血管を若返らせて心疾患・脳血管疾患を予防しよう!血管年齢が若いと健康になれる!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

血管
日本人の死因第2位と第3位を知っていますか?

日本の死因の2位は心疾患で、3位は脳血管疾患になります。

心疾患も脳血管疾患も血管が関係している病気と言っていいでしょう。

そのため、血管を健康に保つことができたら予防できると言われており、心疾患・脳血管疾患にならないためには、血管の年齢を若くしておくことが大切です。

血管を若返らせて、心疾患と脳血管疾患を予防しましょう。

スポンサーリンク

☆血管を若がえらせる方法

若い人の血管は柔軟性があって丈夫な血管と言われ、年を取ると柔軟性が失われて硬くなり脆い血管になると言われています。

柔軟性のある丈夫な血管になることで、病気が予防できます。丈夫な若い血管をめざしてみませんか?

〇お肉を控えて魚を食べよう!

硬い血管は病気の元です。硬い血管にどうしてなるのでしょうか?

血管が硬くなってしまうのは、活性酸素などによって細胞が老化して硬くなってしまうのと、コレステロールや中性脂肪の多いものを食べて血管にコレステロールや中性脂肪が付着して硬くなるためです。

老化によって血管が硬くなってしまうのは仕方のないことです。

しかし、コレステロールや中性脂肪によって血管が硬くなってしまうのは予防することができます。

血液中にコレステロールや中性脂肪が多くなってしまう原因としてあげられるのがお肉の食べ過ぎと言われています。

現在の日本人はお肉を多く食べているため、コレステロールや中性脂肪がたまり、血管の壁を熱くして血管年齢を下げていると言われています。

そんな、お肉によって高くなってしまった血管年齢を下げる方法として言われているのが、魚を食べることです。

魚の中に含まれるDHAやEPAは血液内のコレステロールと中性脂肪を下げる働きがあります。

そのため、血管に付着したコレステロールと中性脂肪が取り除かれ、血管の壁を正常の厚さに戻してくれる、血管年齢が下がり、心疾患や脳血管疾患を予防してくれます。

また、魚に含まれるDHAやEPAは血液をサラサラにしてくれる成分もあるため、高血圧を予防してくれ、血管に傷がつきにくくなり、血管年齢の上昇を抑えてくれます。

〇血管を傷つける行為をやめよう!

私たちの生活の中には血管を傷つけてしまっている物が多く存在しています。

気づかずに使用していると血管が老人になっているかもしれません。問題になるまえにやめてしまいましょう。

・糖分は血管を内側から傷つける

血管の年齢が下がってしまう理由は、血管が傷ついて傷ついた場所にコレステロールがたまってしまうからです。

たまったコレステロールは時に血栓となり、血液を止めてしまい、心臓や脳で血栓ができると死んでしまうこともあります。

糖分は血管を傷つけます。また、糖分の過剰摂取は糖尿病の原因にもなるので、糖分をとりすぎるのはやめましょう。

糖分はごはんからで十分だと言われています。

・タバコも血管を傷つける!

血管年齢を上げます。タバコも糖分と同じで、タバコに含まれる有害物質が血管の壁を気づけて動脈硬化を悪化させますのでタバコを控えましょう。

また、ストレスや高血圧も血管を傷つけます。

生活習慣を改善しましょう。

〇運動をすると血管が若返る

健康と言えば運動と言われますが、運動をすると血管にも良い影響を与えてくれます。

運動をすると、体中の筋肉を動かします。そのとき、筋肉の周りにある血管にも、ほど良い負荷がかかります。

そのため、運動をすると血管のマッサージになって、血管を丈夫にしてくれると言われています。

気を付けてほしいのは、急に負荷の強い運動をすると負荷がかかりすぎて逆に血管が切れることです。

生活改善をしつつ徐々に運動をして血管を若返らせましょう。

また、運動をすると血管年齢を上昇させる原因の高血圧や糖尿病の予防になることがわかっているので、間接的に血管年齢を下げてくれると言われています。

健康的な血管を手に入れるためには運動も大切です。

血管は私たちにとって大事な器官であり、健康にとてもかかわってきています。

健康的な体になるためにも、血管の若々しさを保ちましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク