くしゃみや鼻水、鼻づまりの症状はありませんか?アレルギー性鼻炎かも?アレルギー性鼻炎の予防方法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アレルギー性鼻炎
アレルギー性鼻炎は、私たちの体に抗原と呼ばれる物質が鼻や口から侵入して抗体が反応してしまい、くしゃみや鼻水、鼻づまりをおこしてしまうアレルギー症状のことです。

アレルギー性鼻炎に悩んでいる人は意外に多く、花粉症もアレルギー性鼻炎の一つになります。

スポンサーリンク

○アレルギー性鼻炎の原因

アレルギー性鼻炎の原因は、ハウスダスト(家の中にあるホコリやダニなど)やスギ花粉、シカラバ花粉、ブタクサ花粉、カビ、犬や猫などの毛などが原因でアレルギー症状がでます。

これらのアレルギー物質が鼻に入ることによって、鼻の中にある抗体が反応してくしゃみや鼻水、鼻づまりなどの反応をおこします。

アレルギー性鼻炎は、抗原が鼻から侵入しなければ、アレルギー反応を起こさないので、抗原をどれだけ防げるかが大事になってきます。

○季節性と通年性

アレルギー性鼻炎は季節性と通年性の二つに大きく分けることができます。

・季節性アレルギー性鼻炎

季節性アレルギー性鼻炎はスギ花粉症などに代表される季節的に起きるアレルギー性鼻炎で原因となる物質が一定の季節のみに発生するため、毎年一定の期間だけ鼻炎が起きます。

そのため、その期間だけ抗原に注意しなくてはいけません。

・通年性アレルギー性鼻炎

通年性アレルギー性鼻炎は季節性アレルギー性鼻炎とは違い、季節問わずに抗原が存在するもので、日本では主にハウスダストが原因で起きる鼻炎になります。

一般にアレルギー性鼻炎と言われると通年性を指すことが多く、これは季節性アレルギー性鼻炎の人のほとんどが花粉症であるため、わざわざ花粉症のことを季節性アレルギー性鼻炎と言わないためです。

○アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性鼻炎の症状はくしゃみや鼻水、鼻づまりになります。

通年性の場合は、鼻づまりの症状が強く、くしゃみや鼻水があまりでない人やくしゃみや鼻水が強く鼻づまりをあまり感じない人などもいます。

アレルギー性鼻炎の症状は、代表してこの3つですが、アレルギー性鼻炎の多くの人はほかのアレルギー症状を同時に起こすことがしばしばあります。

季節性アレルギー性鼻炎の人が起こしやすい症状はアレルギー性結膜炎で鼻の症状に加えて目にかゆみを訴える人が多くいます。

そのことから、花粉症の4大症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみと言われており、季節性アレルギー性鼻炎の人は目の中にも花粉などが入らないように注意しなくてはいけません。

また、通年性アレルギー性鼻炎の人は気管支喘息やアトピー性皮膚炎などの症状を同時に出すことが多いようです。

アトピー性皮膚炎も気管支喘息もどちらもハウスダストなどが体に触れる・体の中に入ることによって抗体が反応して起きるものです。

アトピーや喘息のひとでくしゃみが出る人はアレルギー性鼻炎かもしれません。

○治療法と予防法

アレルギー性鼻炎は抗原がからだに侵入してこなければ、症状を出すことはありませんので、できるだけ抗原に触れないようにすることが大切だと言われています。

そのため、抗原に触れないようにマスクや対策メガネをすることは有効です。

また、ハウスダストが原因の場合は、こまめに掃除をすることで、抗原となる物質を除去し快適な生活ができると言われていますので、掃除も重要になります。

花粉の対策をする、掃除を毎日することも大切ですが、完全ではありませんので、薬や体質改善によってアレルギー症状を抑える方法がとられています。

花粉症などでは飛散する前から薬を投与したり、症状を抑える抗アレルギー薬を飲んだりすることによって症状を和らげる方法などがとられています。

また、スタミナをつけたり運動をすることによって、アレルギーに対抗できる体作りをすることもあります。

ハウスダストにも薬は有効で、薬を服用するとアレルギー反応が少なくなり症状がやわらぎます。

くしゃみや鼻水、鼻づまりが続くときはアレルギー性鼻炎かもしれません。

心配なら耳鼻咽喉科に行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク