って飲むのは子どもに飲ませるのはおすすめできません。

そのため、小学生以下の子どもにアレグラを飲ませる場合は、病院に受診してから飲ませるようにしましょう。

また、アレグラは相互作用が出ることもある薬です。ほかの薬を飲んでいる人は相性がありますので、よく確認してから薬をのむようにしましょう。

また、妊婦さんや授乳中の人はアレグラを飲むのは控えましょう。

アレルギー症状に困っている人におすすめの薬です。薬の特性を理解して飲むようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク