睡眠の質を上げて疲労回復!疲労がより回復できる睡眠方法を身につけて健康生活を目指そう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠
皆さんはどのように疲労を回復させているだろうか?

疲労を回復させる方法として、最初にあげられるものといえば、睡眠ではないでしょうか?

睡眠の方法を変えることにより、より疲労回復の効果が得られます。

だから、疲労がより回復できる睡眠方法を身に付けましょう。

スポンサーリンク

○睡眠の疲労回復効果を上げる方法

同じ6時間睡眠でも、眠りに入る前の行動や眠り方によって疲労回復能力は変わってくるとされており、疲労をためないためには睡眠方法を学んでおいた方がいいでしょう。

・食事を考える

睡眠を考える上で大切なのは食事です。

食事のとり方によっては疲労回復能力を上げてくれる効果があります。

睡眠の3時間前には食事を食べ終えることで疲労回復効果が上がるといわれています。

体に食べ物が入ってから3時間は消化のために、胃腸が活発になるといわれており、胃腸が活発になっている間に寝てしまうと深い睡眠に入ることができないため、疲労回復能力が落ちるといわれています。

また、トリプトファンやグリシンを含まれている物を食べることによってメラトニンが作られやすくなり、疲労回復効果があがるとされ、エビやひき肉、魚などを食べると疲労回復効果があがるといわれています。

食事の時間と食品を考えることによって疲労回復効果があがります。

寝る前のお酒は睡眠作用はありますが、睡眠の疲労回復効果を下げますのでやめましょう。

・寝る前の明かりの調節

寝る前の明かりの調節が疲労回復に大切だといわれています。

日本の夜は明るすぎると言われており、夜でも家の中はとても明るいです。

明るすぎると、人間の体は睡眠に入る準備ができないため、寝る前には明かりを浴びすぎないことが大切だといわれています。

寝る2時間ぐらい前から部屋の明かりを少し暗いぐらいに抑える必要があると言われており、読書は行えるが、文字を書こうと思ったりすると薄暗くてデスクライトがほしくなるくらいの明るさが良いと言われており、日本の一般家庭は明るすぎますので照明暗くしましょう。

しかし、照明器具は日本の家庭に合わせて明るくしてあるので、微妙に暗くするのは難しい場合もあります。

また、家族の間で反発が起きるかもしれませんし、テレビの明かりすら明るすぎることになります。

そのため、僕がおすすめしたいのはサングラスです。

一般的にサングラスと言えば、日差しの強い時にかけるイメージですが、寝る前にサングラスをかけるのは有効で、サングラスをかけることによってテレビや照明器具の明るさを軽減することができ睡眠の質が向上するといわれています。

証明の明るさを下げるのが難しい場合や、パソコンやテレビを見る時にサングラスをかけることで、明るさを軽減し、疲労回復効果を上げてくれます。

また、寝る直前は暗いほうがいいので、部屋が明るくなる場合はアイマスクをかけるといいでしょう。

・入浴は早めに

疲労を回復する睡眠をするためには入浴時間を考える必要もあります。

寝る前にお風呂に入るという人がいますが、寝る前の入浴は良くなく、お風呂に入ることによって脳が温められて深い眠りにならなくなります。

そのため、睡眠のことを考えるなら、寝る前の2時間は入浴を避けましょう。

食後の1時間後ぐらいにお風呂に入るといいといわれています。

疲労回復効果を上げるために、睡眠前にしっかり準備をしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク