心肺機能を強化する方法を知れば長生きできる?!心肺機能を強化して健康的な体を手に入れてみてはいかが?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心肺機能
心肺機能とは、心臓と肺の機能のことになります。

そのため、心臓が強ければ、体に栄養素が早く行きわたりエネルギー効率がよくなり、肺の機能が向上すれば、酸素の吸収率があがり酸素不足にならなくなります。

だから、心肺機能が向上すると運動しやすい体になります。

また、心肺機能が高いということはそれだけ運動していることになるので、心肺機能が高い人は運動がうまいという評価になるのです。

心肺機能を高めて、運動ができる人になってみてはどうでしょうか?

さらに心肺機能を高めることは、健康な体を手に入れることにもなります。

スポンサーリンク

○心肺機能を高める方法

・ウォーキング

心肺機能を向上させるためにウォーキングを行いましょう。

心肺機能を上げるには有酸素運動が重要になってきます。ウォーキングは有酸素運動の一つであり、何も準備しなくても簡単にできます。

毎日の散歩が心肺機能を高めます。

歩くときは、大股であるくようにしてしっかりと空気を吸って歩きましょう。

ゆっくり歩いても、心肺機能は向上しません。少し、額に汗がでる程度のウォーキングをしましょう。

若い人やウォーキング慣れてきた人はランニングを行うといいでしょう。

最初からランニングをしてもいいですが、あまり無理をすると続かなくなるのと、心臓に負担がかかりすぎることもあります。

徐々に体を慣らしていくのが大切です。

・深呼吸

肺の機能を高める方法に深呼吸があります。

私たちは、呼吸をするために肺を使用していますが、通常の呼吸では少ししか膨らませたり、縮めたりしていません。

肺は全力を使わずに楽な呼吸方法をしているのです。

私たち人間は常に全力疾走できません。それは肺も同じです。

しかし、ある程度力を使わなければ力が付きません。

そのために、深呼吸で肺を運動させるのです。

深呼吸をすることで、横隔膜が鍛えられて肺に取り込める酸素の量が増えて心肺機能が向上します。

朝起きたら、朝日に向かって10回深呼吸をするのがおすすめです。

心肺機能の向上と眠気覚ましになります。

・水泳

心肺機能を高める運動の代表格と言えば水泳です。

水泳と通常の運動の違うところは、水泳は水の中で運動をするため、自由に呼吸ができないことです。

そのため、一回の呼吸でより多くの酸素を取り入れ、効率よく体に酸素を体に送らないといけません。

そのため、心肺機能が向上します。

また、潜水(水の中にもぐること)をすれば息をとめてどれだけもぐって入れられるかになるので、酸素をどれだけ効率的に使っているかわかります。

潜水を何度も行うと、心肺機能があがり、効率よく酸素を使うことができるようになります。

心肺機能を鍛えるためには水泳がおすすめです。

・ロードバイク

心肺機能をあがる運動としてロードバイクもおすすめです。

ロードバイクは走るために作られた自転車になります。

他の自転車も走るために作られた自転車ですが、他の自転車とは違いかごなどはついておらず、速さにこだわった自転車になります。

ロードレースで走る通常の自転車に比べて速度が速く、風邪が気持ち良いと感じるはずです。

また、軽量化されているので、普通の自転車よりも疲れずに長距離を走ることができます。

競輪選手などをみていると足が太いので足が太くなりそうという印象がありますが、ロードバイクは競輪バイクとは違い長距離バイクになりますので、脚は太くなりません。

陸上競技で100m走の選手が足が太くて、マラソンの選手が足が細いのと同じです。

○心肺機能を上げると何がいいのか

心肺機能を上げると良い理由は、疲れにくくなることです。

心肺機能が向上すると体を効率良く使うことができるようになり、酸欠をおこしにくくなります。

そのため、体力がある健康的な体になることができます。

また、心臓が強くなり、狭心症や心筋梗塞の予防にもなると言われており、生活習慣病を改善する効果もあります。

心肺機能が高いということは適度な運動ができているということなので、肥満の予防にもなります。

健康のためにも心肺機能を向上させましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク