傷口が腫れあがったら人食いバクテリアかも?! 人食いバクテリアは致死率が3割の恐怖の病気!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人食いバクテリア
人食いバクテリアと呼ばれる致死率が3割にもなる感染症を知っているだろうか?

日本でも人食いバクテリアの被害が何件も報告されています。

そんな怖い人食いバクテリアにならないためにも予防方法と、感染したときの対処法を知りましょう。

スポンサーリンク

○人食いバクテリアとは?

人食いバクテリアとは、劇症型溶血性レンサ球菌感染症と呼ばれて、A群溶血性レンサ球菌に感染することによって起きる感染症です。

致死率が3割と高く、多くの高齢者が亡くなっている病気です。

感染後の数時間で死ぬといわれており、早い段階で気づくことと感染しないように気を付けることが大切だとされています。

人食いバクテリアと呼ばれるA群溶血性レンサ球菌の感染自体はありふれたことで、感染の仕方によって症状が違います。

A群溶血性レンサ球菌は一般的に喉から入り、咽頭炎をおこすことが多いですが、死亡することはなく、子どもの間では良く起こる感染症の一つといわれています。

A群溶血性レンサ球菌の感染で怖いのは傷口からの感染になります。

A群レンサ球菌が傷口から入ると血液や筋肉に侵入し、劇症型の症状を起こすと言われており、喉からの感染とは違い死亡率が高く、容体が急変し手遅れになる場合が多くあります。

感染したらどのような症状があるのでしょうか?

○人食いバクテリアの症状

人食いバクテリアは傷口から侵入してくるため、侵入した傷口が腫れあがる症状があります。

傷口腫れが起きると急激に症状が進行し、傷口から1時間に数センチの速さで壊死が進行していくと言われ、命が助かったとしても手足を切断する可能性もあります。

傷口が腫れる症状がでて3日以内に死亡するといわれているため、腫れが出た段階で、気づいて病院に行くことが大切になります。

脚が腫れても気にせずにいると症状がどんどん進行し、全身の不調、高熱をおこし、最終的に血圧の低下と多臓器不全になり死ぬことがあります。

傷口が腫れた段階で気づき、病院に行った場合は助かる可能性が高まります。

病気に気づいた時点で病院に行きましょう。

○人食いバクテリアの治療

人食いバクテリアの治療方法壊死組織の除去があげられます。そのため、放置すれば放置するほど、大きく切除をしないといけなくなるため、手術痕が大きくなったり治療が長引きます。

また、多臓器不全や低血圧などの対症療法に加えて、菌を殺すためにペニシリンを投与する必要性があります。

病気に速い段階で気づき、壊死部分の切除とペニシリンの投与ができれば致死率がさがることがわかっており、早めに病院に行くことが大切になります。

感染した場合は、私たちにできることはなく、病院にいって治療してもらうしかありません。

○人食いバクテリアの予防

人食いバクテリアに感染しないために大切なのは、けがをしたらよく洗い菌が入らないようにすることです。

傷口を清潔に保つことが大切だとされ、菌が入らないように常にキレイにしておくことが大切です。

また、手洗いうがいも大切だと言われており、傷口から感染する前に自分が菌を保有していないことが大切になるようです。

もし、傷口が腫れてきた場合はすぐに病院に行きましょう。人食いバクテリアでなくとも良くない症状です。

病院に行って検査してもらいましょう。

適切な処置で致死率を下げることができる病気です。

けがをした時は早めに対処をしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク