下痢、腹痛、粘血便を起こしていませんか?もしかしたら潰瘍性大腸炎かも?潰瘍性大腸炎は近年日本人に増加中?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

潰瘍性大腸炎
粘血便(粘液や血が混じったどろっとした便)や下痢、腹痛になっていませんか?

近年、潰瘍性大腸炎と呼ばれる病気が増えてきており、一年間に5000人が新たに発症すると言われています。

そして、現在の患者数は10万を超えており、今後も患者数は増えていくだろうと思われます。

スポンサーリンク

○潰瘍性大腸炎とは

潰瘍性大腸炎とは大腸に潰瘍ができて粘血便や下痢を起こす病気です。粘血便をおこす病気として知られている病気に赤痢菌や大腸がんなどがありますが、赤痢菌は近年では数週間で治る病気であり、大腸がんは粘液量が少なく血便傾向が強いと言われています。

そのため、粘血便が出た場合にもっとも疑われるのは「潰瘍性大腸炎」になります。

潰瘍性大腸炎の患者数は1000人に1人という人数で誰が起きてもおかしくない病気だと言われています。

発症年齢は20代の人が最も多いと言われていますが、10代から60代どの年代でも発症することがわかっており気をつけなくてはなりません。

もともとは、欧米に多い病気で、日本人はかかりにくいと言われてきましたが、日本人の中にも急速に増えてきています。

あなたの腸内環境は大丈夫でしょうか?

○潰瘍性大腸炎の症状

潰瘍性大腸炎の症状と言えば、粘血便ですが、人によって症状が違い、下痢であったり、血便であったりします。

また、症状が悪化すると血がでているために、貧血症状をおこしたり体重の減少につながったります。

人によっては熱がでる場合もあります。

潰瘍性大腸炎は再燃緩解型と慢性持続型の二つの種類に分かれるとされており、治りにくい病気であることがわかっています。

・再燃緩解型

再燃緩解型は治療をすることによって改善しても、数か月や数年あけると再び悪化するもので治っても何度も悪化繰り返す潰瘍性大腸炎のことを言います。

・慢性持続型

慢性持続型は治療しても治りにくく、症状が慢性的に続くものを言います。

適切な治療を行うことで、通常に社会生活をおくれるとされていますので、慢性持続型でもそれほど気に病まないようにしましょう。

○潰瘍性大腸炎の原因

潰瘍性大腸炎がなんで起きるかはまだ、正確なことはわかっておらず根本的な解決方法は見つかっていません。

しかし、肉体的、精神的なストレスによって発症または再燃することがわかっているため、ストレスに気を付ける必要性があると言われています。

症状は時間の経過ともに強くなる傾向にありますので、初期に発見して治療することが望ましいでしょう。

○潰瘍性大腸炎の治療

潰瘍性大腸炎の治療方法は薬の服用によって炎症を抑えることになります。

炎症を抑えることによって症状が改善しいつも通りの生活を送れるようになりますが、潰瘍性大腸炎は再燃の可能性が非常に高い病気であるため、医者の意見にしっかり従い、治療を中断しないことが大切になると言われています。

緩解期と呼ばれる症状が落ち着いている期間の間は食事制限などは基本的にありませんが、香辛料やアルコール、高脂肪や繊維の多いものは避けたほうが良く、これらを食べると再燃の可能性が上がるかもしれません。

潰瘍性大腸炎は再燃させないことが大切で、10年以上治らないと大腸がんになる可能性が高くなると言われ、きちんと医師の指示に従い治療することが大切です。

○次のような症状に気を付けましょう。

潰瘍性大腸炎の症状は感染胃腸炎の症状に似ており、誤診されて胃腸炎の薬を出されることがあります。

そのため、胃腸炎と診断された後に血便や粘血便がでる場合や1週間以上たっても症状が改善される気配がないなどの症状が起きた場合は再度病院に行きもう一度診察をしてもらうことが良いでしょう。

潰瘍性大腸炎が疑わる場合に受診する病院は、内科か消化器科にしましょう。

潰瘍性大腸炎の診察した経験があることが多く、誤診する可能性が低いです。

早期発見が大切で悪化する前に、病院にいって治療してもらうようにしましょう。

早めの治療をすることで、簡単な治療で終わることがほとんどになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク