そのめまいメニエール病かも?メニエール病は耳鳴りや難聴などの症状も出る内耳の病気!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メニエール病
メニエール病は、めまいの病気の代表のようなもので、めまいが起きれば最初にメニエール病が疑われます。

メニエール病の名前はフランス人医師のプロスペル・メニエールからきており、メニエール医師が1861年にめまいの原因が内耳からきていることを報告してこの名前が付けられました。

スポンサーリンク

○メニエール病とは

・メニエール病の原因

メニエール病は内耳の中にある内リンパ液の量が多くなることによって起きることがわかっています。

この内リンパ液が過剰になることを内リンパ水腫といます。

内リンパ水腫が起きることにより、蝸牛や前庭に圧力がかかり、めまいや難聴など症状が起きます。

この内リンパ液が増える原因ですが、今ところわかっていませんが、発展途上国で生活する人より先進国で生活をしている人が多い傾向にあることから、ストレスが原因で、内リンパ液の過剰が起きてメニエール病になっているのではないかと言われています。

先進国である日本も例外ではなく、ストレスをあまりかけないことが大切かもしれません。

・メニエール病の症状

メニエール病の症状といえばめまいですが、何かの原因がある訳でもなく突然、回転性のめまいが起き、同時に耳鳴りや難聴、耳が圧迫されているような閉塞感などの症状が起きます。

メニエール病のめまいは、繰り返し起きると言われていますが、その間隔は人によってさまざまで数日に1度起きる人もいれば、1年に1度起きる人もいたりとかなりの個人差があることがわかります。

メニエール病のめまいは、回転性のめまいで視界が回っているような感覚に襲われ、時間的には30分から数時間の間めまいが続き、短時間で止まるものはメニエール病でない可能性が高いです。

長時間のめまいが起きますが、いつか治まるので、楽の姿勢で寝ておくことが大切だとされます。

メニエール病の難聴や耳鳴りは初期ではめまいが起きている時に起きるものですが、回数をかさねると難聴や耳鳴りがめまい以外の時でも続くようになります。

また、メニエール病のめまいがひどい時は、動機や冷や汗、吐き気、嘔吐などが起こる場合があり、めまいよりも動機や吐き気のほうがきついという患者も多くいます。

・メニエール病の患者数

メニエール病の患者数は10万人に15人18人と言われており、女性にやや多いと言われていますが、それほど差はなく、男女ほぼ1対1で現れます。

30代後半と40代前半の発症率が高いことがわかっており、この年代で長時間のめまいを感じる人は要注意です。

○メニエール病だと思ったら

メニエール病は治りにくい病気ですし、治療をしてもめまいなどの症状が継続して出ることもありますが、早期発見して治療することで症状が軽減される可能性が高いと言えます。

めまいにはメニエール病以外にも多くの病気が隠れているため、放置せずにきちんと病院に行くことが大切だと言われています。

→ 「めまい」や「立ちくらみ」をしませんか?もしかしたら重大な病気が隠されているかも?!

激しいめまいが長時間続き、耳鳴りや耳の聞こえの悪さなどを感じた場合は耳鼻咽喉科を受診しましょう。

めまいを軽くする薬や発作の回数を軽減してくれる薬があります。進行すればするほど、対処が難しくなりますので、早めに病院に行きましょう。

メニエール病で死ぬことはありませんが、メニエール病以外の病気なら大変なので、めまいが頻繁に起きる場合は、至急専門医の診察を受けに行きましょう。

めまいは耳鼻咽喉科ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク