4歳以下の小児でイチゴ舌・両目の充血・手足の腫れは、原因不明の川崎病かも?!川崎病は危険な病気!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎病
1961年に日本赤十字社に勤めている小児科医の川崎富作が見つけた病気の川崎病を知っていますか?

川崎病は川崎富作医師が見つけたために川崎病という名前が付けられ、英語のKawasaki diseaseからKDとよばれることがあります。

小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群(MCLS)という別名もありますが、世界的にも川崎病(KD)でとおっています。

神奈川に川崎市という市があり、そこで公害などの問題が一時期あったため、川崎市との関係があると思われる方がいますが全く関係ありません。

スポンサーリンク

○川崎病の症状

川崎病は6個の項目のうち5つが該当すれば川崎病と診断されます。

1、 発熱がある。5日以上続くことが多く、通常の解熱剤では下がりにくい。

2、 両目の充血(白目の部分が赤くなる)、目やになどはあまりでないとされています。

3、 舌の表面に赤いぶつぶつができイチゴのような舌になり、唇もはれます。イチゴ舌と言われる症状です。

4、 発疹がでます、発疹は個人差があったり、同じ人の発疹でも大きさに差があったりします。また、かゆみがともなうこともあり、どんな発疹が出るかわかりません。

5、 手足が硬く腫れます。また症状が回復するときに手足の皮膚がむけます。

6、 首の周りのリンパ節が腫れて痛みが出ます。

この6個のうち5つが当てはまれば、川崎病と診断されますが、5つそろわなくても川崎病である場合があり、ある程度項目が当てはまれば川崎病である可能性は高いでしょう。

血液検査をして炎症を調べることがあります。

この6つの症状は診断基準であり、そのほかに関節痛、頭痛、黄疸、下痢、腹痛、痙攣などがみられることがあります。

また、問題とされる症状は冠動脈瘤で冠動脈は心臓を動かすために栄養素を送って血管で冠動脈瘤になると、心筋梗塞や狭心症になるため危険な状態になります。

○川崎病の患者

川崎病にかかる可能性が高いのは4歳以下の小児で男児にやや多い傾向がありますが、男女関係なくかかるとおもってよいでしょう。

年間1万人以上の子どもが川崎病になりますが、今のところ原因はわかっておらず予防する方法もありません。

そのため、川崎病にかかることは仕方のないことで、川崎病にかかったあとにどのように対処をするかが大切になってきます。

川崎病になった人の5%の人が冠動脈瘤になると言われており、発見が遅れるほど冠動脈瘤になりやすいとされています。

また、再発する可能性は3%程度で、ほとんどの人は再発をしませんが、一度なったことがあれば、すぐに気づいて対処ができますね。

川崎病の予後はよく、冠動脈瘤にならなければ普通の子どもと同じような生活ができるため、冠動脈瘤になる前に見つけて治療することが望ましいでしょう。

○川崎病の治療法

川崎病の治療法は、対症療法になります。

川崎病になると入院することになり、川崎病の症状を抑える薬を処方されるとともに、川崎病でもっとも危険とされる冠動脈瘤にならないために、炎症を抑えて血液をかたまらないようにする薬や血液製剤を投与されます。

川崎病が治まったあと冠動脈瘤ができなかった場合は1か月ほど血液をかたまりにくくする薬を飲んだあとは普通に生活をすることができます。

冠動脈瘤ができた場合は服用を続けることになり、運動制限が設けられる場合もあります。

また、場合によってはカテーテル手術を行うこともあります。

冠動脈瘤にならないためには早期の発見が重要です。

川崎病が疑われる場合は、かかりつけの小児科に受診して大きな病院を紹介してもらうと良いと言われています。

直接、大きな病院にいってもいいですが待ち時間がかかるため、川崎病を良く診察する小児科に受診するほうがいいかもしれません。

これらの症状があればすぐに病院に行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク