美肌効果!ホルモンバランスを調整!血管にもよい豆乳を飲んで健康生活!豆乳で健康になれる?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豆乳
動物の乳と言えば「牛乳」です。植物の乳と言えば「豆乳」です。

豆乳は牛乳の代わりとして飲まれることもあり、健康食品として注目を集めています。

豆乳が健康に良いとい言われている理由を知っているでしょうか?

豆乳の成分を知って健康のために豆乳を飲んでみてはいかが?

スポンサーリンク

○豆乳の健康効果

・豆乳はタンパク質が豊富

豆乳には豊富なたんぱく質が含まれています。豆乳の原料になる大豆は畑の肉とも言われ、タンパク質を多く含んでいます。

タンパク質はアミノ酸の集合体で大豆のタンパク質はアミノ酸のバランスがとても良く、人間が自分で作りだすことのできない、必須アミノ酸も多く含まれています。

大豆のアミノ酸は肉や卵に劣らないほど多く含まれてり、肉や卵の代わりにとってもいいです。

また、豆乳は飲み物なので卵や肉のように調理する必要性もなく簡単に摂取することができます。

アミノ酸は筋肉の作る成分であり、皮膚や爪、髪の毛、内臓にも多く含まれており、体には欠かせない重要な成分になります。

アミノ酸はお肉などに多いですが、お肉を食べすぎると余分な脂肪分が付き、コレステロール値が高くなったりします。

豆乳には植物であるため、逆にコレステロールを抑えて脂肪がついて太る心配もありません。

タンパク質を取りながら脂肪を取らない豆乳は体に良い健康的な食材になります。

・豆乳にはホルモンバランスを整えるイソフラボン

大豆の成分と言えばイソフラボンです。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをしてくれる成分で
す。

女性ホルモンの代わりをしてくれます。

女性では更年期になると女性ホルモンの減少がみられますが、大豆を食べてイソフラボンを摂取することによって、女性ホルモンの変わりになり更年期障害を軽減してくれると言われています。

また、豆乳は骨粗鬆症にも効果的と言われています。

女性の骨粗鬆症の原因はエストロゲンが減少することによって骨からカルシウムが抜けやすくなるためで言われています。

大豆のイソフラボンは女性ホルモンの変わりになるので、大豆は骨粗鬆症の予防にもなり、骨粗鬆症の発生が少なかったという研究データもあります。

男性の場合は男性ホルモンの影響でもともと骨密度が高いため骨粗鬆症になりにくいと言われています。

女性ホルモンに影響があると言われると女性のみに関係があるとおもれるかもしれませんが男性にも関係あると言われています。

男性でも女性ホルモンは体の中で生成されており、女性より少ないものの、一定量は必要であるといわれています。

女性ホルモンの働きとして髪の毛の量を増やす働きがあると言われています。

そのため、髪の毛の量を増やす効果があると言われており、ハゲを予防すると言われています。

・豆乳は美肌にも良い

豆乳には美肌にも効果があります。

豆乳には美肌になるための成分が多く含まれています。

まず、豆乳はアミノ酸が多く含まれています。アミノ酸は皮膚の中にも多く含まれていまており、皮膚を作る上では欠かせない成分の一つになります。

質の良いアミノ酸を取ることによって、美肌になると言われています。

そして、ビタミン類が豊富に含まれています。

特に豆乳に含まれるビタミンEは美肌を作るために必要で、ビタミンEは抗酸化作用があり、皮膚の老化を防いでくれるため、若々しい皮膚と保ってくれると言われています。

さらに、豆乳に含まれるイソフラボンは女性らしい体にしてくれる成分であり、美肌にも効果があると言われています。

そのため、豆乳を飲むと美肌になると言われているのです。

・豆乳は血管に良い

豆乳に含まれるサポニンには血液の中のコレステロールや中性脂肪を下げる成分があります。

そのため、血管の動脈硬化や高血圧を予防して、脳梗塞や心筋梗塞を予防してくれる効果があると言われています。

また、豆乳に含まれるサポラニンを取ることによって、体の基礎代謝が向上して、肥満症の予防をしてくれるとも言われており、ダイエット効果も期待できます。

豆乳を飲んで健康になりましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク