一概に鼻血と言っても種類がある!?鼻血には危険な鼻血があるのを知っていますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻血
人生に一度くらいは鼻血を出したことがあるのではないでしょうか?

ドラマなどイメージにより、鼻血は白血病や重大な病気と思われることもありますが、鼻血が出ても問題ない場合の方が多いと言われています。

○鼻血がでる場所

鼻血が出る場所は、キーゼルバッハ部位と鼻の奥の鼻腔の粘膜が炎症をおこした時がほとんどです。

キーゼルバッハ部位は鼻の穴から1~2cmのところで鼻血の8割以上がこの場所がから出ていると言われています。

キーゼルバッハ部位が鼻血を出しや理由は血管が密集しているためと、鼻の穴の近くにあり刺激を受けやすいためです。

キーゼルバッハ部位は、指を突っ込んで触れられる位置にあり、子どもなどでは鼻をほじって出血します。

また、この位置は粘膜が薄いために、血管に刺激を受けやすいという特徴もあり、鼻をかんだりすることでも出血をおこします。

鼻腔の粘膜からの出血は高齢者や高血圧の人などに多いです。

スポンサーリンク

○危険な鼻血の見分け方

・鼻血が良く出る

鼻血が良く出る場合は、危険な鼻血の可能性があります。

鼻血が頻繁に出る原因は、鼻の粘膜が弱いことや同じところが何度も出血している可能性が高く、頻発しても重大な病気でないことは意外と多いです。

何度もでる原因は鼻をいじったことによりキーゼルバッハ部位が傷ついたためで、キーゼルバッハ部位は一度鼻血がでると再度同じ場所から鼻血が出やすくなります。

最近、鼻血が多くなった人は大抵同じ鼻の穴から鼻血が出ているはずです。

右鼻と左鼻の交互に鼻血がでていないと思います。

同じ鼻の穴から鼻血がでるのは同じ場所から鼻血が出ているためです。

このため、頻繁に鼻血を出しても、ただ同じ場所から鼻血がでていて、問題がない場合が多いです。

特に子供の時から良く鼻血を出していた人はキーゼルバッハ部位から鼻血が出やすい状態になっています。

大人になって鼻血が出るようになった人は、もしかたら、何かの病気かもしれませんので、一応病院に行くようにしましょう。

特に両方の鼻から鼻血がでてくる人は要注意です。

命の危険がないことも多いですが、頻発する鼻血健康に良くないので、治療をしてもらいましょう。

・心あたりのない鼻血

鼻血を出したことがあまりない人が心あたりのない鼻血の頻発は危険です。

くしゃみ、咳、鼻かむ、鼻を触るなど以外で、鼻血がでる場合は注意が何度も続く場合は注意が必要です

粘膜の乾燥などで鼻血が出やすくなった場合もありますが、病院に行って診察してもらってください。

心あたりのない鼻血でも出血量が少なく、簡単に止まる場合や出血が鼻の穴付近の場合は、キーゼルバッハ部位が出血しやすくなった場だけで少しの治療で治る場合もあります。

・鼻血がとまらない

鼻血の中で一番危険な症状が止まらない鼻血です。

鼻血が止まらないのは、血管の病気ある可能性があります。

通常の鼻血は頻発しても、血液の凝固作用で出血が止まります。しかし、病気の鼻血は凝固作用が弱っていたりして、鼻血が止まない特徴があります。

15分以上鼻血が止まらない場合は、すぐに病院に向かってください。重大な病気の可能性があります。

○鼻血の止め方

鼻血が頻発したり、鼻血が止血できない原因として鼻血の止め方が間違っている場合が多いです。

鼻血が出た時に鼻栓をする人が多いですが、鼻血の原因になります。

鼻栓をすることによって、鼻血はとまりますが、鼻栓をするとキーゼルバッハ部位が傷ついて鼻血が出やすくなるともに、鼻栓を取った時に鼻血がまた出ることがあります。

そのため、鼻血が長時間でていると勘違いすると気があります。

また、仰向けになる人もいますが、仰向けもよくありません。

鼻血のきちんとした止め方は椅子に座り少し前かかがみになった状態で鼻をつまむことです。

これを3分やれば基本的にとまりますが、15分以上続けても止まらない場合は、病院に行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク