糖尿病には急性の糖尿病がある!最悪、死に至る怖い病気!その別名は「ペットボトル症候群」若い世代に注意が必要かも?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットボトル症候群
糖尿病になる年齢を何歳ぐらいだと思っているでしょうか?

多くの人が糖尿病になるのは、中年になってからと思っているでしょう。

確かに、糖尿病になりやすいのは、中年になってからで、若い世代での糖尿病の患者は少ないのは事実です。

しかし、最近注目を集めている急性の糖尿病のペットボトル症候群は、若い男性に起きやすく、特に夏の暑い日が危険だと言われています。

ペットボトル症候群は、通常の糖尿病とは違い誰でもなる可能性があるので注意しましょう。

スポンサーリンク

○ペットボトル症候群と糖尿病

糖尿病は、徐々に進行し、最悪の場合は死に至る病気として知られていますが、糖尿病の一種であるペットボトル症候群は、急性の糖尿病で、通常の糖尿病のように徐々に進行していくものではなく、急に誰でもなる可能性があり最悪の場合は死にます。

症状は糖尿病であるため、糖尿病と同じ症状で糖尿病と同じように治療をすれば回復するのですが、若年層に多い病気で、急に糖尿病になるため、自分が糖尿病であることに気づいていないこともあり悪化させる原因になります。

○ペットボトル症候群の発症

ペットボトル症候群は、夏に多い病気で、夏に多い理由は夏には喉が渇くためです。

私たちは運動することによって喉が渇き、水分がほしくなりますが、この時ソフトドリンクを一気に飲みほす人がいます。

お酒の一気飲みは危険と言われますが、ソフトドリンクの一気飲みも危険だと知っていましたか?

ソフトドリンクを一気飲みすることによって、ペットボトル症候群が発症すると言われています。

ソフトドリンクを一気飲みすることによって水分も摂取されますが、過剰に糖分が摂取されます。

血液中の糖分が過剰になると、体内に水を入れて、血糖値を下げようとする働きおこり、喉が渇きます。

この時、体内がほしいのは、純粋な水分で糖分が含まれていない水になりますが、ソフトドリンクを飲んでしまう人がいます。

ソフトドリンクを飲むと糖分がまた、過剰になるため、より水分を欲しますが、通常の喉の渇きと思われ、ソフトドリンクを飲むことにより血糖値が上昇に糖尿病になります。

このように、ソフトドリンクを飲んで、糖分が高まり、水分がほしくなってソフトドリンクを飲んで、さらに糖分が高まることによっておきる糖尿病をペットボトル症候群と呼んでいます。

ソフトドリンク

○ペットボトル症候群の症状

通常なら、膵臓β細胞からインスリンが出されて、血糖値を下げてくれますが、喉の渇きに合わせてどんどんソフトドリンクを飲んでしまうために、膵臓β細胞が披露し、インスリンが出されなくなります。

そのため、一向に喉の渇きが治まらなくなったり、疲労感がでたりします。

また、糖分をそとに出そうとするために、多尿や嘔吐をお越していきます。

最終的には、意識混濁や昏睡し、死亡に至ることもあります。

ソフトドリンクやスポーツドリンクを飲んでおかしな症状が出たら病院に行きましょう。

○ペットボトル症候群の予防

ペットボトル症候群を予防するためには、一気飲みをしないことが最も需要になってきます。

一気飲みをすることによって、急激に血糖値が高くなり、喉が渇くので、水分は一気飲みをせずに喉が渇いていても少しずつ飲み、少し時間を空けて水分を飲むようにしましょう。

また、500mlのソフトドリンクを飲んでも一向に喉の渇きが治まらない場合は、ソフトドリンクをやめて水を飲みましょう。

水を飲むことによって、体内の血糖値を下げて、尿から糖分を排出することができます。

また、ペットボトル症候群はアイスクリームや砂糖の多い食べ物を食べても起きると言われており、夏の時期に糖分の多いものを食べて喉が渇いた時は水やお茶を飲むようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク