秋に気を付けて!喘息・うつ・RSウイルス感染症・食中毒!さらにインフルエンザも。 秋に流行る病気はいろいろある!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋の病気
秋はとても人気のある季節で秋が好きな人も多くいるでしょう。

そんな僕も秋が好きなのですが、秋にはいろいろ病気に感染する可能性がありますので、気をつけなくてはいけません。

季節の変わり目などは、病気になりやすいので、体調管理に十分気を付けましょう。

○喘息

秋はもっとも喘息が増える季節と言われていますので、秋になると喘息の対策をしっかりしておくことが大切になります。

気温の変化の変化によって体調が変化して、喘息の発作が起きやすくなることや、気温が引くなり、菌が繁殖しやすい環境になり病気になって喘息の症状が悪化することもあります。

秋に流行ると言われているライノウイルスですが、一般的にただの風邪の症状ですが、喘息をもっている人が感染するとひどい喘息の発作に襲われると言われており、体調管理をしっかりしておく必要性があります。

喘息の対策としては、まずは布団を掃除しましょう。喘息の原因にダニがあり、秋になると布団の中にダニの死骸が増えるので、布団を掃除して、ダニの死骸や糞を除去することが大切です。

また、栄養バラスを考えた食事と程度な運動を心がけて、喘息になりにくい体を作っておくことが大切です。

肥満やストレス、風邪などが喘息の原因になります。

特に大人の喘息はひどくなる傾向があるので、早めの対策をしておくようにしましょう。

早めの対策が喘息の症状を軽減してくれます。

○うつ病

秋になると、なんだか少し気分が落ち込む人がいるようです。

秋や冬に倦怠感や過眠などの症状がでることを季節性うつといい、原因は秋と冬の間の日照時間の低下によるものとされています。

また、夏の浮かれた気分から急に落ちることによってもうつ症状になる人もいるので気を付けましょう。

季節性うつの原因は、光を浴びていないことによって起きます。

そのため、秋や冬に気分が落ち込みやすい人は朝日を浴びることをおすすめします。

冬や秋は日が落ちるのが早くなってしまうため、午後に日光を浴びるのが難しくなりますので、朝早く起きて、朝日を十分に浴びることが季節性うつの予防になります。

また、うつ病にはバナナがおすすめで、バナナにはトリプトファンが含まれており、トリプトファンは神経物質のセロトニンを作るために必要な物質であり、うつ病に効果があります。

毎朝、朝日を見ながらバナナを食べるとうつの予防になって元気になれることでしょう。

→ バナナは鬱にも効果があった!

○RSウイルスとインフルエンザ

RSウイルスとインフルエンザは、秋の終わりごろに増える病気です。

インフルエンザやRSウイルスは感染し重症化すると死亡する可能性もあるウイルスになります。

そのため早めに対処をしておくことが大切で、秋の初めごろから体調を整えておく必要性があると思います。

ウイルスが流行り始めてから対策するでは遅いので、9月に入ったら、病気に強くしてくれるヨーグルトや、手洗い、うがいをしてしっかり予防しておきましょう。

早い段階で風に強い体作りをしておきましょう。

○食中毒

食中毒と言えば、夏と思っていませんか?

確かに食中毒は夏になりやすいと言われていますが、これは夏に温度が高いため、腐りやすいからですが、食中毒はものが腐っていなくてもおきます。

秋になると涼しくなって食中毒が関係ない季節になったと勘違いする人がいますが、秋は結構危険です。

秋になると多くのキノコがでまわりますが、キノコは菌類できちんと火を通さないと嘔吐など食中毒症状を引き起こす可能性があります。

キノコ

食中毒を起こさないためにしっかり火を通して食べるようにしましょう。

秋はとても過ごしやすい季節ですので、楽しめるように風邪などの症状をできるだけ起こさないように体調管理をしっかりしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク