腸管出血性大腸菌感染症(O157など)は、死亡例も報告されている恐ろしい食中毒!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腸管出血性大腸菌感染症O157
O157などで知られる腸管出血性大腸菌感染症は、どの季節でも感染が報告されており、特に気をつけなくてはならない食中毒になります。

特に多いのは、夏と秋のはじめですが、他の季節だからといって安心するはできないのです。

腸管出血性大腸菌感染症は、死亡する可能性もありますので十分注意しましょう。

○感染源

O157などの腸管出血性大腸菌は、動物の内臓と井戸水から検出されることがあり、動物の内臓と井戸水に注意しなくてはいけません。

不用意に井戸水を飲むのは控えましょう。

腸管出血性大腸菌は、加熱することで殺菌ができるので、きちんと熱を加えていれば感染することはないでしょう。

そのため、動物の内臓、特に牛の内臓は、きちんと熱を加えることが大切になります。

食中毒は、内臓を食べることによって起きることが多いですが、普通のお肉でも熱を加えないと腸管出血性大腸菌感染症になることはあります。

これは、内臓についていた菌がお肉を解体する際などに、お肉自体にも腸管出血性大腸菌がついてしまった可能性があるため、お肉はきちんと加熱をしなければいけません。

動物の肉の場合は、内臓だろうが、お肉だろうが過熱をきちんとしたほうがいいでしょう。

お肉で感染することが多いですが、加熱していない野菜から感染することもあります。

私たちは調理をするときは、まな板をお肉用と野菜用に使え分けることがないですよね。

そのため、お肉についていた腸管出血性大腸菌がまな板について野菜につけば、感染することがあります。

お肉と野菜は野菜を先に切ってからお肉を切ることと、お肉をきり終わったまな板はお湯をかけたりして熱で殺菌することが大切になります。

基本的にお肉が感染源ですが、扱い方によっては野菜が危険になる場合もあります。

また、焼き肉などで食べる箸と焼く箸を同じにしている人がいますが、きちんと分けるようにしましょう。

スポンサーリンク

○腸管出血性大腸菌感染症になると

腸管出血性大腸菌感染症は、少ない菌量で感染するといわれているのでちょっとぐらい大丈夫と思ったら感染します。

飲食店でもちょっとなら大丈夫という気のゆるみよって腸管出血性大腸菌感染症を発生させていると思います。

菌によって差はありますが、3、4日の潜伏期間の後に下痢(水っぽい)と激しい腹痛を起こすとされています。

下痢と腹痛を起こしてから1、2日後に腸管出血性大腸菌という名前の通り、腸管内に出血をおこし、血を混じりの下痢になります。

激しい腹痛と下痢で気づいてほしいですが、血便が出たら病院に行きましょう。

熱は少し出ると言われていますが、そこまで高熱は出ないとされ順調に回復すれば1週間ちょっとで治癒します。

稀ですが、溶血性尿毒症候群と呼ばれる病気に発展することがあり、貧血や出血を防ぐ血小板の減少を引き起こしたり、腎不全や脳に症状が現れたりすることもあります。

腸管出血性大腸菌感染症の患者の4%の患者が起きると言われており、高齢者と子どもの発生率が高くなります。

これにより、毎年のように死者がでており、ただの食中毒とおもっていてはいけません。

腸管出血性大腸菌は接触感染をおこすとされ、家族内で感染する可能性も十分あります。

○治療の方法

腸管出血性大腸菌感染症は基本的に対症療法になり、腸の蠕動運動を抑えながら症状を軽くして自身の抗体によって菌を倒すことが推奨されます。

また、3日以内の早期に発見できた場合は抗菌薬を使うことになります。

早期の発見が重要で、重症になった場合は助からない場合もあるので注意をしましょう。

腸管出血性大腸菌は正しい知識で対処ができますので、感染しないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク